« 激突 | トップページ | 珍味 »

2008年9月13日 (土)

ある事件(仏国)

Rimg0138

↑ ワタシにも出来るかなぁ~

旦那様が興味ある話を聞いてきた。

フランスで殺人事件の証人として、裁判所に1匹の犬が
召喚されるという前代未聞の出来事があったそうだ。

当時59歳の女性がパリの自宅アパートで首つり状態で
発見されたのは、今から2年半前。

現場には彼女の飼犬もいたらしい。警察は自殺と断定し
たが、女性の家族は殺人事件として捜査をするよう要望。

裁判所で予審が開かれ、その飼犬は獣医に伴われ証
言台に立つことに。犬の反応を見るため、容疑者とそこで
対面させたところ、犬は激しく吠え立てたという。

審問中、裁判所書記官は「犬の吠声をすべて録音」し、
「反対尋問中の犬の態度」についても書留めるよう指示
されたという。

また、審問は傍聴人や報道機関を締め出して行われた。

裁判官は犬の「立派な行動と貴重な援助」を褒めたと
言われる。

同裁判所の報道官によると、犬が刑事事件の目撃者と
して法廷に現れたのは、フランスでは(そして、おそらく
世界でも)今回が初めてだという。

しかしながら、中世のフランスでは動物裁判というものが
あり、殺人から器物損壊に至るまで様々な犯罪で起訴さ
れた動物が、人間と同様、民法に基づき裁かれていた
らしく、元々下地はあったようだ。

Dog appears as witness in murder trial


■ となりの食卓
 ・ 釜揚げシラス丼
 ・ ポークソテー
 ・ フレッシュサラダ
 ・ みそ汁
 ・ 黄桃   おこぼれあり

|

« 激突 | トップページ | 珍味 »

コメント

>みっちゃんmamaありがと
少し前に犬の鳴き声の翻訳機なるモノが発売されました。
それで解読できないでしょうかねぇ~

投稿: マリア | 2008年9月17日 (水) 21:03

ちょっと無理が在る様に思いますね。
ご主人を失った悲しみは分かるでしょうが。。。

投稿: みっちゃん | 2008年9月17日 (水) 14:04

>アテモレmamaありがと
スーツには毎日のように白いロン毛が着いています。
もしもマリアが金髪なら良いカモフラージュになったかも・・・・(*´v゚*)ゞ

>Kylano3ママありがと
日本にいるとそろそろ無関係とはいってられません。
陪審員制度が始まります。まあ、品格で失格となるでしょうけどね・・・

投稿: マリア | 2008年9月14日 (日) 18:37

ヘーッ、これはすごい!

まだまだ「介護犬」さえ認められないような日本では、絶対ありえないでしょうね。

でも、裁判所なんて「無関係」でいたいですね。

投稿: kylano3 | 2008年9月13日 (土) 22:24

日本でも盗難にあった車が自分のものだと証明するのに犬の毛が決め手になったというのがありましたね?
犬の毛なら私はいろんなところに証拠撒き散らしているのでタイヘンです。

投稿: アテモレ | 2008年9月13日 (土) 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 激突 | トップページ | 珍味 »