« 恋愛感情抜き | トップページ | ドイツ式テスト »

2009年10月12日 (月)

食文化考

2009_09270091

↑ 最近スパムメールが増えてきましたので、コメントの際に防止ナンバー入力の
  お手間を頂戴致します。あしからず・・・・

今日はちょっと真面目なお話

この2~3年アメリカ・カナダ系ドッグフードのリコールが続きドッグフード不信が
増えてきてる様子。

フードメーカーの大小に関わらず中国産の原料を使っていたものの他、病原菌や
農薬の混入など、ちょっとパッケージを読んだだけではわからないことが多いカンジ。

ワタシんちのように手作り食に変更したり、飼い主さんの中には今まで食べていた
フードが心配で「フードジプシー」になった方もいる。

それでもドライフードほど便利なものはなくて、メニュー構成も調理も保管も手間いらずで
ご飯時に袋から出してサーブするだけでよいワケ

飼い主にとってはパソコンや携帯電話やコンビニと同じぐらい便利なものってカンジ

ところで、旦那様が小さいときのわんこ達は何を食べていた?

犬の原産国の食文化について考えるという話があって、犬種が生まれた世界によって、
「ヨーロッパ原産の犬達ではヨーロッパの食文化の影響下にあり、アジア原産の犬達は
アジアの食文化の影響下にある。」という何とも学問的な話なワケ

例えば日本が原産の柴犬などは、歴史的に見て日本食が合っていて、魚食文化を肉に
切り替えると脳内の DHA が不足し、晩年になって痴呆症状が現れるという学説がある。

中世以降は犬達の食餌はすべてヒトから与えられる状況になったらしい。

中世の人たちの肉食文化圏で生まれた優秀な猟犬は肉が中心の食餌であったらしく、
貧困な労働層に飼われていた犬は小麦などの穀類を中心とした貧相なものだったらしい。

農家の荷車犬ではそれよりも少々マシだったそうだけど、それでもメインのパンや
ジャガイモに小さな肉が添えてある程度なワケ。

17世紀のフランス貴族階級の犬ではゴージャスで、ローストダックやコンソメ、ケーキに
キャンディにナッツ、果物などなど、当時の一般庶民からすると「お犬様」の扱い。

犬の食事はは実に飼い主の職業や地位収入によってずいぶん差があった様子。

それでも、人間のおこぼれをもらっていたとはいえ、今のような白い小麦粉を使ったパンは
なかったはずだし、天然酵母の安心パンだ。

野菜も動物の内臓系肉も今のように農薬や残留薬品の心配はないわけで、栄養バランスは
考えなくても、今よりは安全な食生活だったかもしれない。

アジアでは多くの場合は犬用の特別な料理などなく飼い主様の残飯という食事が全て

世界最初のドッグフードが作られたのは約150年ほど前、ジェームス・スプラットが
1860年に小麦と甜菜・野菜に牛の血を混ぜ合わせて作った「Spratt's Patent Meat
Fibrine Dog Cakes」というクッキーが最初。

日本で最初のドッグフードは1960年に発売された「ビタワン」。

アメリカ軍により日本に持ち込まれ、それに影響されて作られたといわれるそうで、
当時はお米屋さんのみで販売されいたらしい。

日本で一般的に食べるようになってからはまだ30~40年しかたっていないまだまだ
発展途上なワケ。

万能フードのおかげでビタミン不足も解消され、寿命も延びたけど、質はピンキリ
全てのワンコが安心して食べられるようになって欲しいものだ。


■ となりの食卓
 ・ 鍋焼きうどん
 ・ 五目御飯
 ・ クラゲと野菜の酢の物
 ・ カットフルーツ盛り合わせ   おこぼれあり

|

« 恋愛感情抜き | トップページ | ドイツ式テスト »

コメント

>七栗堂mamaありがと
そのようですね。
フレッシュフードでない分、いろいろな化学物質も
取り込んでいるわけで、痛し痒しです。
野菜だって今は農薬たっぷりだし・・・

投稿: マリア | 2009年10月13日 (火) 16:34

残飯食からドックフードにほとんどの家庭が変更してからの方が
犬猫のガン率が増えたらしいですね
ただの長生きによる…とも言えないそうですdespair

そういう我が家も半分ドックフード(キャットフード)頼りですがcoldsweats01

投稿: 七栗堂 | 2009年10月13日 (火) 16:10

>ミモザmamaありがと
英国の食事は不味いというのが定説ですから
味覚は良くないでしょう
「犬っころのえさ・・・」というところに当時の
扱いがよくでていますね。

>コロmamaありがと
コルクchanはバッファローの肉がお気に入りかもしれません!
確か、イタリアではES専用のフードが販売されていたような気がします。

投稿: マリア | 2009年10月13日 (火) 13:47

おもしろい説ですね~。
なんとなく納得しちゃいます。

確かに柴とかMixの日本犬の方が痴呆が多いとかって聞きましたが、単に丈夫で長生きなのかな、って思っていました。
案外魚食との関係があるのかな?

セターは貴族の狩のお供で、いいものを食べていたのかしらねぇ。
米系のコルクはガッツリお肉派でしょうか・・・こりゃ大変。

投稿: コロママ | 2009年10月13日 (火) 11:38

・・・ということは、ESの場合、イギリスの食生活が良いのか知らん?
マリアちゃん、ロースとビーフのおねだりしてみる?

ビタワン・・・お米屋さんで昔は売っていましたね~
ビタワンの古い看板の横に「犬っころのえさ あります(ますは四角に斜線で)」と味のある筆の字で書いてあったなぁ。

投稿: ミモザ | 2009年10月13日 (火) 06:48

>やんちゃエリpapaありがと
フードはだんだん改善されてきています。
今年からは日本の法律も厳しくなりましたが
まだまだ抜け道は沢山。
もっと飼い主が目を光らせていないと!

スパムは・・・世の中不景気になると、あの手
この手で儲け道を探す人間が増えてきます

>みっちゃんmamaありがと
犬用と猫用のフードを試食すると、猫の方が味が濃いです。
ツナはみんな大好きですよね!

投稿: マリア | 2009年10月13日 (火) 06:48

日本で飼ってたイヌネコには私達の食べ残しでしたよ。。。
ドッグフードもキャットフードも買った事なかった。
今時、そんな事してるお家は日本にもアメリカにもなさそうやね。
おばちゃまのネコちゃんはツナが大好きで困ったもんだ。

投稿: みっちゃん | 2009年10月12日 (月) 23:39

PS:スパム対策本当に分かります

私のHPにも色々対策して・・・
コメント禁止用語も
ココでは書けないくらいレディーに失礼な語句ばかりです(泣)

投稿: やんちゃエリ | 2009年10月12日 (月) 23:16

逃げて・・・帰って来ました~

そうなんですか・・・
安易にドックフードも買えない時代なんですね

見かけで認識出来ないのが一番怖い

便利が良い反面、色々フードにも問題も有るんですね

投稿: やんちゃエリ | 2009年10月12日 (月) 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恋愛感情抜き | トップページ | ドイツ式テスト »