« ガーデニング・ショー | トップページ | オートクチュール »

2007年2月10日 (土)

6年ぶりの帰宅

Rimg0077

↑ワニと戦う!ワタシは強いのだ!お前なんて一口で喰ってやる!

ワタシがこのウチに来てからまもなく、一匹のセターが町田市で行方不明になったというのを聞いたことがある。
ワタシを保護してくれた団体のエリアだったので、当時は随分気にしたけど、そのまま3年程がたった。
先日、今でも飼い主さんが気にかけているという由を知った。
帰る場所があるというのは幸せだ・・・。

■クジョー、6年半ぶりに家に帰る(AP-NEWS)
米国ミズーリ州セントルイスに住むバークゼウスキー家の庭から
行方不明になった当時7歳のゴールデン・レトリーバー「クジョー」が
今年一月末、6年半ぶりに我が家にたどり着いた。

犬の姿が消えたのは2000年7月のこと。どうやらその後、クジョーは
西に向かって120マイル(約200キロ)程行き、コロンビアに住むある
高齢の女性に拾われたようだ。

女性が老人ホームに入ることになったので、クジョーはセントラルの
施設へ行くことになっていた。
犬の安住先を探す団体「ディアークズ・ファンド」の会長がたまたま
クジョーがペットの養子斡旋サイトに掲載されていたのを見つけた。

ひとまずセントルイス近郊のクレイトンの老人ホームに預けられたが
この老人ホームの庭は狭すぎたため、再度、ウェブに掲載された。
長旅やら住みかを転々としたクジョー、また流転生活が始まった。

クジョーにとって幸運だったのは写真をみたのが最初の飼い主の
義理の兄弟だったこと。
耳は遠く毛はボサボサだが、頭の上部がハート型に白抜きされ、
白い足も行方不明になったクジョーの特徴だった。
飼い主のバークゼウスキーさん夫婦は、すぐにクジョーと確信した。

6年半の空白期間を経て13歳になるクジョー。当時4歳だった娘の
カイラちゃんも覚えていた。「心の中で感じていたの。クジョーは必ず戻ると思っていた」と。 

まるで先日公開された「名犬ラッシー」の現代版、でも実話です。

■ となりの食卓
 ・ 牛オイル焼き
 ・ ベイクドポテト
 ・ フレッシュサラダ
 ・ おぼろ豆腐
 ・ みそ汁
 ・ 白ワイン
 ・ いよかん  おこぼれあり

|

« ガーデニング・ショー | トップページ | オートクチュール »

コメント

ボンピチmamaようこそ
プシケーchanがボンボンchanの分も張り切ってくれてるようで嬉しいです。

投稿: マリア | 2007年2月13日 (火) 06:39

アテルイ様
こちらでは初めまして。
ボンボンの飼い主だったボンピチです。
ボンボンのことみなさんが気にかけていてくださったことを知って、嬉しかったです。本当にありがとう。
今はボンボンとは全然違うタイプのやんちゃ犬プシケーと、プシケーの実家やきょうだいたち、Eセター仲間たちとの交流でとても癒されています。(∩.∩)これからもどうぞよろしくお願いします!

投稿: ボンピチ | 2007年2月13日 (火) 02:15

ラリーmamaありがと
みんな年頃が同じ程度でよく似てる。
ラリーchan沢山のESに会えて良かったね、

投稿: マリア | 2007年2月12日 (月) 22:17

ボンボン君の写真を見た時、あまりにもRallyによく似ていたので
「も、もしや…?!」
と思ってしまいました。 でも年齢がちょっと違うみたい。 
うちも鳥を追っかけてどこへでも行っちゃいそうだから、しっかり見張っとかないと! 鑑札と迷子札は絶対に外せません。

投稿: Rallyママ | 2007年2月12日 (月) 21:45

カタコリコmamaありがと
ハ~イ!美人の一人歩き気をつけます。
残念ながら違います。
昨日はお風呂に入って、自転車ロードワークです。トホホ・・・

投稿: マリア | 2007年2月11日 (日) 12:17

3年も不明ですか・・心配ですね。
昨日鎌倉で電柱にゴールデンの張り紙がありました。
大型犬はスーパーなどで待っている間に連れ去りとかあるようですね。
近所のスーパーでは未遂事件がありました。
マリアちゃんも気をつけてね♪

ところで、昨日、近くの海岸線を走っているときにマリアちゃんそっくりのセターを連れているパパさんがいました。
マリアちゃんではないですよね~?

投稿: カタコリコ | 2007年2月11日 (日) 11:01

>ブルボンmamaありがと
>みゆきmamaありがと

そう、ボンボンchanのコトです。
ネットで流れていた写真は、それはもう可愛くて、この子が彷徨っているかと思うと他人事とは思えませんでした。今でも、頭の備忘録に入ってますよ。

投稿: マリア | 2007年2月11日 (日) 10:26

それはボンピチさんのところのボンボン君の事だと思います。ボンピチさんは今でもあきらめきれずにボンボン君の帰りを心から待たれています。プシケーはそのボンボン君をなくしたボンピチママさんの辛さを癒す為にボンピチ家へ行き幸せに暮らしています。ボンボン君が帰ってくれればプシケーもお兄ちゃんが出来てどんなに喜ぶ事でしょう!

マリアちゃん、食べたくてもお腹を壊すから食べたらダメだよ~~!がまんしょう。^m^

投稿: ブルボン | 2007年2月11日 (日) 03:39

町田のワンちゃん、実は私もずっと気にかかっていたワンちゃんです。
コーディーを迎えてネットでE・セターのことを色々調べていた当時、何度も画像を見ました。笑顔の写真が可愛くて印象的でした。
あれだけ一生懸命に探してあったのに見つからないってことは、きっとクジョーみたいにどこかで新しい飼い主さんと暮らしているのでしょうね。一緒にいるだけで幸せにしてくれそうな、それこそ天使の笑顔のワンちゃんだったもん。

投稿: みゆき | 2007年2月11日 (日) 03:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156061/5290973

この記事へのトラックバック一覧です: 6年ぶりの帰宅:

« ガーデニング・ショー | トップページ | オートクチュール »