« 吠えればいなくなる | トップページ | 狼爪 »

2008年6月10日 (火)

新天地へ

Rimg0084

↑ みんなガンバレ~

旦那様は仕事で日本橋へ
乗り合わせた地下鉄には盲導犬の黒ラブchanが・・・・

クーラーの効いた車内で黒ラブはごろんと横たわったまま動かない
初対面でも犬には平気で話しかける変なオジサンなので「気持ち
いいんだ~」と思わずつぶやいたら、利用者の方が「一寸具合悪い
のです」と答えた。

一緒になって二年あまりだそうだが、内蔵の具合が良くないので
来月に引退するとのこと。幸い、関係者の伝手で北関東でのんびり
ロハスな生活が待っていると話してくださった。

そこまで聞けて一安心。「ガンバレ~」と声をかけてお別れした

■戦地から帰還(ロイターNEWS)
イラクやアフガニスタンで駐留する米軍兵士にペットとして拾われた
犬24匹が今週、飼い主に再会するためバグダッドから米国NYの
ニューアーク国際空港に到着した。

支援団体のSPCA(動物虐待防止協会)インターナショナルによると
兵士が迷子の動物と接触することは表向きは軍の規則に違反する
ものの、イラクに駐留する兵士にとって、ペットはストレスの軽減や
精神衛生の向上に計り知れない役割を果たしているという。

以前にも海兵隊員になついた野良犬が戦地を100kmも追いかけて
再び繰り会えたという涙の再会物語があった。

米軍が5月に発表したデータによると、イラクやアフガニスタンに
駐留経験がある兵士の間で、新たに心的外傷後ストレス障害
(PTSD)と診断されたケースは2007年に46.4%増加。
5年間で合計4万件近くに上っている。

犬をバグダッドから米国に送る同プロジェクトを統括する責任者に
よると、昨年開始されたこのプロジェクトに対して、約100人の
兵士から電子メールで問い合わせを受けたと述べた。

この24匹にとって、たぶん、以前よりは快適な暮らしが待って
いるハズ。新天地でガンバレ~


■ となりの食卓
 ・ ウニ丼
 ・ 自家製特大五目巾着煮
 ・ トリガイの酢味噌和え
 ・ すまし汁
 ・ おこぼれは庭のワイルドベリー!
  

|

« 吠えればいなくなる | トップページ | 狼爪 »

コメント

>kylano3ママありがと
実は・・・どうされたのかと心配していました(心労?)。
早くお披露目願います。dog達はお元気?

>ブルボンmamaありがと
介助犬というのは何とも健気すぎて、弱いのです。この日はおもわず声をかけてしまいました。

投稿: マリア | 2008年6月11日 (水) 20:47

佐賀・嬉野町に日本初の町民愛犬証をもらった盲導犬・岸川アロマがいます。
犬が町民として認められたのです。
温泉地嬉野の皆さんに愛されて幸せな盲導犬生活を送っているそうです。
パートナーの鍼灸師のお父さんは皆さんの気持ちに感謝して自宅に無料の足湯の施設を設けられてます。
一度会ってみたいなぁ~と思っています。lovely

投稿: ブルボン | 2008年6月11日 (水) 18:29

電車で会った「黒ラブちゃん」が快適な引退生活を送れますように。

無条件で愛情を示してくれるペット達、この存在感は大きいですよね。

私も5月に2人の子を亡くし、その存在の大きさをもっともっと強く感じました。

今、家族の空虚感を排除するために、子猫が
二人やってきました。
近いうちに「お披露目」します。

ただし、今私のPCがネット接続不能状態bearing
ウチのPCを借りてやっているので、使いにくい!!!
トラックのストライキで修理にも出せない。。。。

投稿: kylano3 | 2008年6月11日 (水) 16:33

>ウィリーママありがと
とても人間にはまねが出来ません。
無欲だから出来るのでしょう。欲があるとすれば、飼い主に尽くすという欲ですね。

投稿: マリア | 2008年6月11日 (水) 09:23

盲導犬は本当に凄いですね!
一瞬でも、ミスは許されないALLの仕事ぶりは人間でも難しいかもしれませんね・・・。
盲導犬サーブのご主人をかばって事故にあった話は本当に感動しました。
産まれてから、3度ご主人様が変わるのも、とても考えさせられます・・・。
でも、考えてみれば、引退してからが本当の犬らしい生活が出来るのかもしれませんね!わが家の誰かさんみたいに、ゴロゴロとのんびりすごさせてあげあいですね!

投稿: ウィリーMam | 2008年6月11日 (水) 07:37

>ゆみりんmamaありがと
自分を完全犠牲にして務めるのですから
すごくストレスだと思いますよ~。
ウチのワンコにも見習わせたいです。

>みっちゃんmamaありがと
環境の変化に上手く対応してくれるとよいですね。

>CM44ママありがと
どこへ行っても、どんな状況でも、ワンコは重要な人間のパートナーなのです。

>ミモザmamaありがと
日本でも同じだと思います。
精神的治療には有効だと思いますよ。
疲れて帰ってきても、向かえてくれるのはdogだけというお父さんも多いと聞きます。

投稿: マリア | 2008年6月11日 (水) 07:27

つい離しかけてしまう気持ち、わかります。
一生懸命働いてくれた盲導犬に、ゆっくり過ごせる場所が用意されているのは、嬉しいことですね。
アメリカでの試みはPTSDを緩和するのにも良いでしょうね~
大変なストレスの中一緒に支えあった同士だもの。

投稿: ミモザ | 2008年6月11日 (水) 05:47

暗い話題ばかりの戦争のニュースのなかで、心暖まる話。
ここ数年、イラクから帰国した兵士の自殺率が記録を作っています。
私には一秒一秒、命を狙われている思いから逃れられずに砂漠や街中で任務を果たしている兵士の方達の精神力ってとてつもないものなのだと思います。
そんな中で犬好きな兵士が出会う街角のワンコ。規則なんて関係なくなるのわかります。
犬にとっても、可愛がってくれる飼い主との生活はきっと今まで味わった事のない幸せなのかもしれないですものね。
24匹。。もっと連れてこれるといいですね。

投稿: CM44 | 2008年6月11日 (水) 02:01

戦地で愛する家族と離ればなれで寂しい心を慰めてくれたペット達。ウェルカム、ユナイテッドスティツアメリカ! 戦いのない平和な街で暮らせるようになってよかったね。

投稿: みっちゃん | 2008年6月11日 (水) 01:18

盲導犬は神経を使うから寿命が短いと聞いたことがあります。
人間の為に尽くしてくれたのだから最後まで大事にして面倒を見てあげたいですよね。
そんなワンちゃんには感謝感謝ですね。

投稿: みゆりん | 2008年6月10日 (火) 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吠えればいなくなる | トップページ | 狼爪 »