« どちらかといえば甘党 | トップページ | 王侯貴族並み »

2007年12月10日 (月)

出会い探し

Rimg0069

↑一匹でも多くの仲間が里親さんに出会えますように


散歩の途中、見知らぬトラックのおじさんに声をかけられた。
「イングリッシュセターですか?」「猟をやるのですか?」という質問。

その人の実家ではESを数頭飼っていて猟犬の現役バリバリらしい。

東京の町中でESをみたのは初めてで、しかも、オレンジベルトンの
ESは初見とのこと。実はワタシ保護犬で、かくかくしかじか・・・と
経緯を話すと、「よかったなぁ~」と、しみじみ声をかけ撫でてくれた。

ワタシと同じように里親捜しの仲間は沢山いる。

今ではこんなにグータラ犬のワタシでも、保護された後は色々ゴタゴ
タして結構大変だったワケ。

結果オーライなワケだけど、中にはうまくいかなくて戻ってきた仲間も
いるという。せっかく安住の地を見つけたと思ったのにそういう友達の
ショックは大きいのだ~

■駒沢で犬と猫の里親譲渡会-NPO法人「東京アーク」が開催
NPO法人・アニマルレフュージ関西の東京支部「東京アーク」は12月15日、駒沢のイベントスペースで犬と猫の里親譲渡会を行う。

「アーク」は、現在代表を務めるエリザベス・オリバーさんによって
1990年に設立された動物の救援組織。イギリスから英語教師として
来日したオリバーさんが友人と傷ついた動物たちの救助をはじめた
ところ、次第に預けられる動物たちの数が増え、ボランティアとともに
同組織を立ち上げた。

東京支部となる「東京アーク」は、2005年に設立。アークで保護され
ている動物たちの里親を関東圏で探すことが目的だったが、多くの
救援依頼・引取りの問い合わせが寄せられたことから、実際に動物
達と触れ合う機会を作ろうと月に一度、実内型の「里親会」を駒沢と
中央区日本橋の2カ所でスタートさせた。

動物と里親のマッチングについて、会を担当する東京アークは「会に
参加する動物は、一度飼い主に捨てられたり、虐待されたりと心に
傷を負っているものが少なくない。
その為、その場ですぐ動物を渡すことはせず、スタッフが面接をさせ
てもらい相性の良い犬や猫を見つけていくようにしている」と話す

当日は、数匹の犬と子猫が参加するほか里親募集中の動物達の
写真資料なども閲覧できる。

譲渡にあたりいくつかの注意事項があるため、里親希望者は事前に
公式HPを確認するか「東京アーク」オフィス(TEL 050-1557-2763)
まで問い合わせが必要。

会場は、駒沢公園西口近くにある「Dog Life Design」
室内での譲渡会につき雨天でも行う。受付時間は13時~16時30分。

一匹でも多くの仲間が幸せなクリスマスを迎えられますように・・・。


■ となりの食卓
 ・ 続・ビーフカレー
 ・ オクラ・山芋・湯葉・なめこのネバネバサラダ
 ・ 高野豆腐とインゲンの炊き合わせ
 ・ 林檎  おこぼれあり

|

« どちらかといえば甘党 | トップページ | 王侯貴族並み »

コメント

>ブルボンmamaありがと
ワンコは自分一人では生きていけない動物だというのがわかっているだけに、不憫です。
これほどまでに飼い主に忠実な生き物はいないのでは、と思ってしまいます。

投稿: マリア | 2007年12月11日 (火) 17:20

保護犬のお話を聞くといつも心が痛みます。
我が家の子供達も行方が判らない子供が二頭います。良いオーナーさんにめぐり会っています様に、つらい思いをしていないようにと何時も心が休まりません。マリアパパ・ママさん、マリアちゃんを幸せにしてあげてくれてありがとう!って言いたいです。

投稿: ブルボン | 2007年12月11日 (火) 16:44

>Rallyママありがと
幹事の方に伺うと、最近はESはあたりが悪いようです。Rally-chanみたいにお利口さんではなくて、暴れん坊が多いようです。

投稿: マリア | 2007年12月11日 (火) 14:58

アークさんから譲り受けた保護犬が、同じ広場仲間にいます。 ワンコを何よりもこよなく愛する飼い主さんに恵まれて、と~っても幸せな犬生を送っています。

そう言えば、先日久し振りにマリアちゃんやRallyを保護していた愛護団体のHPを見たら、またまたE・S(オレンジベルトン♂)がいましたよ~。

ESだけ特別扱いっていう訳ではないのですが、何だか見過ごせないものがありました。

投稿: Rallyママ | 2007年12月11日 (火) 10:46

>アテモレmamaありがと
保護団体の目の届く範囲ということなのでしょうか?
一時、里親を騙って生態実験用のワンコを無償で譲り受け、転売するという極悪商人が横行したせいもあるのでしょうか・・・

投稿: マリア | 2007年12月11日 (火) 09:55

今月から拾得物に関する法律が変り迷い犬猫などは警察で預からないということになりましたね。
ということは保健所直行で・・・
地方の行政ではへんな規制があり、北海道の方が、東京で保護されていたESを譲り受けたいと申し出たところ、都内でないと許可が下りなかったそうです。
変な話です。

投稿: アテモレ | 2007年12月11日 (火) 09:47

>ミモザmamaありがと
ペットブームの弊害みたいなモノ、とてもブルーな気持ちになります。
オシャレだから、とか、流行だから飼う・・・という言葉を聞くとぞっとします。

投稿: マリア | 2007年12月11日 (火) 08:10

ESは迷子になって・・・というパターンが多いようですね。
一方、クリスマスプレゼントのワンコが手に余って・・・というケースも多々あるようです。

本当に1匹でも多くの動物達が、素敵なクリスマスを迎えられますように。

投稿: ミモザ | 2007年12月11日 (火) 06:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どちらかといえば甘党 | トップページ | 王侯貴族並み »