« イブは静かに・・・・ | トップページ | 寒波襲来 »

2008年12月25日 (木)

指針

Dscf1156


MERRY CHRISTMAS !


Dscf1149
↑ リースの首飾りは重たいので冠り物にしました

玄関リースの中に居るのはRoyal DoultonのEnglish setter 
ようやく格安で入手できました!

Bone Chinaだけどこの中国製は価値があると、中国製品敬遠ムード
の中で旦那様はご満悦

中国産ペットフード原料のメラニン混入で大騒ぎして以来、日本でも
ペットフードの基準改善が始まったけど、外国に比べて、まだまだ
甘いというカンジ

環境、農林水産両省の審議会は、国内で流通する犬と猫用のペット
フード全てに、賞味期限や原産国の表示を義務付けることを決めた。

これまでは業界団体「ペットフード公正取引協議会」が定めた自主
基準に基づき表示されていたが、来年6月に施行される「愛がん
動物用飼料の安全性の確保に関する法律」に基づく省令に盛り
込まれる

ところが、審議会では「製造過程のうち最終加工の工程を完了した
国を「原産国」とし、日本で工程を完了した場合は「国産」と表示
できる。」というもので、仮に中国ですべて製造して最後に日本で
リパックすれば「国産」となるってカンジ。

ほかに、使用された原材料や添加物はすべて表示することを原則と
するほか、製造、輸入、販売いずれかの業者名と所在地を明記する
ことも義務付ける、としていけど、省令指導じゃ罰則はないし、守った
メーカーが損をするだけらしい。

結局は、飼い主が自己防衛するしか無いのかもしれませんね~

■ となりの食卓
 ・ 鱧入り鱈ちり鍋
 ・ 讃岐うどん
 ・ 苺  おこぼれあり

|

« イブは静かに・・・・ | トップページ | 寒波襲来 »

コメント

>Kylano3ママありがと
今週は遊ばれています。序列が一番下なので逆らえません。

投稿: マリア | 2008年12月26日 (金) 20:21

マリアちゃん、最近「動くクリスマスオーナメント」になってない?!

時々、おとーさんやおかーさんにも冠りものを載せてあげたら。

このロイヤルドルトン、スゴイ!
ESものってほんと少ないですよね。

投稿: kylano3 | 2008年12月26日 (金) 18:08

>ユミmamaありがと
手作りは手作りで色々問題もあります。栄養が足りているだろうか?必要な成分が欠けていないだろうか?
常に試行錯誤です。

>ボンピチmamaありがと
年齢に関係なくプレゼントはうれしいものですね。
ママさんのところみたいにリッチなサンタさんだと尚更~
プシケーchan元気ですか?

投稿: マリア | 2008年12月26日 (金) 13:01

きゃ~、参りました、最高のリースですねup

ロイヤルドルトンにこんなシリーズがあったのですね。素敵~~lovely

日本ではクリスマスイブがクリスマスの日みたいですけど、さすが正当派のアテルイさんは違います。
わが家も昔は25日の朝起きると、不思議不思議サンタさんからのプレゼントが並んでいました

投稿: ボンピチ | 2008年12月26日 (金) 10:38

>みっちゃんmamaありがと
食べ物の誘惑には人間ですら負けてしまいます。
う~ん、またしても人間のエゴが出てしまいましたか!

>ミモザmamaありがと
ハイ、重たいのでベットルームのドアに架けさせていただきます。一年間我が家を守ってくれるでしょう。

投稿: マリア | 2008年12月26日 (金) 07:02

マリアちゃん、冠り物重そうですねー。
遊ばないで下さいって声が聞こえますよ~。

ペットフード選びほんとに難しいです。
手作りの割合を出来るだけ大きくしたいと思っています。

投稿: ユミ | 2008年12月26日 (金) 06:59

Royal Doultonのセター素敵ですね~
ふふ・・・マリアちゃん、冠り物でも重そうよ・・・

ペットフードも今、種類が増え、飼い主さんのこだわりもあるから、少しは良い方向になっていくのでしょうね。

投稿: ミモザ | 2008年12月26日 (金) 06:38

我が身は自分で守るしかないのは確か。
でもワンコは字も読めないし、毒入りも分からなく美味しそうだったら食べちゃうもんね。やっぱり、飼い主さんが守ってあげるしかないのです。

今日の新聞に英国では不況の為、捨て犬が増え過ぎてシェルターが満室状態。可哀想にワンコ達の行き場が無くなってる様です。\(*`∧´)/

投稿: みっちゃん | 2008年12月26日 (金) 06:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イブは静かに・・・・ | トップページ | 寒波襲来 »