« 台風散歩 | トップページ | 恋愛感情抜き »

2009年10月 9日 (金)

何派?

2009_09270018

↑ 何てったって優しさが一番ですよ

気がつけばワタシの日記も1000話を超えた。

以前のBlog日記と併せて1800話ほどで、良く続いているってカンジ。

ワタシのもたらしたおかげで、毎日朝と夕にきちんと散歩もするし、日記も書くし、
ご飯も作るし・・・

ワタシ達犬が人間にもたらす良い効果は多くの研究調査で明らかにされている事実で
愛犬がそばにいるだけで心がいやされるというのはウチの旦那様だけではないはず。

ではわんこにとって人はどうだろう?人間は犬に良い影響を与えているだろうか?

もちろん、一方だけが満足している状況では必ずしも「良い関係」とはいえないし、
人間同士同様、犬と人との関係も、必ずうまく行くとは限らない。

「多くの犬は『できることならば自分の飼い主を取り替えたい』と思っているのでは
ないか?」という心理学者の意見もある。

この学者のアンケートによると、飼い主には大きく三タイプあるらしい


タイプ1「プレステージ志向派」

例えば堂々とした大型犬や闘犬タイプの犬の風貌を好み、連れて歩くことで他人から
一目置かれたいという威勢願望達成の道具として犬種を選び自己に足りないものを
補うタイプ。

同様にファッションアクセサリーとして犬を不適当に利用する飼い主のグループで、
セレブの真似をして人気犬種を連れ歩きたいといった心理もここに属するそうだ。

この場合、犬の気持ちは二の次ということらしい。


タイプ2「感情移入派」

このタイプの飼い主は犬への期待が大きく、その期待に犬が沿わない毎に不安を
感じる。

飼い主の気持ちは犬のために尽くすのが使命で、時には飼い主自身や家族よりも
犬の方が大事、下手をすると恋人よりも犬の方が大事というタイプ。

傍目には犬へ多くの愛情を注ぐ究極の犬好きに見え、犬にとっても決して悪くない
タイプの飼い主。


タイプ3「社交的なナチュラル派」

このタイプの飼い主は犬と共に何かを楽しもうという気持ちが強い。例えば犬の散歩で
新しい犬友達と知り合うことを楽しみの一つとしているとか、アジリティなどの
ドッグスポーツ、アウトドアライフでて犬との一体感を感じたいといった気持ちを
持っている飼い主。

飼い主の行動が犬の興味や欲求を満たすことができ、犬にとっては最も理想的な
飼い主らしい。

趣味や喜怒哀楽を共有しあうことが良い関係作りに大事なわけで、結果を簡単にいうと、
犬種や年齢・どこから来たかなどに関係なく、犬と一緒に楽しもうという気持ちの持ち主が
犬にとって最高の飼い主像だそうだ。


■ となりの食卓
 ・ アジの干物
 ・ 白菜のスープ
 ・ キノコとアスパラの炒め物
 ・ 続肉じゃが
 ・ 梨     おこぼれあり
 

|

« 台風散歩 | トップページ | 恋愛感情抜き »

コメント

>アテモレmamaありがと
う~ん?その辺りの理解を求めるのは難しいですね。
犬バカを通り越して「病気」といわれますけど
仕方ないですね~

>七栗堂mamaありがと
ワンコの寿命を15年と見積もったら、その15年は
隠遁生活を送るものと覚悟しなくてはいけません!
滅私奉公の世界ですゾ

投稿: マリア | 2009年10月11日 (日) 08:42

完全に「感情移入派」ですねcoldsweats01

あまり悪くない飼い主のようでほっとしましたぁ~

最近でも、あまりの犬バカぶりに社会生活に支障をきたし始めた気がしてなりませんcoldsweats01
犬中心で友達の誘いも断ってますからねcoldsweats01

投稿: 七栗堂 | 2009年10月10日 (土) 22:03

こないだ、職場で「え~?!犬と一緒に寝てるの?」とありえな~いって感じで言われてしまいました。
人間のように扱ってるって思われがちですが、擬人化しているわけではないのです。(なかなかわかってもらえないので言わないけど)
人間なら、ここまで一緒に居たくないですよぉ。

投稿: アテモレ | 2009年10月10日 (土) 21:50

>コニーmamaありがと
ニコラchanにとって昔一緒に遊んだ思い出は
一生脳裏に残っているでしょう。
気分は今もあのときのままだと思いますよ

投稿: マリア | 2009年10月10日 (土) 16:13

あ〜 おもしろいです。

おそらく、私はタイプ1とタイプ2の混合型タイプですね♪

若い犬の頃は、完璧なナチュラル派でした。
犬種にもよるのかもしれませんが‥一緒に遊べる適性のものが早くに
見つかるといいですね。

ちなみに、家のニコラはフリスビーでしたよ〜
燃えました♪今でも、あの時の、絆と繋がりが残っています。

そう言うことも考えると、愛犬と行うスポーツって重要ですね。
一緒に、多面的に接する機会って、大切なんだと実感しました。

投稿: コニー♪ | 2009年10月10日 (土) 08:49

>ミモザmamaありがと
大抵は②と③のミックスタイプですね
サラ&ルナchanの様にミモザさんと遊び終わった後、
爆睡しているということは、精神的にも充分に満足しました~
と、いう証拠ですね!

投稿: マリア | 2009年10月10日 (土) 06:57

ルナはあの通りの遊び上手なので、何だか、私が遊んでもらっているような気が・・・。
飼い主の権威はないんだろうなぁ~と思いつつ、楽しいからなぁ。
タイプ1の方とは、楽しくおしゃべり・・・出来ないかも・・・

投稿: ミモザ | 2009年10月10日 (土) 06:45

>みっちゃんmamaありがと
ところが日本では①のタイプが増えています。
もっぱら、カワイイ系でアクセサリーの代わりらしいです
飽きたらほったらかしらしい・・・困ったものです

投稿: マリア | 2009年10月10日 (土) 06:31

私はタイプ2と3の間かな。
でも、どのタイプでもあってもペットと飼い主がしっかりマッチしてる事が大事やもんな。
似た者夫婦があるように、ペットにそっくりになって行く飼い主、もしくはペットが飼い主に似て来るのかは知りませんが妙に似合ってる。全てのタイプが入ってるんやろうね。

投稿: みっちゃん | 2009年10月10日 (土) 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風散歩 | トップページ | 恋愛感情抜き »