« ドレスコード(It's a joke) | トップページ | 懐かしい顔ぶれ »

2007年3月22日 (木)

穴子のお頭

Rimg0111

↑ コンテナは花盛り、植えた覚えのないモノまで咲いている


今日は奥方特製のちらし寿司。
人参・椎茸・筍・干瓢・高野豆腐細かく刻んでお味を着けて冷蔵庫。
グリーンピース・・・コレは食べたこと無い。
むき海老・・・フライの尻尾は旦那にもらったことある。
錦糸卵・・・それ甘い匂い、ちょっと下さい?・・・はぁ、ダメですか。
穴子のあぶり焼きするのですか、ワタシ串打ち手伝いましょか?

えっ!お頭いただけるのですか?旦那に聞いてから?
ハイハイ、待ちますよ!  

お~い、早く帰ってこ~い。

■伊豆高原ドッグフォレストのその後

以前に通販会社の千趣会が、破綻した伊豆高原ドッグフォレストを
買収したという話を旦那がしていたと思う。
通販でペットの販売をするのか?と思っていたら、どうやら、少し話が違ったみたい。

「H19年4月1日から (株)コジマが伊豆高原ドッグフォレストを承継」

株式会社コジマが、静岡県伊東市にある伊豆高原ドッグフォレストの
運営引継ぎ契約を結んだ。
2003年に当初16万人の来場者を見込んで開設されたものの来場者数は約半数に留まり、経営破綻。

ペット用品事業部は千趣会が買収、残る伊豆高原ドッグフォレストに
いる約300頭の犬たちの引受け先が問題となっていたが、コジマが
施設を承継することが決まった。

コジマは、ペットショップや動物病院の運営をはじめ、"コジマ通信販売オンライン"でのペットグッズ通信販売、ペットスクールの経営を手がけるペット販売の大手。
今後は、"伊豆高原ドッグフォレスト"の名称は変えずに、2億円をかけて雨天時にも利用できる施設に整備するらしい。

一時は第二の広島ドッグパークと心配していたけど、何とか最悪の
状況だけは免れたみたい。しかし、「むつごろう王国」もアウトだし、
まだまだ心配の種は尽きないカンジ。


■となりの食卓
 ・ お手製ちらし寿司
 ・ 乳麺と菜の花のお吸い物
 ・ 佐賀の苺  おこぼれアリ

|

« ドレスコード(It's a joke) | トップページ | 懐かしい顔ぶれ »

コメント

>Keikoママありがと
正しくはイングリッシュガーデン風です。
と言うより、本当は『秘密の花園』にあこがれているのですけど・・・
草花は手を拡げると管理が大変!

投稿: マリア | 2007年3月23日 (金) 20:16

伊豆高原にドッグパークがあるなんて知りませんでした。
そこの子達がコジマの人達に大切にしてもらえると
いいな。
話は変わりますが、マリアちゃんのお家のお庭は
すごく素敵ですね。イングリッシュガーデン?
私もお庭をもつ事があったらお花を育ててみたいです。

投稿: keiko | 2007年3月23日 (金) 19:02

>だーにゃmamaありがと
東京も無いですよ。
ドッグランにするような土地があれば、大抵マンションになってるし、ペットショップといっても小型犬用ばかりだし、ESにとっては住みにくいトコロです。

>みゆきmamaありがと
まだまだありますよ~、通勤地獄に小遣いナイランド、奥方天国ってのも!
「むつごろう王国」は昨年末に運営委託会社が破綻ていますし、雇用問題もあやふやとか。入場料1700円は高いですよ~。

投稿: マリア | 2007年3月23日 (金) 06:50

あ。そこって今日テレビに出てた所じゃないかなぁ?
仔犬しつけ王選手権ってので、そこのプールで泳いでたと思います…。
他所には色んな楽しそうなところがあっていいなぁとかって思いながら、見てたんでした。。。

しかしマリア家はホントにいろんな国に網をもっているんだなぁ。
昨日はスイス。今日はムツゴロウ王国。。。
アウトって…?

投稿: みゆき | 2007年3月23日 (金) 01:43

マリアちゃん、お手伝いしたかなー?(*^-^*)
イチゴやデザートのおこぼれは
マリアちゃんにとってきっと毎日
わくわくですね♪

動物のテーマパークは以前よりも関心が低くなっているようですね…。。
どんな子であれ、幸せに過ごせるといいのですが…。。

新潟もわんこのテーマパークがありますが
現在は動物関連の専門学校が買い取って
テーマパークとして存続しつつ、生徒さんたちが
トリミングや躾など勉強を一緒にしているそうです。

広いRunやカフェ、ショップなどが揃っているテーマパークだったら
きっとみんな行くのになー。。
(新潟には揃っている所がないのです(>_<))

投稿: だーにゃまま | 2007年3月23日 (金) 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドレスコード(It's a joke) | トップページ | 懐かしい顔ぶれ »