« 初○○○ | トップページ | マイクロチップ週間 »

2009年1月 5日 (月)

ポチ袋は犬袋にあらず

2008_12280012

↑ ダイエット階段登りです

旦那様は今日が仕事始め

ワタシもお正月の自堕落な生活から脱皮しなくてはいけないワケ
かといって、正月明けの大掃除に追われる奥方様が相手してくれる
暇もないので、結局はお昼寝をして過ごすしかない

挨拶回りに追われる旦那様が帰ってきて、聞かせてくれた話

会社の部下が「お教え願いたいことがあります」と、昼休みに来た。
「祖母が『ポチ袋を買ってきてくれ』と言いました。今年は丑年なので
犬柄は無い!といっても、『何でも良いからポチ袋』と、言います。
犬に詳しいから、犬柄のお年玉袋売っているところご存じでしょうか」

・・・・・どうやら「ポチ袋」=「ポチ柄の袋」という解釈らしい

確かに本木版刷りの子犬柄祝儀袋を年中売っている処は知っている
しかし、おばあさまの言う「ポチ袋」は単なる祝儀袋のことだ。

この「ポチ」は、関西の花柳界で使うご祝儀という意味の言葉

少ないことを「これっぽっち」というように、ほんの僅か、小さな点と
言う意味があって、芸妓さんなどへの少額の祝儀という意味で
「ポチ袋」という意味になったらしいというワケだ

だから「これっぽっち袋」という意味だよ。と、教えてあげたら
「さすが!よくご存じですね~ウチの祖母と話が合いそうだ!」と、
妙な関心のされ方をしたそうだ。

■ となりの食卓
 ・ オムライス
 ・ カブのスープ
 ・ フレッシュサラダ
 ・ リンゴ  おこぼれあり


|

« 初○○○ | トップページ | マイクロチップ週間 »

コメント

>みっちゃんmamaありがと
ご安心ください!
犬の名前の「ポチ」の語源については、フランス語の「petit」(プチ=小さい)、英語の「spotty」(スポッティ = ブチの犬)などの説があるそうです。
きっと可愛いワンちゃんだったのでしょう。

投稿: マリア | 2009年1月 7日 (水) 14:07

成る程、これっぽっちでポチですか。
私が子供の頃に飼ってた犬の名前がポチだったんですが、酷いネーミングだったんだ。。。ごめんよ、ポチ。

投稿: みっちゃん | 2009年1月 7日 (水) 11:09

>ミモザmamaありがと
・・・・・なんとお答えして良いのか?
利益に結びつかない知恵ばかりで、肝心なところが欠けています。

投稿: マリア | 2009年1月 6日 (火) 20:38

ぽち袋という言葉、何となくかわいくて好きです。
それにしても、パパさんは、ワンからご年配の方までオールマイティなのですね~happy01

投稿: ミモザ | 2009年1月 6日 (火) 17:07

>コロmamaありがと
ポチ=犬、たま=猫、まだまだ通用します。
因みにおばあさまのお年は85歳だそうです!ワタシの立場はどうなるのでしょう~

投稿: マリア | 2009年1月 6日 (火) 16:22

部下の方の最後のコメント、どう反応したらいいのやら・・・catface

ポチ柄の袋とは考えてみたこともなかったなぁ~。
外国育ちの方なんでしょうか?
でも、聞いて来るだけ素直で可愛いか・・・。

投稿: コロママ | 2009年1月 6日 (火) 15:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初○○○ | トップページ | マイクロチップ週間 »