« 不細工も値打ちあり | トップページ | 敵を知る »

2009年7月 3日 (金)

理解に苦しむ

2009_04190076

↑  近くて遠い中国、いろいろと難しいお国です

今日は旦那様がしきりにぼやいていた。

なにをかというと、お隣「中国」のことのようだ

中国広州市で1日、犬を飼うのは一家につき1匹だけとする「養犬管理
条例」が施行された。

中国では各地で狂犬病による死者が相次ぎ、当局が強制的に殺処分し
ていることが国際的に非難を浴びている。

今回の新規定はペットの管理強化が目的とみられるが、市民からは
「犬にも一人っ子政策か」と反発する声が上がっている。

1日付香港紙、大公報などが伝えた。条例は飼い主に対し、当局への
届け出や狂犬病予防の注射などを義務付け、違反者には犬の没収や、
罰金2000元(約2万8000円)が科される。

このため複数の犬を飼っている家庭は売りに出したり、当局に処分を
依頼しているという。

一方で、 中国で300匹もの大規模なネコの救助活動が行われたという
ニュースがあった。

「上海日報」によると、金曜の晩に愛猫家からの通報を受け、現地の動物
愛護団体が上海市西南部の閔行(びんこう)区にある貨物置場の調査に
あたったところ、竹かごの中に詰め混まれたネコたちを発見した。

救助にあたったボランティアによると、合計22個の竹篭はいずれもネコで
満杯状態で、健康状態を調べたところ、3匹がすでに死亡していたほか、
脚を骨折しているネコも複数見られたという。

このネコたちは、広東のレストランに“食材”として出荷され、1匹につき
およそ50元(約700円)で売られる直前だった。

出荷しようとしていた業者によると、その多くは“ハンター”と呼ばれる
調達屋が夜間に住宅地をまわり、盗んできた飼いネコだという。

動物愛護団体とともに警察は業者を連行し、事情調査を行ったものの、
数時間後には釈放。“猫食”を禁止する法律はおろか、ネコたちを守る
愛護法もないため、それ以上捜査ができないというのが、当局の言い分。

気になるネコたちのその後は、すでに多くがボランティアの手により飼い
主のもとに戻るか、新しい家族に引き取られたという。

その国や地域特有の食文化についてとやかく言えるものではないけど、
愛猫家にはなんともやりきれない話だ。

詳しくはこちら → pc

■ となりの食卓
 ・ 芙蓉蟹
 ・ 蒸し茄子の涼拌
 ・ チキン南蛮
 ・ みそ汁
 ・ 桃   おこぼれあり

|

« 不細工も値打ちあり | トップページ | 敵を知る »

コメント

>みっちゃんmamaありがと
彼らにとってはそれほどの罪悪感は
ないのかもしれません。
文化の違いというのは恐ろしいです

投稿: マリア | 2009年7月 8日 (水) 06:41

なんと残酷な。。。。
今複数で飼ってるワンコの里親先なんてそう簡単に見つからへんでしょうが。
って、事は処分されるって、飼い主にしたらどのワンコを残すかの苦しい選択もされられるんや。あああああ。。。
恐ろしいき中国政府。
以前にすでにお話したかもしれませんが、旦那の弟の家に引き取られて来た中国の女の子は6ヶ月の時に段ボールに入れられてほかされてたんです。中国では珍しい話じゃ無いんです。一人っ子制度のせいでどうしても男児が欲しかった夫婦に女児が生まれたからって平気でほかすんです。あり得ません!! 中国の孤児は女の子で溢れてるのです。

先週の私の日記で取り上げたアースリングスは正に動物虚持、虚殺をまとめたビデオだったんですが、とても信じられ無い事行為を行ってるんです。確かに食文化や習慣の違い、そして人類が身を守る為の知恵で動物の命を頂く事は必要なんですが、私欲の為に飼い猫を盗んで食用に売りさばくなんて。。。無事に飼い主の元へ帰って行く事を祈るばかりです。

投稿: みっちゃん | 2009年7月 8日 (水) 00:02

>ミモザmamaありがと
どうも思想というか発想の根幹が
理解できません。

投稿: マリア | 2009年7月 6日 (月) 20:51

何とも不思議な国に思えて・・・近いけれど遠い国という感じでしょうか。

投稿: ミモザ | 2009年7月 6日 (月) 16:03

>七栗堂mamaありがと
最近は少しは進歩したようです。
愛護団体も大ぴらに活動していますし、法整備も
進んでいるようです。
でも、まだまだ大都市限定の様子

投稿: マリア | 2009年7月 5日 (日) 13:09

食文化に関してはとやかくはいえませんが
愛護法もないんですね~~日本もペット愛護の後進国ですが・・・
早く中国にも愛護法ができることを願いますconfident

投稿: 七栗堂 | 2009年7月 5日 (日) 11:47

>アテモレmamaありがと
食文化の違いは仕方ないのですが・・・
一般のペットを盗んでまで売り飛ばすとは
愛護の欠片もない!

投稿: マリア | 2009年7月 4日 (土) 16:23

なんで鯨を食べるの~?と言われるのと背中合わせかもしれないので、
なんとも言いづらいですが、、、
九州のある地方にも食犬の文化があるようです。

ただ、やっぱりちょっとねえ。。。
困ったもんです。

投稿: アテモレ | 2009年7月 4日 (土) 14:29

>ウィリーmamaありがと
まあ、日本人もイナゴを食べるし、
米国人もカエルを食べます。
しかし、ワンコや猫は家畜ではないと思いますが・・

投稿: マリア | 2009年7月 4日 (土) 09:41

中国には、行きたくないですね!
レストランで何が出てくるか解らないから怖い~sad
それにしても、中国人は何でも食べますね。
ただただ、びっくり!

投稿: ウィリーMom | 2009年7月 4日 (土) 09:26

>Kylano3ママありがと
中国でも猫・犬は立派なペットです。
そのペットを虐殺したり食したりする感覚が
理解できません。決して生きるためとは思えません。

投稿: マリア | 2009年7月 4日 (土) 06:47

ただただ思うこと、「中国人でなくてよかった!」

そういう問題ではないのだけれど、もし「自分の国」にこういう問題が起きたら、胸を張って「XX人です」って言えない。すごく悲しいですね!!!!

投稿: kylano3 | 2009年7月 4日 (土) 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不細工も値打ちあり | トップページ | 敵を知る »