« 風邪と共にさりぬ・・・ | トップページ | 「A DOGS STORY」 »

2007年5月28日 (月)

信頼と責任

Rimg0145

↑ 近衛隊長なのだ~

ワタシがこのうちに来て四年半になる。
当初は放浪犬から一般家庭へということで随分ギャップもあった。
今ではすっかりブリッコぶりも板につき、この3年以上は、粗相も
つまみ食いも、破壊行為もしたことがない。

元々家具や建造物を囓るなんてコトはやらなかったので、例の黒ラブ
親子などの乱暴狼藉を覚悟していた旦那はいささか拍子抜け。

留守番も、最初は自室に入れられ柵を閉められていたけど、その内
ドアが開いて、LDK以外は動けるようになったし、今では1F全ての
部屋が通行自由となったワケ。

台所も入るコトは可能だけど未だに入ったことがない。
つまり、奥方様がお出かけの際、玄関で「いってらっしゃ~い」と
お見送りしたら、リビングのソファーに寝ころんで、クッキーの缶でも
開けてTVを見るってコトも十分可能なわけ。

まあ、それだけ信用されているってワケだけど、それだけうっかり勘
違いのぬれぎぬも多いってコト。

「あれ、ココにあった大福知らない?」と、最近物忘れの激しい奥方はよくワタシに聞く。
ブルブルブル!
違います!違います!さっき冷蔵庫に仕舞いましたよ~!
と、おもわず指さしたくなることもしばしば・・・・・。

■ となりの食卓
 ・ 特製ソースの豚ショウガ焼き
 ・ タコと香草の熱々ごま油和え
 ・ 煮カボチャ
 ・ みそ汁
 ・ タンゴール  おこぼれあり


|

« 風邪と共にさりぬ・・・ | トップページ | 「A DOGS STORY」 »

コメント

モレちゃんはコルテス並み?
うちのメイはお宝ゲットしたら一目散に秘密基地へ
(敷地の端にワンコしか入れない隙間が…)
今はメイの宝物は誰も取らない!ということを
理解してもらえるよう信頼を育てております。

投稿: Keiko | 2007年5月30日 (水) 17:11

〉アテモレmamaありがとう
モレchanがうちに来れば、インカ帝国に上陸したスベイン軍状態、やりたい放題です。
でも、アステカの神様の祟りも半端じゃなくて、アテモレmamaのように優しくありません!カミナリの夜に鉄柱に吊されるくらいの恐怖です!

投稿: マリア | 2007年5月29日 (火) 15:40

マリアちゃんの爪のあか送ってください!
マリアちゃん、ご主人様たちの留守中はきっとソファで寝転んでDVD見てますよ~

投稿: アテモレ | 2007年5月29日 (火) 12:59

>カイザーmamaありがと
例の秘密の小部屋ですね!あまり掘るとブラジルまで行ってしまいますよ。

>エリ・サラpapaありがと
とんでもないぬれぎぬもあります!
「あれ、ビール券がない、マリア使った?」

>だーにゃmamaありがと
最初は飼い主の注意が必要ですね。
「活発な幼児がいるのだと思いなさい」と学びました。
悪さをしなければほめられると言うことを教えるのも重要です。

>ミモザmamaありがと
幸い、最初の特訓が効きました!
掟破りした時のお仕置きの怖さも良かったのかなぁ~

投稿: マリア | 2007年5月29日 (火) 06:41

マリアちゃん、お利巧さん・・・。
齧ルー・暴れルーが出没する我が家とは大違いです。
サークルの波模様も、すっかり波が無くなりました。

投稿: ミモザ | 2007年5月29日 (火) 05:40

偉い!!マリアちゃんも偉いけれど、ぱぱさん、ままさんの
接し方が適切だったから悪い事もせずに
お留守番していられるのですねー!!

うちは、車内にスーパーで買ったものを置いて
わんこをちょこっと置いて車を離れたら…
だーにゃにやられました…。
それからというもの、だーにゃは人がいなくなった車内を荒らす、車上荒らしに変身するようになりました(汗)

しかも車だけでなく、玄関荒らしもするようになり…。。

ただ、荒らしができない環境を作って過ごすことで
荒らしはなくなりました(^-^)
人の軽率な行動がわんこの悪行を招いているのだと
大反省でした(>_<)

投稿: だーにゃまま | 2007年5月28日 (月) 23:54

マリアchan,お利巧さん。
飼う側として,信用できるかジャッジが試される訳ですね。
ちゃんとしてるのに,ぬれぎぬは勘弁願いたいですね~。

投稿: エリサラパパ | 2007年5月28日 (月) 22:41

おりこうですね。
うちのに爪の垢でも煎じて飲ませたい。(笑)
今まで信用したことがありません。

ただ、地面(床)をほりほりだけは階段下の犬小屋
の中でしかしませんよ。

投稿: カイザー | 2007年5月28日 (月) 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風邪と共にさりぬ・・・ | トップページ | 「A DOGS STORY」 »