« 新しい味 | トップページ | そのままではダメ »

2008年3月25日 (火)

Lady day

Rimg0028
↑ 今日はこんなコトしている日ではない、お淑やかにせねば!


ワタシんちにはESのカレンダーがある。
残念なことに外国製なので、記念日や祝日が日本に対応してない

今日の日にちを見ると「Lady day」と書いてあるワケ。
さて、さて、なんの日かと思えば聖母マリアの受胎告知の祝日

天使ガブリエルが聖母マリアに救世主(メシア)の母となることを
告げた受胎告知の日。


新約聖書の【ルカによる福音書第1章26~38節】  
六月目に、天使ガブリエルは、ナザレというガラリヤの町に神から
遣わされた。

ダビデ家のヨセフという人のいいなづけであるおとめのところに
遣わされたのである。

そのおとめの名はマリアといった。
天使は、彼女のところに来て言った。「おめでとう、恵まれた方。
主があなたと共におられる。」 ・・・と、いうことらしい。

一般に、処女マリアに天使のガブリエルが降り、マリアが聖霊に
よってイエスを身ごもることを告げ、またマリアがそれを受け入れる
ことを告げる出来事。

マリア崇敬の思想として、キリスト教文化圏の芸術作品の中で
たびたび登場するシーンで、作品としては、ランス大聖堂の
彫像や、シモーネ・マルティーニの祭壇画が有名だし、

ルネサンスでは、天上と地上の橋渡という如何にもルネサンス的な
題材が万人に好まれ、もっとも人気のある主題の一つとなった。

サン・マルコ修道院にフラ・アンジェリコが描いた壁画や、日本でも
ダヴィンチ展の目玉になって、ワタシんちも鑑賞しにいったばかり。

そうなると、名前を拝借しているワタシとしてもなんだかいつもと
一緒ではいけないような気がして妙に落ち着かない。

温和しくソファーの片隅で、来るアテのないお供え物を待っている
ふりしているワケ。

■ となりの食卓
 ・ ブラウンビーフシチュー
 ・ フレッシュサラダ
 ・ 白ワイン
 ・ 伊予柑  おこぼれあり

|

« 新しい味 | トップページ | そのままではダメ »

コメント

>みっちゃんmamaありがと
いえ、食べ過ぎでお腹のくびれがないだけです。

投稿: マリア | 2008年3月26日 (水) 17:34

受胎告知、天使がマリアに伝えましたね。
この絵をイタリアのある美術館で見ましたね。

で、マリアちゃんもご懐妊ですか?(笑)

投稿: みっちゃん | 2008年3月26日 (水) 14:18

>kylano3ママありがと
なるわけないです!とりあえず、午前中はソファーでうたた寝してましたけど・・・dash

>みゆきmamaありがと
「紫紺」という響きはとても意味深なカンジで素敵です。「コーディー」もいいですよね~goodみんな名前負けしてません!

>ウィリーmamaありがと
米国系のカレンダーには載っていません。
絵画は本物を見ると質感がよく解りますねshine

>CM44ママありがと
休日ではないのです。東方カトリック教会では取り扱いが大きいみたいです。

>ミモザmamaありがと
個人的には「聖母マリア」より「マグダラのマリア」の方がミステリアスで興味深いです。

投稿: マリア | 2008年3月26日 (水) 07:53

マリアちゃんはちゃんとレディだから大丈夫♪
受胎告知はもちろん、マリア様はたくさん題材になっていますね~
女性像が反映されている感じがして興味深いです。
ダヴィンチの受胎告知も好きだけど、ミケランジェロのピエタもラファエロの描く優しげなマリア様も捨てがたい・・・

投稿: ミモザ | 2008年3月26日 (水) 07:02

そういう日があるんですね。
この日曜日、ここはイースター(復活祭)でしたが、Lady Dayという日は話題になりませんね。バイブルスクールなどに通えば教えてもらえるのでしょう。
ここのケーブルTVでも聖書の謎を解く番組があって興味深いです。実はジーザスクライストが無くなったのは2008年前ではないという説を説いてみたり、裏切り者のユダは実はジーザスの命令で彼を売り渡したという説、など等。誕生日が実は4月というのは結構有名な話。でもマリアがお告げで懐妊したことを否定する説は。。。。
流石にありません。
マリアちゃん、お供え物はもらえた?

投稿: CM44 | 2008年3月26日 (水) 02:03

へ~・・。そんな日があったんですね?
まさに、マリア様の日birthday
うちにも、ESとアフガンのカレンダーがあるんですが、白紙ですsign02作っている国によって、記載している内容も違うんでしょうかpenなるほど、勉強になります。サスガ、マリアパパ詳しいですねconfident
私は5年前に、フランスの美術館を回ったのですがウフィッツィの美術館で「受胎告知」の絵を見ました。
ルーブルは、向こうの小学生の子供達が写生してたり、写真もOKでしたが、ウフィッツイはかなり厳しかった記憶がありますdanger
ダビンチの絵は本当に素晴らしいですよねheart04絵画集も買いましたが、私にとっては猫catdollar小判でしたsweat01

投稿: ウィリーMam | 2008年3月26日 (水) 00:34

名前ってすごく影響力あると思うのよね~。人も犬もたいていの場合つけられた名前とぴったりな雰囲気になっていく気がする。コーディーと紫紺の名前をとりかえっこしたら、お互い似合わなくて変な感じだもん。

マリアちゃんがお嬢様な理由がわかった気がした今夜でした。

投稿: みゆき | 2008年3月26日 (水) 00:15

アッハッハ、そうなの、マリアちゃん。

で、1日「淑女」のような1日になりました?

投稿: kylano3 | 2008年3月25日 (火) 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しい味 | トップページ | そのままではダメ »