« 期待の犬種 | トップページ | 86位 »

2009年1月21日 (水)

学力低下

Dscf1106

↑ オモチャを破壊する能力は一級品! 

保護犬であるワタシは血統書などとは無縁のワケ。

まあ、氏素性は定かではないけど、ポメラニアンやコーギーで無い
ことは確かだ。

でも、どうせ犬を飼うなら純血種がいいと、血統書付きの犬は高値
ながらも絶大な人気があるカンジ。

ところが英紙デイリー・テレグラフによると、最近の純血種は以前に
比べて、メンタル・知能が落ちてきているというらしい。


そもそも、一昔以前までは、犬の選択基準は強さと運動能力が全て
でした。多くは番犬として、その能力を重要視して飼っていたのです。

ところが現代では、以前と同じ犬種でありながら明らかに命令に対
する感応が鈍く、警戒心も欠けているそうです。

スウェーデンの科学者によると、外観重視で交配されているため、
知能が低下が進んでいることが判明しているとのことらしい。

純血種が選ばれるときの基準は、毛並みや顔等のルックスが主で
素早いリアクションや匂いをかぎ分ける能力などは選ばれなくなって
います。

ドッグショー等で競う犬にも、一定の基準に達したルックスは必要で
また、海外のセレブなファッションの一部としてチワワやパピヨンと
いった、ハンドバッグ・ドッグと呼ばれる小さな犬たちが流行している
のも、見た目重視の風潮に乗ったモノだというワケ。

1万3千匹を調査した学者は、人に好かれやすい犬のキャラクターが
内向的だったり、退屈な犬だったりという傾向が大きく関係している
と述べています。

特に知能の退化が激しいのは、かつて牧羊犬だったコリー犬や、
狩猟犬だったローデシアン・リッジバックだそうです。

愛玩犬という性質上、賢さより見た目というのは仕方ないことかも
しれませんが、本来の能力まで無くしてしまうのはいかがなモノか?

詳しくはこちら → book


■ となりの食卓
 ・ 茶碗蒸し
 ・ 鰆の粕漬け
 ・ 小松菜のお浸し
 ・ 桜エビの混ぜ御飯
 ・ 苺  おこぼれあり

|

« 期待の犬種 | トップページ | 86位 »

コメント

>コロmamaありがと
知能というより能力の退化ですね。
いくら目の良いマサイ族でも都会に住んでいれば視力が落ちるのと同じですね。

>みっちゃんmamaありがと
そうそう、研がない包丁は切れません。やっぱり出来る人はそれなりに努力しているのですよ

投稿: マリア | 2009年1月23日 (金) 15:48

人でも頭のいい家系からけったいなヤツ生まれてるもんな。。。
逆に鳶が鷹を生んでるし。
血統なんて関係無いで。

投稿: みっちゃん | 2009年1月23日 (金) 13:25

先日ドッグランで一緒になったローデシアンリッジバックは気が優しくてまったり君でした。
あらまぁ、もっとも知能の退化が激しいなんて言われちゃって、可愛そうに・・・。

あるブリーダーさんのところのゴールデンはとてもシャイらしい。
ブリーダーさん曰く、もともとゴールデンはシャイだとか。
え~、いつからゴールデンってシャイになったの?って思いましたが。

投稿: コロママ | 2009年1月23日 (金) 09:13

>ミモザmamaありがと
昔と今とは犬(ペット)に対して求めているものが違います。
過去のように単純ではなくなったし、取り巻く環境も違います。
だから、精神的脱毛症や胃潰瘍になるワンコが出てくるのですね。

投稿: マリア | 2009年1月22日 (木) 20:54

学力も体力も低下しているのかも・・・ってワンのこといえないんですけれど。
外見重視してしまう気持ちはわからなくもないけれど、やっぱり健康+性格で長い時間一緒にいられるといいなぁ。

投稿: ミモザ | 2009年1月22日 (木) 18:18

>Koyaパパありがと
来た当時はフィールドの特性丸出しでした。
年月と共に野生は失せ、単なるぐうたら犬化しています。順応同化の技はすごいです。

投稿: マリア | 2009年1月22日 (木) 17:10

うちは最初はフィールドの専門犬舎にEセターを見に行きましたが、ベンチの魅力に敵いませんでした。
猟に連れて行く事はなく、ペットとして飼っているので良い選択だったかも。
マリアちゃんは保護犬には見えません。とってもゴージャスで何時もカワイイですよ。

投稿: koya | 2009年1月22日 (木) 16:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 期待の犬種 | トップページ | 86位 »