« 「交通の方法に関する教則」 | トップページ | 飼い主の資格 »

2008年5月 8日 (木)

都の西北

Rimg0046

↑ 健康には睡眠が一番!食べたら寝る、寝たら食べる。

奥方様は早稲田がお嫌いのようである。理由は・・・
ココで公表すると生皮はがれそうなのでやめておくってカンジ。

最近は大学のオープンカレッジというのが盛んだけど、こういう
今風のためになる講座もある。少しは過去の恨みも忘れて通って
も良いのではと思うこともやっているようだ


■「最新獣医療に見る高齢動物医学-愛犬の老いとの向合い方」

早稲田大学エクステンションセンターが、新講座を開講する。

“愛犬との暮らし”をテーマに、早稲田大学オープンカレッジ春の
新講座として5月18日に開講する「家族の一員として暮らすように
なった犬と人の関係の変化とあわせて進歩してきた獣医療」。

ペットから伴侶動物へ、家族の一員としてかけがいのない存在と
なりつつある社会状況の変化と共に、急速な進歩を遂げる獣医療の
最前線での具体的症例や経験を共有し、当事者になった場合に、
冷静な治療選択ができる飼い主になることを目指す新講座である。

4回構成の講座の最初は、ホームドクターの立場から老齢犬に
多い主な疾患の特徴を学ぶところからスタート。
病気の早期発見や予防方法を身につける。

そして次のステップでは、大学病院専門医を招き最先端医療の
一部を紹介。進歩する獣医療の中でも最先端の医療について学ぶ
と共に、ホームドクターと専門医の連携の重要性について考える。

最後は、愛犬の死との向き合い方について考察。
看取り方の選択肢などについて検討する。

講師は、第一線の現場で活躍する昭島動物病院院長 植松一良と、
日本獣医生命科学大学教授 左向敏紀と准教授 小山秀一の3人。

一般の飼い主には解りにくい獣医療最前線や、ホームドクターとの
関わり方について学ぶことができる。

最新の獣医療に見る高齢動物医学-愛犬の老いとの向き合い方
定 員: 30名
参加費: 4回で13,000円 (新規入会の場合は別途入会金 要)
開催日・内容:
・ 5月18日 第1回
「獣医療最前線の現状、ホームドクターの手術室から見えること」
・ 5月25日 第2回
「獣医内科専門医が解説する老犬のメタボリックシンドロームと
生活習慣病」
・ 6月1日 第3回
「高齢犬の循環器疾患、その病態と治療法の選択」
・ 6月8日 第4回
「高齢犬に多い腫瘍と終末医療」

講 師:
植松一良(昭島動物病院院長)
左向敏紀(日本獣医生命科学大学教授)
小山秀一(日本獣医生命科学大学准教授)

申込方法: 電話(平日 9時30分~17時 ※土・日・祝は閉室)
電話番号: 03-3208-2248  パンフレット無料請求: memo


■ となりの食卓
 ・ 餃子
 ・ フレッシュトマト
 ・ 高野豆腐の炊いたん
 ・ 小松菜の胡麻和え
 ・ みそ汁
 ・ グレープフルーツ  おこぼれは林檎

|

« 「交通の方法に関する教則」 | トップページ | 飼い主の資格 »

コメント

>アテモレmamaありがと
ワセダの隣は高田馬場とくると、直ぐに堀部安兵衛と連想してしまいます。
お互い様ですね!365日監視しているわけですから。

>kylano3ママありがと
少子化の折、有名大学も生き残りをかけてPRに賢明です。

>みっちゃんmamaありがと
日本での大学進学は向学心で往くわけではないですから・・・大人になってから好きな分野を学ぶ方が本当に値打ちがあるのでしょうね

>CM44ママありがと
おっしゃるとおりです。ウチも中学から大学までフリーパスでした。結局何も残ってないですね(遊び以外は・・・)。

>ミモザmamaありがと
今のオープンカレッジは面白いです。
カルチャースクールの上級版みたいですね。

投稿: マリア | 2008年5月 9日 (金) 07:37

最近大学は生涯学習に力を入れていますからね~
結構マニアックな講座も開講されていますよね。
こまめにチェックしていると面白い・・・
獣医学もだんだん専門別になっていくのかなぁ・・・

投稿: ミモザ | 2008年5月 9日 (金) 05:57

いいですね。このオープンカレッジ。
早稲田で、というとなんか大袈裟になってしまうけれどこういう講座を受ける機会ができるのって素晴しいと思います。
4回で13000円も中々。日本にいたら抗議を受けたいところです。
私は勉強が大嫌いで(笑)どうやって高校短大を卒業したのか自分でも不思議。
でも大人になって勉強したいな、という気持ちも出てきました。(今頃)それは興味のあるものだけですけどね。
年齢と関係なく学校に通えるのって良いことだと思います。

投稿: CM44 | 2008年5月 9日 (金) 00:47

若い時のトラウマはなかなか消えないのでしょ。(笑)

日本ももっと年齢に関係無く大学へ通える様になっていいと思います。
私は日本では大学は行かなかった、行きたく無かった、行けなかった、、、でも、こっちで4○さいで卒業証書を手にしたのです。クラスメイトは18歳から75歳まで多様でしたよ。若い時には興味無かったけど、トシを取って「こんな事もっと知りたい。自分をもっと向上させたい」それによっていい仕事も出来る訳だしね。

投稿: みっちゃん | 2008年5月 8日 (木) 23:45

さすが、なんだかんだ言っても、日本は「平和な国」ですね。

でも、大学で講義を聴くなんて、ちょっと「気分的に若返り」にはすっごくよい気がします。

投稿: kylano3 | 2008年5月 8日 (木) 23:25

都の西北~noteに続けて「ワセダ~のとなり~」と続くのは私だけでしょうか?
日本獣医生命科学大学ってなんだかタイソウな名前ですね。。。
旦那様も奥方様もそんな講座聞かずともマリアちゃんの最高のホームドクターだと思いますよ!

投稿: アテモレ | 2008年5月 8日 (木) 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「交通の方法に関する教則」 | トップページ | 飼い主の資格 »