« 浪費の源 | トップページ | 生後21日が勝負 »

2007年12月 5日 (水)

進化と退化の狭間

Rimg0048
↑ 車がダメなのはやっぱり何かあったのかなぁ~


最近新しい言葉を覚えた。「臨界期」ちょっと流行らしい。


■ 臨界期とは? 

動物はそれぞれ親から受け継いだ遺伝子を持っています。
しかし、その遺伝情報は刺激がなければ正常に機能することはでき
ません。

例えば「猫の新生児の眼に外界から光を遮断し、10~14日間その
状態を継続すると、猫は完全に盲目化する」という発表がありました
例え遺伝的に正常な視覚を持って生まれてきても、約2週間以内に
光の刺激を受けないと、視覚機能を喪失するというのです

その「大切な時期」というのが「臨界期(感受性期)」と呼ばれる時期
です。

臨界期は、脳の中で覚えたり感じたりする神経回路が、刺激により
集中的に構成される時期です。進化と退化の狭間のようなものです

■ 一生に一度だけの臨界期
脳ではインプットが少ない神経回路は脱落して、インプットされる
情報が多いほど回路が強化されるというシステムとなっています。

臨界期は、一生のうちで一度だけです。

「臨界期」までに一度も使われなかった脳細胞は一生必要ないと
判断され、臨界期を越えた時点から消滅していく運命となるのです。

不要なアイコンはデスクトップから消しましょうというPCと同じですね

盲目になった猫は「視覚臨界期」に刺激を受けなかったため、脳
(大脳皮質視覚野)回路は眼に対する反応性を失ってしまい、結果
として盲目となったのだそうです。

人間の場合も同様だそうです。

五感の中で、聴覚が一番早く臨界期を迎え、胎児の頃にスイッチが
オンになると言われています。

■犬の臨界期とは? 
犬の場合、新生児期は外部からの刺激によって視覚・聴覚・嗅覚が
完全な状態となる大事な時期であり、身近な自分の環境を習得する
時期でもあります。

鼻と眼で兄弟や親の存在を確認するこの時期は、学習するのに
とても大事な時期で、この期間中に学習しないと親や仲間の臭いや
人間の臭いをかぎ分けることができなくなります。

此処まで読んだだけで、ドキッとするカンジですよね~
また、このお勉強をしましょう


■ となりの食卓
 ・ 気仙沼直送のホタテ
 ・ ししゃも焼
 ・ 一口湯豆腐
 ・ ホウレン草の胡麻和え
 ・ みそ汁
 ・ 林檎  おこぼれあり

|

« 浪費の源 | トップページ | 生後21日が勝負 »

コメント

>アテモレmamaありがと
・・・・ずいぶん以前、新人類と呼ばれる世代がいました。(アテモレmamaの世代?)今の20代は異人類としか思えません。

投稿: マリア | 2007年12月 7日 (金) 11:55

ちょっと恐い話ですが。。。
私は20歳前後の若者と接することが多いのですが、どうも脳が進化(退化?)過程にあるのではと思うことが多々あります。
画像に対しての反応というか、ちょっと考えられないことをします。
ホワイトボードに板書したことをコピーのようにしかノートに書き写せないとか・・・
私が消すとノート文字も消しちゃうとか・・・
伝達信号の作用してるところが違うんではと思うことが多々あります。

投稿: アテモレ | 2007年12月 7日 (金) 11:11

>ブルボンmamaありがと
そうなんです!そのインプットされた能力は日本全国に広がっていくのです~

>ユミmamaありがと
ユミママ家にきて、さらに増幅されたのも事実です!
恐怖の克服という能力は開花不足だったかもしれませんね

>Rallyママありがと
できるものならみんな戻りたいでしょうね~
ワンコも飼い主も!

投稿: マリア | 2007年12月 6日 (木) 12:17

ひゃぁぁああ~~っ、まさに今の私の為のお言葉?!<臨界期

ドキドキします(笑)。 是非、続編をお願いします。

マリアちゃんもきっとそうでしょうけれど、Rallyも可愛い子犬時代を見たかったな♪

投稿: Rallyママ | 2007年12月 6日 (木) 09:13

頭の中は、食べ物の事でいっぱいのカイザー
ウチに来る前に インプットされていたんだと 
思いたい・・・です。

投稿: ユミ | 2007年12月 6日 (木) 09:09

うわぁ~~、うちの子達臨界期にとんでもない事をインプットしてしまった!やり直しは利かないのですよネェ?(>__<)(^^ゞ

投稿: ブルボン | 2007年12月 6日 (木) 08:57

>ケイちゃんmamaありがと
これを知れば、教育ママが生まれるのも無理はないです。

>みゆきmamaありがと
埋蔵金を掘り当てる・・・なんて、要素は元々なかったのか?それとも退化したのか?気になるところです。

>ミモザmamaありがと
近年の遺伝子や脳に関する研究はすごいですね!
カラータイマーは10分が限界です

投稿: マリア | 2007年12月 6日 (木) 07:56

臨界期は非常に大切とされていますよね~
それにしても、サムシンググレートとしか呼べないような遺伝子の働きは不思議です・・・
それが解明されるというのもスゴイし。

マリアちゃん、車は短い距離でもだめなの?

投稿: ミモザ | 2007年12月 6日 (木) 05:48

ほぉぉ~。なるほど~!
それでは「鳥命」のコーディーやアテルイも、臨界期までに鳥に出会うことがなかったら、本能は一生封印されていたということですね~。
すご~~い!

人間の臨界期、気になるな~。

投稿: みゆき | 2007年12月 6日 (木) 03:15

おお!この手の話、大好きです。
臨界期かぁ。可能性の芽が一気に芽吹く時なのですね。
子どもを持つことになったら、色んな良い刺激に触れさせてあげなくちゃ、と思いますね。

投稿: ケイちゃん | 2007年12月 5日 (水) 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浪費の源 | トップページ | 生後21日が勝負 »