« ワンワン検定 | トップページ | 続・こわ~い耳の病気 »

2006年10月12日 (木)

こわ~い耳の病気

Rimg0044
↑ こう暑くちゃ、直ぐオーバーヒートしてしまいます

今日のように蒸し暑くなると、どうかすると耳がむず痒くなる
慢性的なプチ外耳炎はワタシにとってやっかいな持病なわけで
しょっちゅう耳掃除というのもいかがなモノでしょうか?

と、言うわけで、岩手大学の青木先生の、お耳のお勉強

ワタシのような長耳族はよく外耳炎になりやすい。
耳を痒がる、耳が匂うので病院に行き、「軽い外耳炎」ということで
お薬を出してもらうワンコは多いはず。

垂れ耳族は、普段耳穴がふさがっており、又犬の耳道は人間に
比べて長く、中が複雑に曲がっていたりするため、どうしても湿り
気が溜まりやすい。
従って、外耳炎から中耳炎、さらに聴覚異常や顔面神経麻痺が
起こる内耳炎といったこわい病気になる可能性があるのだそうです。

犬の耳の構造は「外耳、中耳、内耳」の3段階構造
先生によれば、そうしたリスクの高い犬種は、パニエル系とか
バセットなどは要注意。さらに、耳道中に毛が密集しているワンコは、
耳道から排出する分泌物を毛が妨げてしまうことから外耳炎に
なりやすいとのことです。

生まれつき耳道が細い子や分泌物の多い子も注意が必要です。
これは同じ犬種でも個体差があるので一頭一頭診ていかないと
わかりません。また高齢になれば、耳介や耳道に腫瘍やポリープが
できやすくなるため、それが外耳炎の原因になることもあります」
(青木先生)

ようは耳が垂れている犬、耳の中に毛が密集している犬だけでなく、
どんな犬種でも普段のチェックやケアが必要だということ。

此処までは一般的なことなのでよく解りました。続きは明日。

■ となりの食卓
 ・ 特製ミンチカツ
 ・ メカブ
 ・ フレッシュサラダ
 ・ 続・けんちん汁
 ・ 甲斐路、蜜柑  おこぼれあり

|

« ワンワン検定 | トップページ | 続・こわ~い耳の病気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156061/3781412

この記事へのトラックバック一覧です: こわ~い耳の病気:

« ワンワン検定 | トップページ | 続・こわ~い耳の病気 »