« みんな思い当たる? | トップページ | ワタシのせいではない »

2008年12月11日 (木)

狼と過ごす

2008_11230008

↑ 獲物はどこだ?


旦那様はワンコだけではなく、狼も好きらしい。

もちろん飼ったことはないワケだけど、十数年前はアメリカの狼保護
団体の援助会員だったこともある。

ひねくれ者の男性には結構狼好きが多いのらしいけど、そんな方に
おすすめなのがこれ

中国のサファリパークは、野生のオオカミ36頭と3日間を過ごす勇気
ある人3人を募集しているそうだ。

西安の秦嶺野生動物公園は、地上10フィートの木の上に建てた
小屋で3人に滞在してもらうと、地元紙が伝えています。

募集しているのは22歳から45歳までの3人で、彼らにはおよそ500
ポンドの現金と証明書が手渡されますが、その代わりに木の上の
小屋で丸三日間過ごさなくてはならないのだそうです。

その上、彼らはそれぞれ300文字の記事を3本と写真を8カット、
そして毎日2本ずつのビデオ撮影をこなさなくてはなりません。

小屋の下にいるオオカミ36頭は3歳から10歳の「とても野性的な」
オオカミだそうです。

「3人の安全は小屋で確保されます。それに携帯無線を身につけて
いただきますし、こちらでも24時間態勢で小屋をモニターさせていた
だきます。

万が一の場合は麻酔入りのダーツをオオカミに撃ち込むことも出来
ます」と、動物公園は言っているワケ。


この試みは地元テレビでも生放送で中継されます。これまでのところ
募集開始から2日間で女性数人を含む600人以上の応募があった
そうです。


いくら木の上の小屋とはいえ、下を見ればほぼいつも野生の狼が
うろうろしているわけですよね。安全は確保するとは言うものの、
アバウトな中国だし、不測の事態ってのはあるわけですし……

旦那様も「狼少年ケン」になるのには年をとりすぎているので辞退
するそうです

■ となりの食卓
 ・ シーフードグラタン
 ・ フレッシュサラダ
 ・ 白ワイン
 ・ 蜜入りリンゴ   おこぼれあり

|

« みんな思い当たる? | トップページ | ワタシのせいではない »

コメント

>Kylano3ママありがと
よっぽど嫌な思いをされたのですね。
20数年前杭州へ少し足を踏み入れたことがあります。
なじめませんでした・・・

投稿: マリア | 2008年12月12日 (金) 20:39

ご辞退もうしあげます!!!!

3日間、木の上に篭城状態になる。。。。。

モニターで3人を「面白がって見る」ことはしますが。。。。

それに、中国へ行ってから、「中国不信」が私の体に広がってしまって。

投稿: kylano3 | 2008年12月12日 (金) 18:13

>コロmamaありがと
すごい記憶力ですね!こっちは一昨日の夕食メニューも覚えていないのに・・・
そのための「となりの食卓」です。

投稿: マリア | 2008年12月12日 (金) 14:19

こういうのは出来ませ~ん。
狼の中って言うのも嫌だし、小屋に3日間っていうのもダメだわぁ。

狼王ロボ、好きでした~。
昔やっていたTVのディズニーもよくアニメじゃない動物物語をやっていました。
少年と鷹(多分)も泣けました。
プロレスと隔週だったような・・・。
コマーシャルは「ワ・ワ・ワ~輪がみっつ」だったわ。

投稿: コロママ | 2008年12月12日 (金) 09:52

>ミモザmamaありがと
ディズニーの映画にもなりましたね。
大好きな宇野重吉がナレーションをやっていました。もちろん、涙無しでは読めません。

投稿: マリア | 2008年12月12日 (金) 07:31

狼というと私の中ではシートンの狼王ロボですね~
ブランカが捕まって、慎重だったロボも捕まってしまい、最後の死は泣けました・・・
小学校の時なのに、挿絵もしっかり覚えています。
もちろん、狼少年ケンも覚えていますけど。

投稿: ミモザ | 2008年12月12日 (金) 07:15

>みっちゃんmamaありがと
日本の場合、大抵はTVのバラエティ番組ですけど・・・・中国の場合は?
結構真面目な研究かもしれません。

投稿: マリア | 2008年12月12日 (金) 07:04

何の為にこんな事やるんだろう。。。?
こんな事を思いつくのが考えられへんわ。

アメリカにはクマ大好きな人が皆が制止するのを振り切って野生クマの廻りにテントで何ヶ月も住んでましたが食べられちゃいましたよ。この場合は自分からされた事なんですよね。

投稿: みっちゃん | 2008年12月12日 (金) 00:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みんな思い当たる? | トップページ | ワタシのせいではない »