« 進化と退化の狭間 | トップページ | 一生に一度のチャンス »

2007年12月 6日 (木)

生後21日が勝負

Rimg0124
↑ 幼年期?記憶にございませ~ん


今日はワンコの臨界期についてお勉強。
ワタシ自身はもう手遅れって感じだけど・・・

■犬の臨界期~第1臨界期 (0~3週齢)~
子犬は誕生してから始めの21日間は、常に母親(または代理母)と
共に過ごします。

特に生後5~6日間は、例え母犬が食事をする時でもめったに母犬と
子犬は離れることはありません。
これは子犬が母親に依存しているということだけでなく、母犬または
兄弟に寄り添うことによって体温が低下しないように保温する意味も
あります。

生まれたての子犬の体温は、最初の1週間は約29.4 ~32.2 ℃です
子犬にとって最初の21日間は非常に重要で、保温、食事、母犬が
舐めることによるマッサージ、および睡眠に専念します。


■犬の臨界期~第2臨界期(4~7週齢)~
生後21日目頃から子犬は、目がよく見えるようになり聞いたり臭いを
嗅ぐことが出来るようになります。

視覚や聴覚、臭覚に関する臨界期はこの時期から始まり、そして
「学習」ができるようになるのもこの時期(生後21日目以降)です。

また、この時期から今後の発達に大きな役割を果たす、いわゆる
「社会化期」が始まります。
この4週間で脳や神経系が発達し、7週目迄に成犬とほぼ同じレベル
のキャパシティーをもつようになると言われています。

この時期(4~7週間)に他の犬と遊ぶ事は幅広い成長を遂げるために
非常に重要となります。

7週以前に母犬や兄弟と離すと、完全に社会化できず、他の犬への
関心が少なくなり、出会うすべての犬へ戦いを挑んだり、他の犬に
怯えたり交配させるのが難しくなります。

これらのことから子犬が新しい飼主さんの家に行く理想的な時期は
乳離れさせる良時期でもある約8~10週齢であると言われています

ひょっとするとウチの旦那様は生後7週間以内に家出してきたのかも
しれない。だから、ちょっと反社会的だったりして~

■となりの食卓
 ・ 牡蠣フライ
 ・ 揚げ茄子の中華ソースかけ
 ・ フレッシュサラダ
 ・ みそ汁
 ・ 杏仁豆腐  おこぼれあり
 ・


|

« 進化と退化の狭間 | トップページ | 一生に一度のチャンス »

コメント

>アテモレmamaありがと
大抵のワンコは最低限の一般常識というかモラ~ルと知恵は習得済みです。
人間の方は、親を恨むよりも己を悔いることの方が多いですね~

投稿: マリア | 2007年12月 7日 (金) 12:01

臨界期か~。手遅れって感じがつらいところですね。
でも、犬達はその時期しっかり社会性身に付けてきてますね~
問題は人間の方です。。。

投稿: アテモレ | 2007年12月 7日 (金) 11:23

>ユミmamaありがと
親元での義務教育はすんでいたというワケですね。それは良かったです。
進学先もよかったのでは?

>ミモザmamaありがと
ルナ&サラchanも大事にされているからなんの問題もないように思いますが・・・・
明らかに、生後直ぐに旅立ったなぁ~と思うアウトロー犬も、思い当たる節があります。

投稿: マリア | 2007年12月 7日 (金) 07:43

ルナは、多分7週半位で兄弟犬とともに父のもとに戻ってきて、9週で我が家にやってきました。
サラは、ずうっと母と一緒にいて4ヶ月過ぎに我が家へ・・・
臨界期で考えるとこれまた微妙な時期だったかもしれません・・・。

投稿: ミモザ | 2007年12月 7日 (金) 05:02

カイザーは13週でウチに来たので、臨界期には過ぎていたのですね。

うちの旦那も7週前に家出してますね。

投稿: ユミ | 2007年12月 6日 (木) 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 進化と退化の狭間 | トップページ | 一生に一度のチャンス »