« 音楽事情 | トップページ | 犬のこと »

2008年2月21日 (木)

人にも効くか

Rimg0112
↑ トレーニング、トレーニング!走ってますよ~


旦那様はワタシが来た当時、毎日アスファルト道路をダッシュした
せいで、膝を痛めてしまった。

そうでなくても、そろそろこれからは足腰にダメージが現れてくる
年頃なのだから、無謀なことをしたってワケ。

ワタシだって後ろ足が少し流れているし、ラブのお友達達は常に
股関節形成不全というハンディを気にしているってワケ。

関節には緑イガイエキスの「DENES グリーンリップドマッセル」
「NATUR VET アースリスージ ゴールド」等ののサプリが良いと
いうけど、何しろお高い。

やすくて効果があるなら、旦那様と一緒に呑んでも良いけど・・・

あのサントリー(株)が「ペットヘルス グルコサミン プラス」という
サプリメントを発売する。

「ペットヘルス グルコサミン プラス」は、散歩をいやがる犬や、
走ったり、ジャンプしたりする回数が減っていることが気になる
犬の改善に効果があるかもしれない。

一寸難しくなるけど、プレスリリースによると、

関節症発症犬に対するグルコサミン・コンドロイチン硫酸配合剤
経口投与の臨床学的効果」についての研究成果という内容。

関節症を発症した犬にグルコサミン塩酸塩、コンドロイチン硫酸
(サメ軟骨粉末)、ケルセチン配糖体を含むサプリメントを30日間
投与し、症状の改善について検証結果が発表された。

今回の研究により、変形性関節症33例、炎症性関節症17例の
計50例のうち、特に変形性関節症の例に顕著な改善を確認。

獣医の診断では主に足を引きずる度合いや痛がり方の程度に
改善が見られ、飼い主の評価においては主に運動の軽快さに
顕著な改善が確認された。

これにより、関節症を発症した犬など動物に対して治療薬を継続的に投与するだけでなく、サプリメントの継続投与によって足を引きずる症状や痛がり方の程度などを改善することができる可能性を示唆。

関節症に悩む動物たちの生活改善に向け、グルコサミン塩酸塩、
コンドロイチン硫酸(サメ軟骨粉末)、ケルセチン配糖体を含む
サプリメントに期待されるとまとめた。

SUNTORY/news詳細


■ となりの食卓
 ・ アジの塩焼き
 ・ 春菊ともやしの和え物
 ・ きんぴら牛蒡
 ・ 納豆
 ・ みそ汁
 ・ 林檎  おこぼれあり

|

« 音楽事情 | トップページ | 犬のこと »

コメント

>みちゃんmamaありがと
糖尿病も増えてきたし、神経性胃潰瘍もあるそうです。犬にもストレスの多い時代らしいです。

投稿: マリア | 2008年2月26日 (火) 07:50

10円ハゲの犬???
ひゃ〜〜、

投稿: みっちゃん | 2008年2月26日 (火) 01:41

>アテモレmamaありがと
千代の富士と一緒にするところがすごいですsign03
グルコサミンって、scorpiusとか養殖して自家栽培できませんかねぇ~

>ビオラmamaありがと
おおきに!clubこっちはポカポカと良い天気。梅が一気に開きましたよ~

投稿: マリア | 2008年2月23日 (土) 14:28

マリアさん こんにちはnote

今日は晴れたり~~雨が降ったりややこしいお天気になりましたsunrain

頑張って走ったはりますねhappy01

投稿: びおら。 | 2008年2月23日 (土) 13:45

前のゴールデン股関節生成不全であまり激しい運動させないようにといわれましたが、現役時代の千代の富士が肩の脱臼癖をトレーニングで筋肉を巻いて克服したことを参考に普通以上に毎日3~4時間走り回らせ筋肉隆々にしました。
多少歩き方はおかしかったけれど、最後まで問題ありませんでした。
でも、グルコサミン類は何もない若いときからあげておくのがよいと聞きそろそろあげようかと思ってます!

投稿: アテモレ | 2008年2月23日 (土) 10:56

>Kylano3ママありがと
膝は、動物のように「自然治癒」を期待していたのですが、ダメでした!いつまでも若いつもりでいたツケです。

>やんちゃなエリchanありがと
冒険は若いうちにしておいた方がよいのです。大人になってから狂うと取り返しがつきません。

投稿: マリア | 2008年2月23日 (土) 09:37

>膝を痛めてしまった

アテルイさん大丈夫です???

DENESグリーンリップドマッセル、アースリスージ ゴールド、グルコサミン プラス
、グルコサミン・コンドロイチン

3回繰り返しましたら舌をかんでしまったcrying

アテルイさんって学者顔負けの知識・・・さすがだ!

