« 手紙 | トップページ | 警報 »

2008年6月 7日 (土)

動物眼科セミナー

Rimg0076

↑ アッ!美味しそうな虫が・・・・

久しぶりの晴れの土曜日、例によって5時頃からロードワーク!
暑い日にこれをやられると、一日中力が抜けてグッタリってカンジ

昼間の庭仕事の間も、ただトボトボと後をついて回るのが精一杯
悪戯するパワーもわいてこないのだ~

夕方の散歩の帰り道、同じESのロッキーchanと一緒になった
papaさんが「温和しくていいですね~」といってくれたけど、
本当は疲れてヘロヘロだったワケ・・・・

最近、お友達のルナchan(ゴールデン♀)は眼の調子が良くない
らしい。

ルナchanに限らず、シニアになってくると白内障などで視力の
落ちるお友達は多いってわけ

毎日ワタシんちの前を通ってお散歩に行く12歳のビーグルchanも、
すっかり視力が落ちているそうだ

今はワンコのコンタクトレンズというのがあるらしいけど、外れたり、
ずれたときはどうするのだろう?寝るときは外すのかなぁ?


■眼瞼疾患の基礎から最新臨床情報

人間用コンタクトレンズ・メーカーの(株)メニコンの子会社で、
白内障にかかった犬の為の"犬用眼内レンズ(メニわんレンズ)"や
"メニわん治療用コンタクトレンズ"など、動物眼科医療専門に特化
した事業の(株)メニワンという会社が、「2008年メニわん・どうぶつ
眼科セミナー」 2日間で学ぶ、メニわん・どうぶつ眼科セミナー」を
東京と大阪の2会場にて開催する。

お題「角膜・結膜および眼瞼疾患の基礎から、最新臨床情報まで」

今回の講師は、オハイオ州立大学、米国獣医眼科専門医である
Dr.Davi.A.Wilkie先生。

2007年のセミナー・網膜基礎編DVDの上映及び質疑応答や、
日本のどうぶつ眼科病院の Eye Vet、ネオ・ベッツVRセンター、
ファーブル動物医療センターのサポートメンバーによるセミナー、

「点眼薬の基礎知識、選択に関して」「般臨床医に役立つ、眼科
外科手術の留意ポイント」「最新の角膜外科手術方法に関して」等
2日間4種類の講演が開かれる。


[ 2008年メニわん・どうぶつ眼科セミナー ]
- 2日間で学ぶ、メニわん・どうぶつ眼科セミナー -
開催日時・場所:
6月16日(月)・17日(火) 東京・新宿 エステック情報ビル21階
6月19日(木)・20日(金) 大阪・梅田 スカイビル タワーウェスト36階
参加応募締切り: ~2008年6月10日(火) 17時まで

「2008年メニわん・どうぶつ眼科セミナー」
-

獣医師関係者専門のセミナーらしいけど、一般聴講も可能かも。
何てったって、眼と鼻は美味しいモノ食べるワタシには命ですから~


■ となりの食卓
 ・  お刺身盛り合わせ
 ・ ニラ玉甘酢あんかけ 
 ・ 南瓜煮
 ・ キノコのみそ汁
 ・ パイナップル  おこぼれは林檎

|

« 手紙 | トップページ | 警報 »

コメント

>CM44ママありがと
実際に使っている方がいるので伺ってみたいです。

投稿: マリア | 2008年6月10日 (火) 14:48

ほんと、どうやってコンタクトを出し入れするのでしょうか?
今は人間もレーザーで手術しますよね。
ワンちゃんにもそっちの方が良い気がします、出来るのなら。
かなりのいわく感だと思われます。
動きも激しいですしね。ワンコの第3の瞼なども関係してきそうですし。。。

投稿: CM44 | 2008年6月10日 (火) 07:54

>ウィリーmamaありがと
ママさんが落ちても、ウィリーchanが助けてくれるはず・・・・だと思います。
ワンコの病気は飼い主さんの日頃のチェック次第です。

>ミモザmamaありがと
人間同様、ペットの場合もそれぞれの専門医を知っておくと助かりますね。
ルナchanよかったね!

投稿: マリア | 2008年6月 8日 (日) 09:02

サラの白内障、目薬のおかげか進行はゆっくりのようです。
ルナの角膜も後から症状が出た右目は完治。左目も半分くらいまで小さくなりました。
セミナーは行きたいけど、お仕事休めないなぁ・・・

投稿: ミモザ | 2008年6月 8日 (日) 06:24

鼻よりも、目の方が早く悪くるようですね!
以前、飼っていた老犬は目が見えなくなってホールに落ちてしまいました。私はその時長男を妊娠中だったのですが、深いホールに頭を入れて助けたのを覚えています。落ちたり、躓いたりしやすくなるので気を付けて上げないといけないな~って、思いました。今は私がホールに落ちそうですが・・・sweat01

投稿: ウィリーMam | 2008年6月 8日 (日) 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手紙 | トップページ | 警報 »