« 感じる不思議 | トップページ | 今すぐ出来る動物愛護 その2 »

2008年11月25日 (火)

今すぐ出来る動物愛護 その1

Rimg0015

↑ 二足歩行の隠し芸!

東京に「動物支援愛護の会」というボランティア団体があるそうだ。

我が家がお世話になっている会ではないし、会の方と交流がある
わけではない。
だけど、なかなか興味深いお話なので少し勉強してみた。

代表の Marco Bruno(マルコ・ブルーノ)氏は豪州人で、長くボラン
ティア活動を続け、ペットに関する多くの著書があり、現在は山梨県
内の犬捨て山の犬たちの保護活動を中心に国内の飼い主のモラル
向上を願い啓蒙活動を続ける方だ。

そのマルコ氏が「ペットと共存するための社会を作るマニフェスト」を
作られた。10年計画だそうだ。

氏によると、日本は、年間40万頭以上の犬や猫が行政によって
殺処分されており、先進国では例を見ないほど悲惨な状況らしい。

確かに、知人の話などを聞くと、欧州の現状とは雲泥の差がある。
そこでマルコ氏は、これから10年をめどに、確実に殺処分の数を
減らすため、「動物愛護および保護を普及させるためのマニフェスト」
で、具体的な改善方法を提案したのです。

賛否はあると思うけど、旦那様にとって勉強に値することらしい。

まず、現状の問題点として、以下の大きな問題があるということだ
① 野放しにされている生体販売業者
② 規制と基本的なルールのないペット繁殖
③ ペットを飼う資格のない無責任な飼い主
④ 実行力のない人間中心の動物愛護法
⑤「命」に関する子ども教育のあり方
⑥伝統的に動物に対する閉鎖的な日本社会。

まず、これ以上不幸な犬や猫を増やさないため、大元の繁殖を
減らすことが急務らしい。

10年計画のマニフェストでは、「第1段階の5年間プラン」で、まず、
「ペットの販売と購入のハードルを高くすることによって、無責任に
繁殖され、飼育される動物の数を減らす」ことだそうだ。

続きは明日。

■ となりの食卓
 ・ お刺身盛り合わせ
 ・ 揚げシュウマイ
 ・ 生麩の田楽
 ・ 菜の花のお浸し
 ・ 南瓜煮
 ・ みそ汁
 ・ ラ・フランス  おこぼれあり

|

« 感じる不思議 | トップページ | 今すぐ出来る動物愛護 その2 »

コメント

>みっちゃんmamaありがと
難しい問題です。いずれ地球規模で考えなくてはいけないことなのでしょう

>コロmamaありがと
自分主義の典型です。他人やペットに愛情を感じていないからそうなるのです。

>Kylano3ママありがと
東京4大学(武蔵・学習院・成蹊・成城)ですね。なぁ~るほど!

投稿: マリア | 2008年11月26日 (水) 17:35

成城の馬術部。

成蹊は「4大学」で仲間だったので、よく試合に行きました!
(若かりし頃。。。。。。。。。。。。。。)

投稿: kylano3 | 2008年11月26日 (水) 16:41

今の日本の現実を知ると、ホントにやりきれなくなります。
片やお犬様お猫様で異常なほどペット産業が加熱しているかと思えば、処分されてしまう犬猫が後を絶たないこの日本。
その中で、地道に活動をしている保護団体の方々には頭が下がります。

先ず人間教育が必要なのでしょうかねぇ。
犬猫をポイって捨ててしまう人って、どうしてそうなちゃうんでしょうか、わかりません。

投稿: コロママ | 2008年11月26日 (水) 10:41

繁殖を減らすのは大事ですね。
それは人間にもいえてるんです。一緒にしちゃーいけませんが、飢えで毎日亡くなってる国程子沢山なんですね。

投稿: みっちゃん | 2008年11月26日 (水) 09:23

>ミモザmamaありがと
悲しいかなトレンドに弱い日本人の宿命です。
飽きるのも早い。
2~3年盛り上がっていたボジョレーヌーボーも、今年は去年の半分の量しか捌けていません。

投稿: マリア | 2008年11月26日 (水) 07:22

>Koyaパパありがと
猫は繁殖率が高いし、プータローだし、放置すると大変です。
地域猫という取り組みも拡がっています。

>Kylano3ママありがと
よくご存じ!そうです、成蹊の馬場です。休日のロードワークの休憩地点です!
ひょっとしてママさんは成蹊の馬術部?

繋がれっぱなしで手入れ無しの大型犬居ます。愛護団体の方が抗議したら番犬として飼っているから良いのだという返事です。
愛情はまったく感じられなかったそうです

投稿: マリア | 2008年11月26日 (水) 07:15

悲しいことに、動物はモノ扱いの国ですから・・・。
なかなか大変だと思います。
繁殖も流行犬種は・・・といううような状態になって、いろいろ問題が出てきていますしね。
どうにもやりきれない現状がありますね。

投稿: ミモザ | 2008年11月26日 (水) 06:00

もう一度。

このマリアちゃんの写真は、どうも成蹊大学の馬場に見えますが。。。。。。。

投稿: kylano3 | 2008年11月26日 (水) 00:38

>ペットの販売と購入のハードルを高くすることによって、無責任に繁殖され、飼育される動物の数を減らす。

これは大賛成。
ただ自分の「スティタス」のためだけに、大型犬を飼っていた人がいました。とってもいい子だったのに、常にケージに入れられてました。
拷問ですよね!

投稿: kylano3 | 2008年11月26日 (水) 00:36

私の会社にペットセレモニーの部門があります。
合同供養のお墓がありまして、昔はダンボールに入った犬・猫が捨てられました。(チビも15年前の捨て犬です)
雑種の仔犬は最近は皆無だけど、最近は、ノーリードの成犬の小型犬が・・・仔猫は減ってません。
私としては、犬より猫の飼主のモラルが問題かも?

投稿: koya | 2008年11月25日 (火) 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感じる不思議 | トップページ | 今すぐ出来る動物愛護 その2 »