« 自分の身は自分で守る | トップページ | 優雅な生活 »

2009年6月13日 (土)

特製枕

2009_05030069

 ↑ 久しぶりの遠吠え ワオォォォォォォ~ン

昨夜は気持ちよい夜風が吹いていたので、ついつい2階の旦那様達の
ベットで寝る気になった。

久しぶりにお二人の枕元に割り込むと、なにやらワタシ好みの臭いが・・

気になってあちらこちらをクンクンしていると、どうやら旦那様の枕の下
あたりが怪しい

寝そべったままガリガリ手を伸ばして掘り出していたら、勢い余って
旦那様の顔をひっかいてしまった!

「痛い~!」という悲鳴と共に飛び起きる旦那様、そっと方向転換して
素知らぬふりをしようと思ったけどダメだった。

おもいっきりほっぺたをつねられたけど、ワタシのオモチャを枕の下敷きに
しておいた旦那様が悪いと思うのですが・・・

ところで、長年飼ってきたペットを喪い、突然の死を悲しんで心の行き場を
なくしてしまうコトをペットロス症候群といいます。

これだけペットの数が増え、しかも、家族の一員という地位に昇格した
ペットのワンコや猫を失った飼い主の淋しい心のスキマを埋めてくれる
サービスがいろいろ登場したワケだけど・・・。

何と愛するペットの遺灰を、枕に詰めてくれるというビジネスまであるそうだ

米国フロリダ州のパトリシア・ムーアさんは自分の飼っていた犬が亡くなり
火葬された遺灰が戻ってきたときに、裁縫師に依頼してケースに入った
遺灰をクッションに詰めてもらうことにしました。

それまで生活を共にしていたペットを喪いましたが、この方法がずいぶん
精神的助けとなったそうです。

そのアイデアを活かし、ペットロスに苦しむ人々を少しでも助けようと
「Soft-Hearted Products」と言うビジネスを始めることにしたようです。

ソフトマイクロフリースを素材とした枕には、トカゲ、ネズミ、犬、猫と言った
どんなペットでも、火葬された遺灰ならば中に入れることが出来、希望の
刺繍も入れてくれるそうです。


110ドル(約1万円)のこのサービスに反対する人もいるらしいけど、すでに
多くの注文が入っているとのこと。

ペットを失ってからも常に一緒にいたい、夢で逢いたいという気持ちを
汲んだ、少し風変わりなビジネスだけど、今のペット事情にマッチしている
のかも・・・・。


■ となりの食卓
 ・ オムライス
 ・ マッシュルームのポタージュ
 ・ フレッシュサラダ
 ・ ゴマ豆腐
 ・ グレープフルーツ   おこぼれはリンゴ
 

|

« 自分の身は自分で守る | トップページ | 優雅な生活 »

コメント

>Kylano3ママありがと
そのオモチャは小さな鴨のぬいぐるみです。
お気に入りでクチャクチャ噛んでボロボロです。
人間が一緒に寝るのはさすがに臭います!
奥方様が勝手にヒトの枕に押し込んでおきます

>七栗堂mamaありがと
目を閉じていてよかったですよ!
開けていたら目玉をえぐられていたかもしれませんcrying

>ミモザmamaありがと
マリアにかぎらずESはほとんど臭わないような気がします。
だからよけい動物という気がしません

投稿: マリア | 2009年6月14日 (日) 16:58

枕の下にオモチャがあったら、取り出そうとするでしょうね~
でもひっかかれると痛いですよね・・・
同じワンでも、その子によってちょっとずつ匂いが違うような気がします。
何となく匂いって記憶の深いところに響くような気がしてます。

投稿: ミモザ | 2009年6月14日 (日) 16:37

わ~~~いnoteって喜んでた次の瞬間にはお仕置きがまってたねぇ~マリアちゃん
天国と地獄sign02

でも、あのかりかりをお顔に受けて、さぞかし痛かったことだろうと・・・coldsweats02

投稿: 七栗堂 | 2009年6月14日 (日) 15:34

マリアちゃん、上のおとーさんの答えは「いいわけ」です。

本当の答えは:
「暑くなってマリアちゃんがベッドへ来てくれないなくて淋しいので、せめてマリアちゃんのオモチャと一緒に寝たかった」です!

投稿: kylano3 | 2009年6月14日 (日) 15:10

>ユミmamaありがと
カイザーchan、動物にとって一番不安な背後を
一番信頼できる人に守ってもらおうという証拠です。
決してガスdashをひっかけようという魂胆ではありません。

>アテモレmamaありがと
昔は先代犬達のよそ行き用カラーを残していました。
それぞれ匂いが違うかな?と、思って嗅いでみましたが、
残念ながら一緒でした。

>Kylano3ママありがと
奥方様が寝室の掃除をしている時、遊んでもらおうとオモチャを二階に運んできます。
ベットにあげてもらい、そのまま隠しています。

>みっちゃんmamaありがと
ペットというのはこちらの言い分を一方的に聞いてくれる存在なのです。
寂しがり屋の人にはかけがいのない存在ですね。
身近に置くことで一体感が持続できるのでしょう。

投稿: マリア | 2009年6月14日 (日) 09:09

おばちゃまには、分からへんな。。。
ちょっと行き過ぎてるようにも思うんやけど。
息子ちゃんの遺灰は仏壇に置いてるけど、これで枕を作ろうとは思わないな。
自分をどのように慰めるかは人それぞれって事なんやけどね。

投稿: みっちゃん | 2009年6月14日 (日) 01:16

>ワタシのオモチャを枕の下敷きにしておいた旦那様が悪いと思うのですが・・・

マリアちゃん、質問です。
おとーさんはどうしてマリアちゃんのオモチャを枕の下敷きにしておいたのでしょう?

答えは次回のコメントのときに。

アッ、オムライスlovely
マリア宅いおじゃましたかった!!!

投稿: kylano3 | 2009年6月13日 (土) 23:30

前の犬のブラッシングのときの抜け毛をたまたまフエルトにしてみようととっておいたんです。
ペットロスの真っ只中、お気に入りだった小さなぬいぐるみにその毛を詰めて抱いていました。。。
ちょっと日なたの匂いがしてホッとしましたね。
今は魔の手から守るためにしっかりと箱の中に仕舞っています!

投稿: アテモレ | 2009年6月13日 (土) 22:29

遺灰入り枕、私はどうするだろう。
その時になってみないと分からないな~。
でも一緒の墓に入りたいって気持ちはありますね。

いつも一緒に寝ているカイザーよく私の顔の前にお尻を向けてるけどどういうことでしょう。

投稿: ユミ | 2009年6月13日 (土) 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分の身は自分で守る | トップページ | 優雅な生活 »