« 知られてはまずいこと | トップページ | 「ジャングル・ブック」もどき »

2009年2月26日 (木)

病気探知犬

Dscf1636

↑ なんだか青臭い

ベットに上がり込んで、さあお休みなさい~という段になって、
なんだか匂う。

なんとなく生臭いそうな臭いのワケ。鼻先に神経を集中して匂うと、
どうやら奥方様の頭付近が臭いの源。匍匐前進で突撃すると、
ありました!枕の下にワタシの囓りかけのテニスボール。

昼間のお昼寝の際、オモチャとして持ち込んですっかり忘れていた

ワタシの涎がしっかりしみこんでいて匂ったのだけど、お二人様は
全く気づかず、頭に突撃されて掘り起こされた奥方様はすっかり
おかんむりだった。


英国に住むバーンズさん(64)はある日、飼い犬の「マックス」の
行動がおかしいことに気付いた。いつも活発だったマックスが元気
を失い、モーリーンさんの息をかいだり、右胸を軽く押したりするよう
になったのだという。

この行動を不思議に思った彼女は、両胸を触ってみたところ右胸に
小さなしこりを感じたため病院へいったという。

彼女はX線撮影検査を受けたが、検査に異常は見られなかった。
それでも納得できなかった彼女は、しこりの生体検査を依頼した。

生体検査で、右胸に悪性の腫瘍があることが判明。手術を経て
、彼女の体からは腫瘍が無事に摘出された。

マックスの一連の行動について、モーリーンさんは「マックスも高齢
だからだろう、と初めは思っていました。あまり遊ばなくなったし、
目が悲しそうでした。右胸にしこりを感じた時、マックスはとても悲し
そうにしていました。それで、乳がんがあるんだと即感じたんです」

「退院して自宅に戻ったわたしを見て、マックスはうれしそうにして
いました。手術の傷あとのにおいをかいで、しっぽを振っていました
そして今ではわたしの息を少しもかがなくなりました」と話す。

マックスの行動について「驚くべきことではない」と語るのは、ヒトの
呼気をかぎ分けて疾病を探知する“病気探知犬”のトレーニング施設
「Cancer and Bio-detection Dogs」のトレーナーだ。

イヌの嗅覚はヒトの二桁以上鋭いと言われており、日本でもイヌが
乳がんや肺がん、その他内臓系の疾患を高確率でかぎ分けたとの
報告が多くあり、千葉にあるがん探知犬育成センターで訓練されて
いる。
判定精度は99%以上。人の呼気を嗅いだだけで、がんを発見して
くれるというのだ。

ここで有名なのはマリーンchanで四年の間に、病院では発見され
なかったがんを五件発見しているそうだ。

■ となりの食卓
 ・ 鯖の塩焼き
 ・ ホタテのブラックペパーソテー
 ・ 蚕豆入りの春サラダ
 ・ けんちん汁
 ・ 苺  おこぼれあり


|

« 知られてはまずいこと | トップページ | 「ジャングル・ブック」もどき »

コメント

>みっちゃんmamaありがと
スカンクの臭いというのはバックスバニーの漫画でしか観たことがありません。
一度体験してみたい気は大いにあります。

投稿: マリア | 2009年2月28日 (土) 06:54

動物の方が断然、繊細ですからね。

おばちゃまの周辺はよくスカンクの匂いで頭が痛くなるのよ〜〜 ∑(=゚ω゚=;)

投稿: みっちゃん | 2009年2月28日 (土) 01:17

>Gigママありがと
女性の感もなかなかのものですね。
ママさんのバイト探し能力も、動物並みかも~

>ブルボンmamaありがと
ボンchan検診してあげてるのでしょうね~
ママさんの頭を臭うというのは・・・・トリートメントの香りが気に入ったのでしょう!

投稿: マリア | 2009年2月27日 (金) 20:18

そういえば最近、ボンがステラをさかんにクンクンするんですよ。きっと何かを感じているのかも。
それにボンは私の頭もクンクンするんですよ。
脳みそが腐ってるのがわかるのかも

投稿: ブルボン | 2009年2月27日 (金) 20:00

以前、私もテレビで見た事があります。
癌の患者さんの息の臭いを嗅いで分かると言う犬のお話・・・
ホスピスなどに行くと癌患者さん特有の何か臭いと言う物があるらしいですね。
人間よりはるかに優れた嗅覚を持つ犬にはいち早くそれが分かるとか。

やっぱり動物の能力って凄い

投稿: bigママ | 2009年2月27日 (金) 19:09

>コロmamaありがと
エッ!大根おろしに反応する?
大型犬が優しく傍らに寄り添ってくれれば、誰でも心休まりますね。

>ボンピチmamaありがと
五感を超えた第六感の様なモノが発達しているのでしょうね
マリアが悲しそうな顔をするのは、おこぼれもらえないと解った時です

投稿: マリア | 2009年2月27日 (金) 14:55

最初にワンコがガンを見つけるって話をアメリカの本で読んだときは、すごく不思議で感動しました。その後呼気の臭気をかぎわけるっていうのをTVで見ましたけど、その部位はどうしてわかるのでしょう?? 

このワンちゃんの悲しそうな顔っていうのが、やはり感動的。やっぱり飼い主への愛のなせる業って思いたいですよね。

投稿: ボンピチ | 2009年2月27日 (金) 09:47

病気探知犬、ガンだけじゃなく、飼い主の発作を起きる前に察知するワンコもいましたね。

あと、外国の老人ホームで、死期が近づいた人を察知して、そこに行って添い寝するワンコも。
この子、嫌がられるかと思いきや、かえって家族が集まって皆で暖かく送れるから、とても喜ばれて可愛がられているそうです。

我が家は、察知するのは、大根おろしをおろそうかな~という気配とか・・・。

投稿: コロママ | 2009年2月27日 (金) 09:47

>Kylano3ママありがと
そういう時は一発けっ飛ばせば動くのではないですか?
カイラchan優しいねぇ~

>ミモザmamaありがと
マリアがクンクン臭ってわかるのは、こちらが内緒で食べた御菓子の形跡ぐらいです。

投稿: マリア | 2009年2月27日 (金) 06:49

がん探知犬の話は聞いたことがあります。
臭気で察知できたら、早期発見になりますからね。
マリアちゃん、しっかりパパさんとママさんの健康チェックしてね~

投稿: ミモザ | 2009年2月27日 (金) 06:40

ここのところ、こちらも春を思わせるホンワカ天気。

4ヶ月ぶりで「庭仕事」!と張り切ったものの、4ヶ月間眠っていた芝刈り機、草刈機、何度も何度もスターターのヒモをひっぱても、ウントモスンとも!!!

頑張る事、約10分。ゼイゼイ、ハアハア!

そこへやってきたカイラ、芝刈り機に寄りかかり、荒い息をはく私を心配したのでしょう。
両手を私の肩へ乗せて、顔を舐め始めました!
思わずカイラの体重にヨロヨロ。

機械を使うのを諦めた私です!!!!!!プッ

投稿: kylano3 | 2009年2月27日 (金) 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知られてはまずいこと | トップページ | 「ジャングル・ブック」もどき »