« 最後の一片 | トップページ | 二面相 »

2008年6月20日 (金)

唐土

Rimg0004

↑ 頭の先がちょっとトウモロコシ~


唐土と書いて(もろこし)と読む
もちろん、トウモロコシのことで、トウキビ、ナンバ、トウミギなんて
呼ばれることもあるらしい。


そろそろ美味しいのが食べられる季節らしい・・・というのも
ワタシ的には消化が良くないので、そうそう食べさせて貰えない

茹でてバターを付ける奥方様派と、醤油で炭火焼きの旦那様派
どちらも見方には読んで貰えないってカンジ

しかし、今では結構オシャレな食べ方もあるらしい

たとえば、“賀茂なすのソテー とうもろこしのザバイオーネ”。

夏の京野菜の賀茂なすに、トウモロコシをすり潰して生クリームと
バターを混ぜたソースで味わう一品。

ソテーした賀茂ナスにソースをたっぷりかけ、とうもろこしのすり潰し
玄米を薄焼きにしたおせんべいみたいなモノを飾ったオシャレな
お料理。

変わった健康料理で、ヨクイニン、トウモロコシ、トウモロコシのヒゲ、
豚胃袋のスープというのもある

“ヨクイニン(剥いた鳩麦のこと)、トウモロコシ、トウモロコシのヒゲ、
豚胃袋のスープ”は、豚胃袋ホルモン的おいしさとトウモロコシの
甘さが絶妙で、シンプルな一品。

トウモロコシのヒゲは、消化吸収を促進、利尿効果もあり、 一緒に
煮込む豚胃袋も消化器系の働きをよくし、ハトムギもムクミを取る
作用があるので、 身体の疲れているときには良さそう。


イタリアンでは「タリアテッレ、トウモロコシのソース」というのがある

トウモロコシ独特のあの甘い感じと、マスカルポーネチーズ入りの
クリーミーでコクのあるソースで味わうパスタで、缶詰のスィート
コーンで充分

意外といけるのが、「とうもろこし粉揚げ」

味の薄い魚をとうもろこしの粉でフライにするシンプルな料理だけど
揚げたてフライは、ポップコーンの香りで、バツグンってカンジ!

旦那様の夢は、自分で釣ったイワナをこのトウモロコシ揚げにして
食べることらしい・・・


■ となりの食卓
 ・ 海老グラタン
 ・ フレッシュサラダ
 ・ ガーリックトースト
 ・ 白ワイン
 ・ 甘夏  おこぼれあり

|

« 最後の一片 | トップページ | 二面相 »

コメント

>みっちゃんmamaありがと
トウモロコシは鮮度が命、もいでから二時間以内に食べるのがベストだそうです。

投稿: マリア | 2008年6月26日 (木) 08:41

こっちには黄色目のと白っぽいのとがあるのですが、こっちの方が断然甘みがあって美味しいです。
軽く茹でてからさっとBBQで焼いて食べてます。

投稿: みっちゃん | 2008年6月26日 (木) 00:56

>ミモザmamaありがと
トウモロコシの不思議!
あの髭の数と粒の数は同じだそうですbell
一度数えてみてください!

投稿: マリア | 2008年6月22日 (日) 09:55

そろそろシーズンですね~
嬬恋のもろこしはとても美味しいんですよ。
ぜひ食べに来てくださ~い。
とても美味しいから、料理用に毎年朝取立てのをすぐにさっと茹でて粒を冷凍してます。

投稿: ミモザ | 2008年6月22日 (日) 09:16

>エリサラpapaありがと
美味しいのはいいんだけど、歯に挟まった時が大変、なかなかとれないのですよ

>ブルボンmamaありがと
農家の庭先に干してある赤や黒や黄色になった乾燥トウモロコシも綺麗ですね~
東京ではインテリア雑貨としてしか見かけなくなりました。

投稿: マリア | 2008年6月21日 (土) 20:25

佐賀には餅キビというトウモロコシがありますが今出回っている大きくて甘く柔らかい外来のトウモロコシと違い、小さくて歯ごたえがあるモチモチとした食感のトウモロコシです。高齢の方に懐かしさから好まれます。私も大好きです。
でも色々なお料理ができる甘いトウモロコシもいいですねぇ~。

投稿: ブルボン | 2008年6月21日 (土) 20:09

焼きとうもろこしの焼けた醤油の香り、たまりませんね~。
ビールも美味いし、最高~。

家では、茹でたトウモロコシが多いかな。

投稿: エリサラパパ | 2008年6月21日 (土) 18:49

>みっちゃんmamaありがと
幾つになっても、あの素朴なカンジはよいですね~そちらでも食べられますか?

>CM44ママありがと
オオ~さすが本場!コーンミールを普通に売っていますか。でも、今やコーンは貴重品になってきました。

>kylano3ママありがと
半生状態で食べるのは日本だけのようです。後は大抵乾燥させてから戻して食べていますね。

投稿: マリア | 2008年6月21日 (土) 10:40

やっぱり、焼トウモロコシに醤油!!!!

残念なのは、こちらの人たち、缶詰コーン以外はほとんど食べない。

そこらじゅうにコーン畑が広がってるのに、全て「家畜用」。

一度、ちょっとよその畑のを「しっけい」して食べてみました。
若いのなら充分人間用になります。
普通サイズに育ったものは、ちょっとcoldsweats02

投稿: kylano3 | 2008年6月21日 (土) 00:06

私は奥様とアテルイさんのMIXでバター醤油on炭火というのが食べたいです。
我家でもたまに作りますよ。とうもろこしの粉であげるもの。
コーンミールといって粉になって売っています。チキンでもよし、魚でもよし。
その粉でパンも焼きます。
南部の州のほうが頻繁に料理にでてきますね~~。ハッシュパピィ(コーンミールにオニオンフレーバーを付けて揚げた一口ドーナツのようなもの)など大好きです。

投稿: CM44 | 2008年6月20日 (金) 23:15

トウモロコシはやっぱり醤油をつけて焼いたのですね。
子供の頃出店で必ず買ってもらうのはトウモロコシでした。あの醤油の香りと共に独特の甘さがいいね〜〜
日本の夏の一品やで。

投稿: みっちゃん | 2008年6月20日 (金) 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後の一片 | トップページ | 二面相 »