« 語呂合わせな日 | トップページ | 最愛のクールベット »

2006年10月 5日 (木)

派遣警備犬

Rimg0085
↑ タカラヅカ ガクごと身体に貼り付くので悪戯すると直ぐばれる

雨の日は空気も穏やかで、何かをやらかそうというよりはソファーに
うずくまって半日ウトウトするのが一番。

と、必ず、旦那に「今日は一日寝てた」とチクリがはいる。
自堕落なヤツ、と思われるといけないので、帰宅ばかりの旦那と
大室内運動会の始まり~・・狭い家を二人でドタドタ走り回り
挙げ句の果てには、ボールをくわえたままソファーで居眠り。

明日の東京は、一年に一度あるかどうかというほどの激しい
雨降りらしい。

■民間警備犬GO! 5匹の“エリート”警視庁に派遣
空港やイベント会場でテロ警戒などにあたる警視庁の「警備犬」に
民間訓練所出身の犬が加わる。

同時テロ以降、爆発物探知での出動回数も増加。警視庁が育成
してきた犬だけでは対応しきれなくなり、民間出身の「エリート犬」
たちの力を借りることになった。

警視庁が民間訓練所と契約した「嘱託警備犬」と呼ばれる5匹、
G・シェパードのオス4匹、メス1匹が選抜された。
平均年齢は4・4歳(人間の約30・8歳に相当)の働き盛り。

嘱託警備犬には、「ハンドラー」と警察官の2人が付き添い、
月4、5回のペースでJR東京駅や羽田空港、イベント会場などに
出動。「威圧感のある大型犬を前面に出すことで、不審者の動きを
封じ込める」。

警備犬は、人間の約5000~6000倍といわれる嗅覚を生かし、
爆発物の発見のほか、災害時の生存者捜索、凶器を持った犯人の
制圧にもあたる。
個々の犬にそれぞれ苦手な分野もありがちだが、嘱託警備犬には
オールマイティーの“優等生”が任命された。

ところで、警備犬というのは、捜査で鑑識活動にあたる「警察犬」
とは別で、警視庁が自前で運用しているのは現在十数匹。
美味しいモノ探すのだったらワタシも自信あるのだけど・・・・

■ となりの食卓
 ・スキヤキ風牛煮込み
 ・モヤシと京揚げのゴマ和え
 ・味付きもずく
 ・胡瓜と大根の昆布締め
 ・梨   おこぼれあり

|

« 語呂合わせな日 | トップページ | 最愛のクールベット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156061/3701716

この記事へのトラックバック一覧です: 派遣警備犬:

« 語呂合わせな日 | トップページ | 最愛のクールベット »