« 水泳教室 | トップページ | 平穏な日常の復活 »

2007年9月 2日 (日)

「レックス4世」の大冒険

Rimg0030
↑ モモchan 14歳の大ベテラン


散歩帰りにモモchanに会った。

モモchanはワタシがこのウチに来てから、初めて会ったES。

四年前はこの辺りでESを見かけることもなく、「わぁ~仲間だ~」と
大感激だった。
滅多に会わないけど、元気そうで相変わらず身軽なフットワーク。

今年でもう14歳だって!それでも、お父さんと往復数キロの散歩
している。
ワタシもこの先輩に追いつくには、まだ10年以上あるってワケ
きっといろんなコト経験するのだろうなってカンジ。

頑張らなくっちゃ~


■優秀な麻薬探知犬が盗まれた! CNN/REUTERS
メキシコの麻薬探知犬が移送途中の空港で盗まれ、代わりに
雑種犬が残されるという事件が発生した。

盗まれたのはベルジアン・マリノアのレックス4世。
優秀で、メキシコでもエリートの麻薬探知犬。米国や南米での
麻薬摘発でも活躍していた。

レックス4世は他の警察犬7頭と一緒に、北部シナロア州での
麻薬捜査のため、メキシコシティから空路、マサトランに向かった。
ところが、マサトランに到着した飛行機からは、レックス4世の姿が
消えて、雑種の犬が置かれていた。

捜査の結果、メキシコシティの空港のカウンターで、警官になり
すました何者かが航空会社社員に対し、レックスの調子が悪いと
主張して、雑種犬と入れ替えていたことが判明した。

治安省の報道官は、「諜報部員の誘拐と同じだ」と、憤っていた。

その5日後、探知犬「レックス4世」がメキシコ市の公園の樹木に
つながれているところを発見、救出したと発表した。

発見は、内部情報がきっかけだった。捜査当局は、すご腕の麻薬
犬誘拐で警察が本格捜査に乗り出したことを知り、ひるんだ実行犯
が公園に放置したともみている。
Photo

欧州ベルギー原産で、シェパードの一種でもあるマリノア種の
レックス4世の「身元」は体内に埋め込まれたチップで確認された。


■ となりの食卓
 ・ 讃岐うどん定食
 ・ 天ぷら盛り合わせ
 ・ トマトサラダ
 ・ ブドウ  おこぼれあり

|

« 水泳教室 | トップページ | 平穏な日常の復活 »

コメント

>まむmamaありがと
そうです。モモchanを見て、ネネchanもこんなカンジなのかなぁ~と思いました。
何となく、悠然とした態度でした。

投稿: マリア | 2007年9月 4日 (火) 20:38

モモちゃん、14歳ですかネネと同じですね。いつまでも、元気で楽しい毎日を送って欲しいですね

投稿: まむ | 2007年9月 4日 (火) 15:00

>アテモレmamaありがと
悟りを開いたのですね。モモchanは8歳頃まで暴れん坊将軍だったそうです。

>うさぎmamaありがと
それも自転車引きで散歩。体脂肪の少なそうなボディです。
「レックス4世」、ママさんなら何に使います?

>ミモザmamaありがと
はい、後10年も~という気になりますね。こちらも体力つけなくちゃいけません。 

投稿: マリア | 2007年9月 3日 (月) 06:33

14歳でこんな元気なんて、嬉しいですね~。
こんな話を聞くと、サラも長生きして~と思っちゃう。
うん、元気が出た感じがします!

投稿: ミモザ | 2007年9月 3日 (月) 06:10

14歳で往復数キロの散歩ですか!元気ですね〜♪

それにしても、レックス4世は何の目的で盗まれたんでしょう??でも、救出されて良かったです。気の弱い犯人だったのが幸いでしたね。

投稿: ひよこ | 2007年9月 2日 (日) 23:54

14歳くらいの元気な犬に会うとほんと嬉しいですよね・・・
こっちも元気になります!
よく聞くのは12歳だけれど若いときと変わらず活発だったという話。早く落ち着いて欲しいと思ってると「え~っ!そうなんですか~?」って感じでしたが、今は、そのぐらいの方がいいかななどと意識改革しました。

投稿: アテモレ | 2007年9月 2日 (日) 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水泳教室 | トップページ | 平穏な日常の復活 »