« 笑い事ではない! | トップページ | 記憶 »

2009年3月 1日 (日)

P・W・Dの予備知識

2009_02080037

↑ PWDとは、Portuguese Water Dogのコトです

オバマ米大統領一家がホワイトハウスで飼うイヌの犬種を、ミシェル
夫人が「Portuguese Water Dog(ポルトガル・ウォーター・ドッグ)」に
決めたというニュースは、皆さんご存じのこと。

オバマ大統領は昨年の選挙時、当選したらホワイトハウスで犬を
飼ってもいいと、娘2人と約束していた。

ただし、シェルターから引き取ること、長女のアレルギーに問題の
少ない種類を選ぶことが条件になっていたワケ。

夫人は、2頭のポルトガル・ウォーター・ドッグを飼っているケネディ
上院議員からアドバイスをもらったと話している。

ところで、このポルトガル・ウォーター・ドッグ(PWD)とはどんな犬?

日本にもブリーダーさんがいるそうだけど、まだ30頭ぐらいらしい。

力が強く筋肉質で、水の中でも陸の上でも長時間作業をすることが
できる使役犬。

全身がウェーブがかった長毛やカールになった被毛で覆われ、スタン
ダードでは2種類のクリップ(刈り込み)が認められており、ひとつは
鼻口部と、体の真ん中部分から尻尾(先端は残す)を刈り込む
「ライオン・クリップ」で、もうひとつは被毛全体を約3cm程刈り込み、
尻尾の先端だけをそのまま残した「レトリーバー・クリップ」。

AKC のランキングは71でESよりも人気があるってカンジ。
ガンドッグ、ウォータードッグの仲間ということらしい。

原産地 ポルトガル、起源 は中世。
元来の役割 ・・・ 漁の補助犬  現在の役割 ・・・水中救助犬
♂体高51-58cm体重19-27kg ♀43-53cm 16-23kg

 ■ 歴史
水中作業犬として頂点を極めるPWDは、プードルと同じ祖先犬に
由来すると考えられています。その起源は、祖先犬は中央アジアの
大草原に生息していた家畜犬で、5世紀か8世紀頃にポルトガルに
持ち込まれたのではないかといわれています。

この犬種はポルトガルに持ち込まれると、その卓越した水中作業
能力をおおいに発揮するようになります。

特に、魚の群れを集めて網の中に追い込んだり、水の中に落ちた
道具などを潜って取ってきたり、船から船、そして船から岸へ荷物を
運んだりする作業犬として活躍したそうです。

しかし、伝統的な漁のスタイルがすたれるにつれて、1900年代の
初めには、ポルトガルの海岸から漁師や水中作業犬たちの姿が
見られなくなっていきます。

そんななか、海運業の大事業家であるヴァスコ・ベンスアーデという
人物が残された犬たちを保護し、この犬種の繁殖に着手し始め、
その結果、この犬種のクラブが結成されるほどまでになります。

そしてこの犬種のスタンダードが定められ、何頭かの犬が初めて
ショーの舞台に立つことになりました。

1984年にAKCによって認定されると、この犬種の人気は急上昇し、
現在では家庭犬として人気だそうです。

群れで作業をするPWDは、家族と一緒にいることを好み、水の中で
遊んだり作業したりすることが大好きな犬種。子供や他の犬、または
他のペットたちとも仲よくやっていけるでしょう。

感受性が強く、飼い主の指示によく従う愛情深い犬種です。探索した
りといった活動的な行動を好む犬なので、従順で活動的な伴侶犬を
望む飼い主には理想の犬といえます。

 ■ 飼育管理
活発なPDWは、毎日、精神的にも肉体的にも刺激を与える運動が
必要です。できれば、泳いだり、何かを取ってくるような運動をさせて
あげましょう。

長めの散歩やジョギングなど、活発に動き回れるような運動が必要

温暖な気候の地域であれば屋外で過ごさせることもできますが、
家族と一緒に過ごすことを好むので、室内飼いが理想。
被毛は2日に1回くらいの頻度でコーミングをし、月に1度はトリミング
が必要です。

特に気をつけたい病気 進行性網膜萎縮症、股関節形成不全、
しておきたい検査 眼科検査、股関節検査

実際にはこんな感じらしい → movie


■ となりの食卓
 ・チキンライス
 ・ココット
 ・人参のサラダ
 ・カリフラワーのポタージュ
 ・白ワイン
 ・清見オレンジ  おこぼれあり

|

« 笑い事ではない! | トップページ | 記憶 »

コメント

>Kylano3ママありがと
正直なところ初めて知りました。
お隣だから身近でしょうね!マリオchanとも似てるかな?

>ミモザmama
残念ながらESはないのですよ!
もっとマイナー(と思われる)な犬種はあるのに、セター類の動画はないのです。

投稿: マリア | 2009年3月 2日 (月) 20:57

こんな動画もあるんですね~
パピーはぬいぐるみみたい。
アレルギーは増えているから、人気も出るかもしれませんが、海や湖の近くでないとねぇ・・・
動画、ESのもあるのかなぁ?

投稿: ミモザ | 2009年3月 2日 (月) 19:52

ウォーター・ドッグ(スパニッシュ)ってここでは主流犬だと思います。

HPにあるような、カットをしてる子はいないけど、色とかもさまざまで、ちょっとプードルを丸っこくしたような犬で、かわいい。

ウォーター・ドッグはアレルギーでもだいじょうぶな犬なの。。。。。。。

投稿: kylano3 | 2009年3月 2日 (月) 16:47

>みっちゃんmamaありがと
確かに、普通に飼うのには大変そうな犬種です。そうか、ペットシッターというスタッフがいるのですね!

投稿: マリア | 2009年3月 2日 (月) 06:44

ワンコってやっぱり種類によって気質や取り扱いが違うし、ちゃんとそれに合った飼い方をして上げないといけない。忙しい大統領の飼い犬にはあまりにも手がかかりそうやん。
まあ、ドッグシッターいるんやろうな。。。


投稿: みっちゃん | 2009年3月 2日 (月) 04:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笑い事ではない! | トップページ | 記憶 »