« 必見! | トップページ | 歯磨き »

2009年2月17日 (火)

逆転現象

2009_01180010

↑ 1310万頭も仲間がいるのだ~

ペットフードメーカーなど、80社のペットフード工業界が平成20年度
犬猫飼育率調査結果を発表した。

今では一昨年度を境に逆転し(犬猫飼育頭数:約2,455万頭 15歳
以下子供総数:1,744万人)ペットの数の方が人間の子供より多い
って言うカンジ


◆ 第1回調査との比較 猫の飼育匹数は約1.8倍に

1994年10月に実施した第1回犬猫飼育率全国調査の結果と比較
すると、犬の飼育頭数は約907万頭から約1310万頭へと約1.4倍に
猫は約616万頭から約1089万頭へと約1.8倍に増加しています。


◆ 猫の多頭飼いが進む

猫の平均飼育頭数が増え続けています。今年度の猫の平均飼育
頭数は1.84匹と、犬の1.39匹に比べ多頭飼いが目立ちます。

猫を2匹以上飼うことで猫同士が遊び相手になるため飼いやすい
などの理由が考えられます。


◆ 犬猫の全体の約30%が10歳以上の老齢

ペットの高齢化が更に進んでいます。一般にシニアと言われている
7歳以上の犬が全体の55.3%(昨年度:51.0%)、猫が47.4%(昨年
度:45.8%)を占め、更に、老齢と言われる10歳以上の犬は29.3%
(昨年度:29.0%)、猫が31%(昨年度:28.3%)を占めます。

高齢化の要因としては、適切に栄養バランスの取れたペットフードの
普及がペットの毎日の健康に大きく貢献していることや高齢のペット
のニーズを配慮したシニア用ペットフードの充実・改善があること、
獣医療の更なる進化、室内飼いの増加などが考えられます。


◆ フード購入時の最重要確認項目は「成長段階(対象年齢)」

ペットフードを購入する際の確認点を調査です。ペットオーナーが
確認する点は、「内容量」や「栄養成分」、「原材料」などに大きく
差を付け対象年齢が58.7%と最も多い結果になりました。

更に、最も重要な確認項目においても同項目が17.0%と最も多く、
ペットの成長段階を意識したフード選びがされています。

ペットの寿命が長くなり、人と同じようにペットにも幼児・成人・老人
などといったライフステージに合わせた食事を摂ることの重要性が、
飼い主の間で幅広く認知された結果と考えます。

詳細データはこちら →  book

■となりの食卓
 ・三色おにぎり
 ・花菜のお浸し
 ・一口湯豆腐
 ・豚肉の中華風もやしスープ煮
 ・リンゴ  おこぼれあり

|

« 必見! | トップページ | 歯磨き »

コメント

>ミモザmamaありがと
歳のせいか、過保護のせいか、最近ちょっと生意気です!先日ガツンとやられました~

投稿: マリア | 2009年2月18日 (水) 20:40

本当に猫も犬も増えましたね~
全てマリアちゃんみたいに大切にされているとよいのですが・・・
Tシャツ・・・また送りますね~

投稿: ミモザ | 2009年2月18日 (水) 18:13

>みっちゃんmamaありがと
人間が少なくなって自然が回復するのと、汚染されて地球が滅亡するのとどちらが早いかでしょうね~

>Kylano3ママありがと
「スタイル矯正シャツ」です!
ワンコの場合、役目が番犬から癒しに変わりました。そういうことも影響しているそうです。

投稿: マリア | 2009年2月18日 (水) 06:46

この「増加」は、人間社会の「生活水準」が上がったため、ってことなんでしょうか?!

この子たちみんなが「シアワセdogcat」であることを祈ります。

マリアちゃん、このトップ、ちょっときつくなっちゃった?

投稿: kylano3 | 2009年2月18日 (水) 01:10

ええええ。。。子供よりペットの方が多いってのは凄いな。
でも、考えたら60、70の人達に子供が出来る事はあり得へんし、ペットになるわな。
人類は滅亡への道をちゃくちゃくと歩んでるんやな。

投稿: みっちゃん | 2009年2月18日 (水) 01:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 必見! | トップページ | 歯磨き »