« ペット旅 | トップページ | 黒豚のタンゴ »

2007年5月 9日 (水)

12のパッション

Rimg0103_1

↑ 今日のワタシんちの庭。羽衣ジャスミンの香りがすごい

旦那は仕事を抜け出して版画展へ
セター仲間の一人が参加する「12 TONE 展」多摩美大版画科の
卒業生12人が個性をぶつけ合う作品展ってワケ。

残念ながら、ワタシんちは版画には馴染みがない。
作家の一人、藤嶋敬子氏の説明を聞きながら勉強させてもらった。
それぞれ感性の異なった12人が一度にぶつからあうのだから
こちらもかなり気合いを入れないと頭の中で収拾がつかなくなって
しまう。

色遣いの鮮やかな吉見氏、社会派エッチングの澤村氏、ひたすら
鳥人間を刷り続ける岡本氏、三瓶氏の「メジュウムのはがし刷り」
に至っては、ルネッサンスのリトやエッチングを好む旦那には仰天の
技法だったらしい。

藤嶋氏の作品は水性版画というベーシックな手法だけど、ロマンチックな色づかいにピッタリの作品。
でも、一見穏やかなイメージだけど、こういう作品を描く人ほど芯が
強いのが常。

優しさにだまされてはいけません、ポジティブな作家さんなのです。
いつか、E・セターのいるアトリエで活躍する女流アーチストとして
登場するかもしれないってコト。

「海」という作品、月末には我が家に飾られる。

5回 12 TONE -版画展-2007年5月7日(月)~5月19日(土) 
Gallery JINGUEN 東京都渋谷区神宮前3-14-17
tel.03-3470-7732 fax.03-3402-0776

■ となりの食卓
 ・ お手製餃子
 ・ ホウレン草のかぼす和え
 ・ 糸蒟蒻のたいたん
 ・ カボチャ煮
 ・ みそ汁
 ・ アロエヨーグルト  おこぼれあり

|

« ペット旅 | トップページ | 黒豚のタンゴ »

コメント

>コロmamaありがと

ハイ、実はセターが3匹います。
2匹はブックエンドについていたモノ、ベンチの下のはドアストッパーで全て鋳物です。
悪さもしないし、えさ代もかかりません。


>ボンピチmamaありがと

整然?とんでもない!
奥方と二人、好きなのを植えて陣取り。
奥の方は芝生が全滅したので雑草生え放題にしています。

投稿: マリア | 2007年5月10日 (木) 20:48

版画展行かれたのですね。マリアパパの心を捉えた「海」はどんな作品なのでしょう。
ESのオーナーさんは本当に美的センスの高い方ばかりと感心しています。

マリアちゃんのお庭もお家の建物も素敵!
整然としていて、わが家の雑然とした庭が恥ずかしくなります。。。

投稿: ボンピチ | 2007年5月10日 (木) 10:15

お庭、きれいですね~!
ジャスミンの香りがただよってきそう。
木のあたりに、セターちゃんが・・・?

版画が届いてくるの、楽しみですね!
私も絵とかを飾るのが好きです。
置物とかは、まだサラのイタズラの対象になりそうで、またはミューとの追いかけっこの犠牲になりそうで、何にも出してありません・・・(T_T)。

投稿: コロママ | 2007年5月10日 (木) 10:05

>カタコリコmamaありがと

アッ!それで一皮むけたいい女になったのだ~

投稿: マリア | 2007年5月10日 (木) 08:28

お庭がお花たくさんだね~
羽衣ジャスミンの香りに包まれてなんて優雅♪

版画って色々ありますよね~
私、中学生の頃、エッチングの機械に指を挟まれて思わず抜いたら皮がベロ~ンと剥けた痛い思い出が・・
情緒のある日記に失礼いたしました・・m(。_。;))m ペコペコ…

投稿: カタコリコ | 2007年5月10日 (木) 07:44

>ミモザmamaありがと

とっても勉強になりました!素人が考える版画とは随分かけ離れたモノもありましたね。

これからの季節、「海」は爽やかで良さそ~

投稿: マリア | 2007年5月10日 (木) 06:42

>KEIKOママありがと

メイchanカメラ目線できるから大丈夫!
気取ってポーズとっているかも・・・
ロン・メイchanをイメージした作品も彫って下さい。

投稿: マリア | 2007年5月10日 (木) 06:39

「海」は、マリアちゃんのお家に行くのですね~。
私は、版画は詳しくないのですが・・・皆さんの個性がさまざまで面白かったです。
それぞれの作品がどんな場所に飾られるのか、またイメージが広がります。
「海」に出会いたくなったら、マリアちゃんのお家に遊びに行かせてね。

投稿: ミモザ | 2007年5月10日 (木) 06:38

展覧会にお越しいただき本当に有難うございました。
メンバーも記事に載って嬉しいと思います。
だんだんデコボコが大きくなってきている三瓶氏
メンバーもどうなっていくか?と注目しています。

もっと沢山の人に御高覧頂けるよう精進していきますので
これからも宜しくお願いします。
セターと優雅に写る女流作家…メイはアトリエで
大暴れしそう…そのときはロンにオネガイします。

投稿: Keiko | 2007年5月 9日 (水) 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペット旅 | トップページ | 黒豚のタンゴ »