« 北の使者来る | トップページ | あの犬は今 »

2007年1月18日 (木)

ワンワン物語の神戸

Rimg0024_2

↑ ワタシは今の幸せを忘れたくない

昨日は震災神戸の13回忌。ワンコ仲間にも被災された方がいたし、
マスコミも一日中その話題。

夜の散歩で旦那がこんな話をしてくれた。

30年以上昔、高校生になったばかりの旦那は友人と神戸に遊びに行った。

大手新聞社の部長の息子と怪しい商売人の息子がハイカラな街、
神戸の探索に出たらしい。
三ノ宮、トアロード、元町と徘徊して、夕暮れの食事は元阪急ブレーブス在籍の外国人選手、通称「チコ」が経営するイタリアレストラン(今でいうトラッテリア?)

店の名前は「TONY`S RESTRANT」ではなかったけれど、そこで食べたのはまぎれもなくミート・ボール・スパゲティ。
ワンワン物語でトランプとレディがデートで食べたヤツ。
何かの知識でこの店で食べられるのを知っていて決めていたらしい。

最初に出てきたボウル一杯のサラダ、その量の多さに圧倒され、
ミートボール本体は必死で一本も残さずたいらげた。
味の記憶はない。でも、外国人は、神戸の人は、こんな量を平気で
食べるのだ!と、尻尾を巻いて帰った記憶があるそうだ。
そして、その店は旦那にとって、大人への登竜門の場所になったらしい。

以来、神戸は頻繁に訪れた。ある時期は週一のように通い、親しい人ともよく食べ歩き、悪友達とN360で徒党を組んで 六甲山ドライブウェイを走り回ったりした。

しかし、そのレストランだけには行かなかったらしい。

最初の衝撃以来、特別な場所となって、「結婚して神戸を訪れたら行こう 」と決めていたらしいがその時は、何故か「れんが亭」 。以来、何度か神戸を訪れていたけど機会を逸してたらしい。

そして12年前の春、大阪出張の足を伸ばして三ノ宮へ行った。

店の正確な住所は知らないけど、あの信号を渡って、あの路地を入って・・・完全に記憶の中にインプットされていたモノが全く役に立たない状態になっていた。
路地自体無くなっていた・・・物語と同じ煉瓦造りのあの店も・・・

10年ほど前までは、悪ガキの頃の衝撃が鮮明に残っていた。
薄いケチャップのミートボールの色も、赤白のテーブルクロスも、
煤けた太い梁も覚えていたけど、最近は段々とその記憶が薄れてきたらしい。

もう何年かするとすっかり消えていくかもしれない・・・・
ワンワン物語の神戸が。

■ となりの食卓
 ・ 蒸し毛ガニ 
 ・ アサリ炊き込みご飯
 ・ 水菜とお揚げの炊いたん
 ・ ポンカン おこぼれあり

|

« 北の使者来る | トップページ | あの犬は今 »

コメント

アテモレmamaありがと
友人の父親が新聞社の文芸部長、味紀行風の記事で知ったかも。
「チコ」ことバルボン氏は今でもオリックスの野球大学に在籍とか、あの妖しい関西弁で教えているの??

上海は、「戦前~近未来」が凝縮された都市らしいですね。

投稿: マリア | 2007年1月19日 (金) 06:47

チコのレストラン、知らなかった。いってみたかったです。
先週始まったドラマ「華麗なる一族」は神戸が舞台だけれど、震災で昔の風情がなくなったと街並は上海(?)で撮影されてるらしいですね。

投稿: アテモレ | 2007年1月19日 (金) 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワンワン物語の神戸:

« 北の使者来る | トップページ | あの犬は今 »