« メイストーム | トップページ | ミュンヘン・札幌・ミルウォーキー »

2009年5月18日 (月)

有罪判決

2009_05150110
2009_05150088

↑ 今日は快晴、でもアタシは・・・・


ワタシは直ぐにへたり込む

散歩でグランドにいっても、飼い主さんが立ち話をしている間は直ぐに
足元でぺしゃんこになっている。

お利口さんにオスワリして周囲に気を配るというのではなく、アゴを地面に
つけてのフセ状態のへたり込みだ

知らない方は、ワタシがおもいっきり運動して疲れ果てたか、具合悪いか
はたまた、太りすぎでダウンかと思うかもしれないけど、実はクセなワケ

特に奥方様と行く夕方の公園は入れ替わり立ち替わりお友達が来るので
1時間ぐらい同じところでおしゃべりしている時がある。

こういう時は草の臭いをかぎながら寝そべっているのが一番ってワケ

アメリカやイギリスは動物虐待には敏感な国だ!

犬の飼い主が自分の犬を太らせすぎてしまい、起訴されてしまうほどだ。

英国のブライトンに住むロナルド・ウェスト氏は、5歳のボーダーコリーを
通常サイズの2倍にあたる40kgにまで太らせてしまいました。

原因はおやつなどの与えすぎだそうです。

1度は犬のダイエットを改善命令をうけたものの、いっこうに改善は見られ
ずに起訴される運びとなったらしい。

さらに家庭訪問を受けたときにも、犬の糞が各部屋に放置されていたと、
問題点を指摘されています。

彼はそのことについて「インフルエンザで身動きが取れなかったため」と
反論していますが、それ以外にも散歩をさせていなかったことなどの事実
が確認されています。

管轄している市は「特にボーダーコリーのような犬は、健康的な食事と
たっぷりの運動が必要で、狭い空間に大型の犬を閉じ込めておくのは
残酷である」という見解。

現在この犬は市が預かり、すでに4分の1の11kgの体重を落とすことに
成功し、一般的なボーダー・コリーに戻りつつあるそうだ。

■ となりの食卓
 ・ 餃子
 ・ 湯葉豆腐
 ・ 中華風サラダ
 ・ 蕗と蓮根と姫竹の炊きあわせ
 ・ みそ汁
 ・ アメリカンチェリー   おこぼれあり


|

« メイストーム | トップページ | ミュンヘン・札幌・ミルウォーキー »

コメント

>みっちゃんmamaありがと
世話をしてこそ愛情が生まれるモノと信じています。
だからそのルールを外れたところにいる人の心情がわかりません。

投稿: マリア | 2009年5月20日 (水) 06:50

自分で思う様なケアーが出来ない無くて、人任せにして訴訟を起こすなんて信じられませんね。
なんで、ワンコを飼うのでしょう? 人に任せないといけない程時間がないのなら時間が出来るまで、飼わないとええのです。
話はちょっとずれますが、子供もそうです。生みっぱなしでベビーシッターに任せっきり、で、病気になったり、怪我したら訴訟してる。在る程度の年齢まではちゃんと親が育てて当然でしょうが。。。
知り合いの子供に恵まれない金持ち夫婦の話なんですが、人工授精、体外受精、あらゆる手を尽くして双子が出来たのですが、フルタイム(24時間)のベビーシッター、ドッグシッターが居て、この夫婦は何もしない。
なんだか生き物を車を買う様な感覚で買ったようでとてもイヤ〜〜な感じです。

投稿: みっちゃん | 2009年5月20日 (水) 00:33


ハッハッハ、これくらいのWHACKなら、虐待にはならないでしょう!

うちのニャンたちでもやってみたい。
でも頭出すより先に、ダンボールを食いちぎるでしょう!!!

投稿: kylano3 | 2009年5月19日 (火) 22:25

>Kylano3ママありがと
そんなことをしたら「北京の55日」みたいなコトになりますよ!
それよりこんなのはいかがです?
これは虐待とはいわないのですかねぇ
http://www.youtube.com/watch?v=Q_udqEp_YR4

投稿: マリア | 2009年5月19日 (火) 15:46

マリアちゃん、気持ちよさそうな「爆睡」!!!!
カイラもこの恰好得意です。

イギリスの「動物愛護団体」、少し異常反応。。。。って気もします。もちろん「動物を愛するがゆえ」って根本は理解できるのですが。。。。。。。。。。

中国にイギリスの「動物愛護団体」を長期滞在させたい!!
そして、「犬の整形」などというバカな真似をするオーナーを(病院を)犯罪者として取り締まってほしい!!!!

投稿: kylano3 | 2009年5月19日 (火) 15:10

>七栗堂mamaありがと
だから飼った以上細心のケアで育ててあげないといけないのです。
ESは赤目です。そのうち赤目の白目という奇妙な寝姿を見ることになるでしょう

投稿: マリア | 2009年5月19日 (火) 14:58

今日たまたま朝のニュースで何十匹も不衛生な場所で飼育している
飼い主のニュースを見たとこでしたbearing

犬やネコは飼い主を選べません
でも、同じ命であることは変わりないのに、と切なくなりましたweep

話は変わりますが、マリアちゃん白目をむいて爆睡ですねsign02
アテモレさんのところでもよくこの寝姿を見ますが
小さいながら、ユウェルもよくしますhappy01

投稿: 七栗堂 | 2009年5月19日 (火) 09:40

>アテモレmamaありがと
う~ん、発想の基本が違いますよね。
ペット視線に立っている。狩猟民族にとって犬は大事な生活のパートナーだというのが根源かなぁ

>ミモザmamaありがと
毎日欠かさず散歩へ行っても体重が落ちないのは食べ過ぎでしょうかねぇ

投稿: マリア | 2009年5月19日 (火) 06:36

ボーダーで40kgはそうとう・・・ですよね。
運動量が多い犬種と暮らすのには、覚悟が必要ですからね~
その点、マリアちゃんは雨の日もお散歩♪

投稿: ミモザ | 2009年5月19日 (火) 05:47

以前聞いた話で印象的だったのが、仕事で留守晩をさせていた犬が吠えて、ご近所から苦情が来た。
うるさいという苦情かと思ったら、「そんな長い間犬を留守番させて・・・」という苦情だったそうです。
動物愛護という意味ではやはり日本と感覚が違いますね!

投稿: アテモレ | 2009年5月18日 (月) 21:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メイストーム | トップページ | ミュンヘン・札幌・ミルウォーキー »