« キノコの季節 | トップページ | 四千年の技 »

2009年8月28日 (金)

4%小さい

2009_08090060


↑ 元々頭は小さいので脳みそも小さい?

ワタシの足の状態は日増しに良くなっているカンジ

庭へ飛び出すのもオモチャをくわえて走り回るのもほぼ平常どおり
おやつ食べたら痛み和らぎます!攻撃もあまり効果無く終わりそう。

この夏の間に頑張って2㎏痩せたのを、今回のお見舞いオヤツで取り返して
しまったら元も子もないので、このあたりで全快という事にしておくカンジ

ご心配くださった皆様に、感謝感謝です

ワタシばかりでなく、旦那様達も気をつけないと、肥満は生活習慣病のもと。
また、体重が増えると腰や膝などにも負担がかかり、腰痛や関節痛の
原因にもなるワケ。


更に、肥満が旦那様達に与える悪影響はこれだけではないらしい。
肥満は脳を萎縮させるという研究結果が発表された。

米紙「U.S.News」によると、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の
神経学者Thompson氏が70代の被験者94名の脳を5年間調査したところ、
肥満の人は標準体型の人に比べて脳細胞が明らかに小さいという研究結果が
出たそうだ。

肥満の人は16年分、肥満気味の人は8年分、標準体型の人に比べて老化が
進んでおり、肥満の人は8%、肥満気味の人は4%、標準体型の脳細胞に比べて
小さいことが明らかになったとのこと。

特に、意思決定や記憶をつかさどる前頭部や側頭部での脳の萎縮が顕著だそう。

では、体重が標準値に戻れば脳の萎縮も戻るのかということまでは発表されて
いないので、もう手遅れならこのまま美味しく食べて、小さい脳で終えるしかない

■となりの食卓
 ・ ゴーヤーチャンプル
 ・ 檄辛タイ式春雨ハッタイ
 ・ 賀茂茄子の味噌田楽
 ・ みそ汁
 ・ 葡萄   おこぼれあり

|

« キノコの季節 | トップページ | 四千年の技 »

コメント

>七栗堂mamaありがと
どうやらペットの場合は飼い主の指導能力が大きく左右しそうです
その意味では我が家は恵まれなかったということでしょう

投稿: マリア | 2009年8月31日 (月) 16:30

ユウェルはまだまだお子ちゃまで太らないのでこれをキープしないと、ってことですね
ただでさえ、おばかそうなのに萎縮したらヤバイwobbly
がんばりますsign03

投稿: 七栗堂 | 2009年8月31日 (月) 10:32

>Kylano3ママありがと
今更こんなコトを発表されても手遅れ!
これからはもっぱら脳の老化防止に気をつけなければ・・・

>みっちゃんmamaありがと
そうそう、同じダメならお腹いっぱい美味しいモノ食べて・・・
そうすれば今以上に脳が縮小する???

>ウィリーmamaありがと
今はショートカットなのでボディラインがくっきり
コートが伸びるとよくわかりませ~ん

投稿: マリア | 2009年8月29日 (土) 17:27

マリアちゃん、足の具合が順調そうで良かったね!
オヤツももらえたし、ロードワーク復活かな?
犬の体重管理は大切ですね!
ウィは上から見た背中の太さでやせたか太ったかが丸解りdog
ESはスリムじゃなくっちゃ、かっこ悪いもんね~wobbly

投稿: ウィリーMom | 2009年8月29日 (土) 09:07

足、よくなったようでよかったね~

ひゃ~ おばちゃまの記憶力が悪い訳はここにあるのね。
でも体重を元に戻しても関係なら、ホンマこのまま美味しく頂く方が賢明やね。
確かに、肥満の人は身体も頭も動きが遅いのは事実でしょうね。動かないんだから。。。

投稿: みっちゃん | 2009年8月29日 (土) 03:11

カイラ、マリオよりも頭は大きいけど、脳は。。。。。。

私、肥満とは今のところ縁がないけど、脳の老化は。。。。wobbly

投稿: kylano3 | 2009年8月29日 (土) 02:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キノコの季節 | トップページ | 四千年の技 »