« 食い貯め | トップページ | 咬みたい気分 »

2009年9月29日 (火)

統計好き

2009_09130014

↑ え~っと、この通りでペットを飼っているのは○軒で、そのうち大型犬は・・・・


旦那様は仕事の関係で統計・データなるモノをよく使うそうで、データ分析なども
重要な生業らしい。

そのせいか 、ワタシの日記にも色々な統計が載っかることも多いワケ。

最近グランドにイタグレchanが良く出没するが、ワタシは何故かこのイタグレが
性に合わないってカンジ。

ついつい警戒モードになってしまい、接近してきた時は野太い声で吠えてしまう。
ワタシにはないスレンダーなボディに敵対心が湧くのかもしれない

旦那様の分析では、イタグレに警戒反応する確立は85%以上、次がサルーキで
60%ほどらしい。

ペット保険のアニコムがペット白書なるWEBサイトを開設した。

ペットに関するデータの集計・分析情報を掲載した総合情報サイトで
「家庭どうぶつ白書」というタイトル。

中身は飼育状況や診断状況で、ペットの名前ランキングや疾病ランキングや
クリスマスの過ごし方なんて言うデータもある。

最新データは「通院回数の多い疾患」 つまり、どんな病気になった時の通院が
多いかってワケで、最多は「循環器系」で平均 4.5回 次が内分泌系と
神経系の3.7回、そして皮膚系という順らしい


直接役には立たないけど、自分ちとの比較にはよいかも・・・・


■ となりの食卓
 ・ 秋刀魚塩焼き
 ・ 茄子と干しエビの炊いたん
 ・ 山葵菜のサラダ
 ・ 続・コロッケ
 ・ みそ汁
 ・ 梨   おこぼれあり

|

« 食い貯め | トップページ | 咬みたい気分 »

コメント

>七栗堂mamaありがと
お互い遊びたいのだけど上手くタイミングが合わないという
ケースはよくありますね。
反対に、大型犬が数頭集合したとたん、全員スイッチオンで
全員で大運動会が始まった時は、飼い主さんが
大パニックになりました!

投稿: マリア | 2009年10月 2日 (金) 20:39

まだまだおこちゃまなユウェルは
どんなワンちゃんにも興味津津notes

でもその興味はあまり長続きしないらしく
向こうの子の警戒心が薄れ、遊びたいモードになったときには
ユウェルはすっかり空を見上げてますcoldsweats01

投稿: 七栗堂 | 2009年10月 2日 (金) 10:42

>コロmamaありがと
反対にマリアは柴大好きです。
大抵の柴にはクルクル回って大歓迎です。
おかしなモノですね~

サラchanにとってはコルクchanが来たのは良かったのですね

投稿: マリア | 2009年10月 1日 (木) 14:46

マリアちゃんはイタグレとサルーキ?

うちは、コルクは警戒心なしかな。
サラは以前吠え掛かれられてから、柴には警戒することがあります。
顔見知りの子だったらOKだけど。
サラは弟が出来て、ちょっぴり姐御になったかも。。。

投稿: コロママ」 | 2009年10月 1日 (木) 10:16

>みっちゃんmamaありがと
やっぱり欧米人のルーツは狩猟民族だから
パートナーとしての犬との暮らしに慣れているという
気がします。
ペットは飼っていて当然というカンジですね。

>ミモザmamaありがと
雑学的なランキングでも結構楽しめます。
大事なことは忘れても、こういうコトだけはしっかり
記憶に残っていますね

投稿: マリア | 2009年9月30日 (水) 06:38

数字は苦手な方ですが、何で?と思うようなものもありますよね。
とったフィールドによって、違うのでしょうが・・・
気楽にへぇ~と読むのには、ランキングも楽しめそうですね。

投稿: ミモザ | 2009年9月30日 (水) 05:54

いろんな統計を見出すとキリがなく面白いよね。
アメリカではペットを持ってない家の方が少ないんじゃ無いかと思う程皆イヌかネコ飼ってるね。
ミクシイランキングはしょうも無い事ばっかりやけど。。。

投稿: みっちゃん | 2009年9月30日 (水) 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食い貯め | トップページ | 咬みたい気分 »