« 深夜の叫び声 | トップページ | 今年もご参考に »

2007年7月 5日 (木)

見えないSomething

Rimg0042_1
↑よろしくお願いしま~す

久しぶりに釈迦chanお姉さんと、ショコラchan(柴♂)に会った。
東欧生まれの釈迦chan(ES♂)は、ことのほか暑さが苦手で
ひっそりとして居るんだって。

ショコラchanは新しいトリマーさんのお店でトリミングと泥パックして
ピッカピカ!コレは要チェックってカンジ。

ウチの旦那はGoogle Earthで中国上空ばかり検索しているわけではないけれど、また中国パワー、でも、今日はちょっと違う。


■愛犬襲う犬と格闘、最後に「噛み殺す」- CNN/REUTERS

中国・河北省の地元紙は、同省の村落に住む男性が飼育の子犬を
襲った犬を撃退するため格闘、最後には首に噛(か)み付き、
死亡させたと報じた。

これによると子犬の叫び声を聞いた男性は最初追い払おうとしたが
効果がなかったため自ら格闘し約10分間闘い、しまいに犬の首を
噛んだという。
男性は腕などに切り傷を負い、手当てを受け、子犬は無事だった。

・・・・ということなんだけど、これは他犬事ではない。
ワタシの場合どうなんだろうと、聞いてみたワケ。

以下は旦那の生の声・・・・・

「たぶん躊躇なく相手に向かっていくでしょう。
相手の大小、善悪、強弱に関係なく、マリアが襲われたとなると
守ろうとするでしょう。

当然そうしなければならないという責務が湧いてくるわけだけど、
動物相手の場合、中途半端に追い払おうとしてもダメ!
相手を倒すという気概で臨まなければ、助けることは出来ません。

犬に限らず、四つ足動物の急所は心得ているつもり。
野猿であろうと、猪であろうと、徹底的に戦うでしょう。

大風呂敷ではなく、おそらくこの日記を読んで下さる飼い主さんの
ほとんどがそう思うに違いない
「止めて!」と叫ぶより、身を挺して立ち向かうことでしょう。

火事場のバカ力ではないけれど、常識で考えられないような勇気を
もって飼い主を暴走させるSomethingを、我々の傍らで物欲しそうに
しているワンコ共はもっている・・・・と、感じませんか」

・・・・だそうです。

■ となりの食卓
 ・ 賀茂茄子田楽
 ・ チョリソ・ケーゼとバジル・ケーゼ
 ・ 生たらこの酒浸し
 ・ みそ汁
 ・ グレープフルーツ  おこぼれあり
 


|

« 深夜の叫び声 | トップページ | 今年もご参考に »

コメント

>エリ・サラpapaありがと
パパさんのボレーシュートは効きそう!
でも、ホントそういう気になりますよね。
たぶんものすごいアドレナリンが湧いてくると思います。

投稿: マリア | 2007年7月 8日 (日) 20:46

マリアパパさんと同じく,自分もエリアルとサラ・ブルーを守るよ。
極々稀だけど,ドッグランで他のワンコを追いかけて走れながら噛もうとする犬を見たことが何度かあります。
サラも,2,3ヶ月前に,吠えながらパクパクして,しつこく追われた時がありましたよ。サラの前にも前例があったので,その時は,「この犬の飼い主,危ないから繋い!」と注意。
そんなワンコを飼い主が,そうそうたやすく掴められる訳がありません。飼い主も運動会。
自分のワンコがどういう行動をするのか,よーく把握しなさい。
もし,本当にエリサラが襲われそうになったら,サッカーのように体を入れて,蹴りをぶち込んで守ってあげるつもりでいます。

投稿: エリサラパパ | 2007年7月 8日 (日) 20:33

>Rallyママありがと
それは困りましたね~!ウチの公園だと「あのワンコは乱暴者だから気をつけなさい」という事になってしまいます。

>カタコリコmamaありがと
おっ!まだ追放されていなかったのですね、
ママさんなら「コラッ~!」の一言で相手が逃げていくかも。

投稿: マリア | 2007年7月 6日 (金) 20:55

うちも小心者だから私が守ってあげなければ!!
でも、噛み付くのはできないかな・・・
蹴りでは甘い?
ビリーで鍛えたキック
ウリャッ!! ヾ(*・-・)ツθ☆● キーーーック!!

投稿: カタコリコ | 2007年7月 6日 (金) 12:07

ガーン!! うちは逆だわ…。 Rallyが他のワンコをいじめないように必死でガードしています(笑)。

だって、チョッカイ出しに行くのは絶対小型犬か子犬。 体の大きさや足の速さ、タフさではRallyの右に出るワンコに今のところお会いしていないし、どうしてもRallyの方が加害者になってしまいます。

Rallyとしては、一緒に遊びたい一心で本気で攻撃しかけてるワケじゃないんだろうけど、体を低くしてセットしている姿を見ると
「も、もしや…」
と思ってしまいます(笑)。  頼むから小さいワンコ相手に狩りはしないで~!!

昨日も初対面のダックスやフレブルをヨダレまみれにしてしまい、平謝りだった私なのでした。 クスン。

投稿: Rallyママ | 2007年7月 6日 (金) 09:39

>カイザーmamaありがと
ジャックラッセルは結構強気なのですよ。早めにガツンとやっておいた方が良いかも。

>みゆきmamaありがと
勝てる!勝てる!後ろ盾にママさんがいると知ったら誰も手を出さないかも・・・

>まむmamaありがと
そのとおり!大抵は鼻と喉が急所、やる時はこちらも大けがを覚悟です。

>ミモザmamaありがと
日頃物静かな飼い主さんほど、すごいかもしれません。
ひょとっして、みんなワンコに飼われているのかも?

投稿: マリア | 2007年7月 6日 (金) 06:33

サラは君子危うきに近寄らず・・・タイプで逃げ足は速い・・・はず。
ルナは友好的だから、ワンコに襲われて~はあるのかなぁ・・・。
でも、飼い主を暴走させるSomething・・・は絶対もっている!と思うな。
もしかして、やたらにオモチャ買ったり、寄り道せずにお散歩あるから~って帰ったりしちゃうのも、ワンコ念力?
マリアちゃんの念力、強力かも・・・

投稿: ミモザ | 2007年7月 6日 (金) 05:26

我が家のワンコがやられたら、私の性格なら、そのワンに飛び掛かるかな。旦那の話しによると、犬の急所の鼻を攻撃するといいとの事です。ブルドックだけは問題外で人間がワン達の間に割って入ったら人間も危ないらしいのです。なかなか、怒らないブルドックが怒ったら相手が死ぬまで離さないそうですよ。

投稿: まむ | 2007年7月 6日 (金) 01:02

うちの2頭がタッグを組んでもかなわない相手に、かよわい私が立ち向かって勝てるかなぁ~。。。

投稿: みゆき | 2007年7月 6日 (金) 00:00

うちもこの間のドックランでジャックラッセルテリアに耳を噛まれて困っていましたが、本気噛みしたら蹴り飛ばしてるかも。
だから子供だけでは散歩させられませんね。

投稿: カイザー | 2007年7月 5日 (木) 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 深夜の叫び声 | トップページ | 今年もご参考に »