« 港町のガー子 | トップページ | 住んでみたい街 »

2007年11月27日 (火)

ペットの高度医療

Rimg0003
↑ お口開けて、ア~ン!   直ぐに胃が見えます!


10日ほど前、NHKで「新トーキョー人の選択」「ペット世話できる?」
という番組をやっていた。

犬や猫などペット向け医療の高度化が進んでいるらしい。

CT(コンピュータ断層撮影)装置やMRI(磁気共鳴画像化装置)を
使った詳細な検査、人工心肺装置を使う心臓手術、放射線治療等
など人間と変わらないカンジだったワケ。

日本獣医生命科学大動物医療センターというのが隣の駅にあるけど
そこは内科、循環器科、腎臓科、腫瘍科、神経科……など人間の
総合病院のような診療科名があるらしい。

その殆どが開業医からの紹介。病気は食中毒からがんや重度の
心臓病など多様な症状でやってくる日本有数の獣医病院。

最近はペットが長生きするようになる一方、がんや循環器等の重い
病気を患うケースが増えたらしい。
同センターのCTやMRIの検査や手術予定は1カ月先まで満杯!。
検査や治療を受けるのに数カ月待つこともあるという。

今年6月に、川崎市にも民間施設「日本動物高度医療センター」が
開設された。これは東海道線の電車からもよく見える。

45人もの獣医が診てくれるらしいけど、開業医の紹介状が必要。
微細ながんをとらえる最新鋭のPET(陽電子放射断層撮影)装置も
稼働し、世界で初めて動物での利用も始まるそうだ。

ただし、動物の高度医療では高額の治療費もかかるワケ。
日本獣医師会によると、CT検査やMRI検査は各平均約3万円、
心臓手術は平均約6万3000円。人工心肺装置を使うと材料費だけで
約30万円、心臓ペースメーカーを埋め込むと約150万円かかるという。

番組の中で、「自分のペットに安楽死させられるか?」というような
質問をしていたけど、殆どが実際には「ノー!」だった。

老後の蓄えの中にもう一人、ワタシの分も貯金して欲しい・・・・


■となりの食卓
 ・ 続・トマトスープ
 ・ 土鍋で炊いた牡蠣の炊き込み御飯
 ・ 刺身盛り合わせ
 ・ ホウレン草とシメジのお浸し
 ・ 出汁巻き玉子
 ・ ラ・フランス  おこぼれあり

|

« 港町のガー子 | トップページ | 住んでみたい街 »

コメント

>カタコリコmamaありがと
みんな後からそう思うのでしょうね~
mamaさんちみたいに経済力のある家のワンコは恵まれてますよ~。

投稿: マリア | 2007年11月28日 (水) 20:24

治療費は本当に大変・・
うちもCTは42000円だったな~
それだけではないから何十万とかかってしまった。

保険は入っておいたほうが絶対にいいですよ!

投稿: カタコリコ | 2007年11月28日 (水) 13:59

〉アテモレmamaありがとう
以外とフェレットちゃん平気かも知れません。
相手が機械ですから生体反応を感じていないでしょう。恐怖感は煩悩の産物です!

〉コロmamaありがとう
狩猟民族と農耕民族の理念の違いでしょうか?
どちらが良いとも言えません。他人には安楽死を奨めるかもしれません。

〉Rallyママありがとう
いつも言うように、大型犬を飼うときは悪状況のことも考えなければいけないのかもしれませんね。
でも、きっと何とか出来ますよ!

投稿: マリア | 2007年11月28日 (水) 10:43

コロママさんもコメントに書いていらっしゃいましたが、アメリカはもっとドライ(?)のようですよ~。  私の親友宅では、老衰で瀕死の状態だったワンコを、これ以上辛い思いをさせたくないという判断で、アメリカ人の旦那様が銃で撃って安楽死させました。 親友は日本人ですので、このやり方にかなり衝撃を受けたようです。 きっと賛否両論いろいろあるでしょうね。

私自身はまだRallyの来るべき日の事を何も考えられずにいます。 せめて病気をしないよう、事故や怪我がないよう、普段から飼い主として気を付けてあげる事ぐらいしか、今はできないかなぁ~。

投稿: Rallyママ | 2007年11月28日 (水) 10:15

医療やフードの研究が進んで、長生きできるようになったのはいいですけれど・・・。
人間も同じで、やはりquarity of life がちゃんと大事にされた上での長生きがいいですね。

外国の方はやはり日本人よりキッパリしているというのか、「犬としての生活ができなくなったり苦痛が伴ったら、犬にとっても幸せではない。」ということで、何が何でも最期まで・・・という考えじゃない方が多いそうですね。

投稿: コロママ | 2007年11月28日 (水) 10:06

職場の同僚のフェレットちゃん、MRIを受けたそうです。
別に動物用のMRIじゃないので人間用のサイズ。
真ん中に横になるフェレットちゃんを思うとちょっと複雑です。
私達なら、これは調べるためとか良くなるためってわかるけど、犬や動物にとってはとんでもない恐怖のような。
だって、私もCTもMRIも恐いですもの・・・

投稿: アテモレ | 2007年11月28日 (水) 08:51

>ユミmamaありがと
動物医療保険のアニコムの加入者は約30万人だそうです。高度医療を受けるには人間以上の費用がかかりますねぇ~

>ブルボンmamaありがと
イエイエ、美味しい空気と豊かな自然の中でのんびり暮らすのが最高です。
メタボなお腹も慣れれば可愛い・・・・

>ミモザmamaありがと
イザという難病の時はこのような医療施設が傍にあった方が安心ですが、普段は赤髭先生の方が大切ですね

投稿: マリア | 2007年11月28日 (水) 06:38

獣医さん選びは、難しいでしょうね。
高度医療は、なかなか経営上一般の病院での導入は進まないでしょうし・・・。
まずは、ちゃんと視診触診して丁寧に診てくれて、説明をしてくれる・・・というのが大事なんでしょう。

投稿: ミモザ | 2007年11月28日 (水) 05:52

やっぱり都会に住むべきですね。
こんな田舎では考えられない医療です。
うちはメタボの心配が。。。

投稿: ブルボン | 2007年11月28日 (水) 00:02

動物用のPETまであるんですか。
凄い。
これで健康保険が使えたら言う事無しですね。

投稿: ユミ | 2007年11月27日 (火) 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 港町のガー子 | トップページ | 住んでみたい街 »