« エッ!もうそんな季節! | トップページ | 十三 »

2008年10月 9日 (木)

Dog of Valor

Rimg0035

↑ わっ!脅かさないで下さいよ~


日本語にすると「勇気ある犬」というような訳になる

だんだんとワタシには無縁の言葉になってきて、最近は何かと
へっぴり腰、旦那様曰く、ペット化が進んだ証拠らしい。

大体、犬は丸まったり、伏せして寝るものなのに、食後いきなり
横倒しになっていびきかいて寝るなんて間違っているし、毎晩
フルーツ食べている犬もおかしいらしい。

鳩が一匹ならセットするくせに、10羽ほどが集団でいると遠回り
して避けようという行為など言語道断ってカンジ。

少しはこのBuffy-chanを見習いなさいと教えてくれた


米国愛護協会(HSUS)が選んだValor Dog of the Year
飼い主を襲う強盗に飛びつき被弾死した犬“バフィ”

米カリフォルニア州オークランドにて、飼い主に銃を向ける強盗に
飛びつき、撃たれて死亡した7歳のジャーマン・シェパードの
“バフィ”が、愛護協会から、最も勇敢な犬に贈られるドッグ・オブ・
バロー賞を授与された。

事件は昨年1月、バフィの飼い主が自宅に帰った際、あとをつけて
いた男に玄関前で銃を突きつけられ、所持金品を要求された。

そこに、自宅庭に出ていた飼い犬のバフィ(7才、♀)が主人が
襲われていることに気付き、すぐさま強盗に飛びついた。

強盗はバフィに対し2発発砲。そのうちの1発がバフィの左前足に
当たった。

飼い主のバートリーさんは足から大量に出血するバフィを病院に
連れて行き、足の治療には成功。しかし、その以前から患って
いた腎臓の病のため、被弾後に弱ったバフィはエサを口にしなく
なり、翌月に永眠した。

そして今年、米国愛護協会The Humane Society of the United
Statesは、この勇気に対して、最も勇敢な犬に贈られるドッグ・
オブ・バロー賞を授与。

同協会は、「バフィの勇気と彼女の家族への献身は、この賞が
何のためにあるかを証明しています。我々は、バフィの家族に
この賞を提示できることを誇りに思い、この賞を通して彼らが
感じる痛みを少しでも和らげてくれることを望みます。」と話し
ている。

ちょっと耳が痛い・・・・


■ となりの食卓
 ・ 鰤の照り焼き
 ・ 烏賊そうめん
 ・ 五目ひじき煮
 ・ 小松菜のお浸し
 ・ 納豆汁
 ・ 葡萄  おこぼれあり


|

« エッ!もうそんな季節! | トップページ | 十三 »

コメント

>Kylano3ママありがと
昔はもっと闘争本能がありました。
最近はすっかり怠け癖がついています。

>みっちゃんmamaありがと
Oakland Raidersは贔屓のチームです。
でも、いかにもガラが悪そうですね~

投稿: マリア | 2008年10月10日 (金) 06:54

ペットから頂いた命、大切にして欲しいですね。
それにしても、なんと勇気在る犬なんだろう。。。
勇気だけじゃないんだろうね。ご主人を守りたい、大きな愛ですよ。

以前、オークランドの隣街で住んでたのですが、ここはホンマ毎日犯罪が絶えない街です。

投稿: みっちゃん | 2008年10月10日 (金) 01:15

う~~ん、考えちゃいますね。。。

確かに「勇敢」でも、こんなに勇敢な犬じゃなくていいや。ケガしてほしくないもの!!!!

鳩が10羽でしり込みしたり、毎日フルーツ食べて、グーグーいびき。それでいいんですよ、マリアちゃん。うちの子達も同類です!

投稿: kylano3 | 2008年10月 9日 (木) 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エッ!もうそんな季節! | トップページ | 十三 »