以前HINODEさんが書かれていた(やんちゃ)

私は後者の意味するヤンチャで高校卒業前に首となりました。

今は小心者のオジンですが・・・happy01

投稿: やんちゃなエリ | 2008年2月22日 (金) 21:55

お友だちのオールド・イングリッシュ・シープドッグも腰に障害をもってました。

突然、歩けなくなる。
で、常に注射を常備して、その注射をすると5分後のは「元気」に歩けるように。

ウチのが、「その薬がほしい!」といつもいっていたな~。

運動も「適度」ですね。

投稿: kylano3 | 2008年2月22日 (金) 16:25

>Rallyママありがと
あれだけ走っていてまだ剥けるのですか?
誰かの面の皮と交換してあげたい・・・

投稿: マリア | 2008年2月22日 (金) 11:06

ウチは関節云々というより、走り過ぎると肉球のパッドの皮がペロリと剥けちゃうので、そっちの方に注意してます。 

これさえなければ、Rallyはいつまでもどこまででも走れるんだけどなぁ~(笑)。 

でもこの冬でRallyも太ったので(爆)、関節の事も気を付けてあげなくちゃ!

投稿: Rallyママ | 2008年2月22日 (金) 10:46

virgoTRCで有名でした!ng

遺伝的なものが大半でしょうけど、幼年期に栄養状態が悪いと出るみたいですねfastfood
旦那様には、このままだとフォアグラにして売り飛ばすと、脅しておきなさい!

投稿: マリア | 2008年2月22日 (金) 09:35

私のモンローウォークをなぜにご存知?coldsweats02

マリアちゃんママ(パパ?)お答えありがとうございます。暴れん坊は今のところモンローウォークもうさぎ跳びもないのでちょっとは安心。走るのが大好きな犬だから自由に走れなくなるのはかわいそ過ぎるもんね。

コーディーが1歳の頃、「え~!!じゃあコーディーはもう一生走れないの!?crying」っていう夢をよく見ました。心配性な私bleah

投稿: みゆき | 2008年2月22日 (金) 08:44

>CM44ママありがと
フロントラインもそうですが、そちらの大体三倍値ですね。dogも人間も体重オーバーが天敵。

>みっちゃんmamaありがと
dogは犬種毎に遺伝性の強い病気を抱えています。それに加えて、人間の持ってる病気もほとんど持っています。
ストレスが溜まると、円形脱毛症にもなりますよ。

>みゆきmamaありがと
一概には言えないようです。coldsweats02
歳と共に徐々にハッキリしてくる場合もあるようです。モンローウォーク(ママさんではありません!)や、ウサギ跳び走りしているようだと心配ですね~。
http://www.pet-hospital.org/dog-014.htm

>ミモザmamaありがと
人間用とdog用とどっちが高価ですかね?安い方、飲みましょう!

投稿: マリア | 2008年2月22日 (金) 07:46

年をとるといろいろ出てきますからね~
私は関節が痛む時はテーピングできるけど、ワンコには無理だし・・・。
体重管理と適切な運動が大事なんでしょうね。
そういえば、化粧品のDHCもワンコサプリ出しています。

投稿: ミモザ | 2008年2月22日 (金) 06:02

股関節形成不全の子達は本当にかわいそうですよね。私の周りにもゴールデン・ラブちゃんに多いです。
うちの暴れん坊たちも1歳半を過ぎるまでは心配で、なるべく激しい運動はさせないように気を遣いました。

…で、また質問させてください。
股関節形成不全って、成長してしまってからなることはないですよね?

あとは体重が増えすぎないように時々食事を抜きながらしっかり管理してあげなくちゃ。

管理してあげなかったダーリンは9年間でコーディー1頭分体重を増やし、しょっちゅう「膝が痛い」と言っています。
かわいそweep


投稿: みゆき | 2008年2月22日 (金) 01:48

あれあれ、ワンちゃんも関節炎起こすのですね。
アスファルトがよく無いのかしら、、、
人間の身体で一番弱い所が膝なんですよね。
どちらにも運動がいいようです。

投稿: みっちゃん | 2008年2月22日 (金) 00:56

あら。マリアちゃん真剣な(ちょっと息が上がってます?笑)表情。
こちらではお手ごろな値段でグルコサミンのサプリメントが手に入ります。
お友達でも年齢の高いワンちゃんを飼っている方は使用させています。
うちもESSが関節にくる持病が断然に多い
犬種なので今からあげておいたほうがよいのかな?と思っています。
ま、私の膝をなんとかするほうが先かな?

投稿: CM44 | 2008年2月21日 (木) 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音楽事情 | トップページ | 犬のこと »