« ドイツ式テスト | トップページ | お局様 »

2009年10月15日 (木)

ジャンク品にあらず

2009_09270072


↑ 昨夜はカミナリもなったし、雹も降りました!

旦那様の無駄遣いの一つにESモノの収集というのがある。

シールから始まってトランプ、フィギア、本、何れもジャンク品まがいで値の張るのは
せいぜい複製絵画止まり。

今年もちょこちょこ買い漁っていたみたいだけど、結構ハズレが多かったみたいなカンジ

一番多いのが、オレンジのワタシに対して、ブルーのESモノだったりすること。

セターモノだからどちらでもいいやと思って入手すると、やっぱりイメージが違いすぎると
いうことで蔵いりというのが多い。

なぜか一般的にはブルーベルトンのESモノの方が多い。

もちろんお小遣いの範疇なので高価なモノは何一つないが、結局は安物買いの銭失いに
なってしまっているのが現実。

旦那様の手が届かない世界ではあるけど、CHRISTIES、 SOTHEBYS、BONHAMSといえば
世界三大オークション会社だけど、そのうちBonhams は1793年にロンドンで創立され、
1980年代からニューヨークで犬好きなコレクター向けにオークションを提供し始めた会社。

Setter
↑ 一昨年の出品でThomas Blinks (British, 1860-1912)の作品 $95.000で落札


オークションに登場するのは絵画を中心にブロンズ像、陶磁器、古書、首輪、トロフィー等々、
犬に関する古いものなら何でもといったカンジ。


アンティークの首輪の出品もなかなか面白いものがあって、19世紀ヴィクトリア朝の金属製のもの、
革に銀や宝石の装飾のあるモノもあるし、闘犬種向きの棘のついたものまである。

オークションは毎年2月に開催されるそうだけど、カタログはオンラインで年末からみることができる
これをみているだけでも楽しいし、$50.000もあればお宝が手に入るかも!

昨年末のカタログ → Bonhams


■ となりの食卓
 ・ 薄切りトンカツ
 ・ つくねとマロニーのスープ
 ・ フレッシュサラダ
 ・ マカロニサラダ
 ・ 梨  おこぼれあり
 
 
 

|

« ドイツ式テスト | トップページ | お局様 »

コメント

>Kylano3ママありがと
庭仕事のやりがいがありますね!マリアを手伝いに出しましょうか?
穴は掘れないけど草むしりなら出来そうです。

>七栗堂mamaありがと
ショードッグはブルー、オレンジどちらも活躍していますね
アメリカンタイプのフィールド系では圧倒的にブルーをよく眼にします
トライカラーは三毛猫同様少ないですね

>ミモザmamaありがと
この昨年のカタログにもESが何点かでています。
年末ジャンボが当たれば入札したい気持ちです!

投稿: マリア | 2009年10月16日 (金) 06:43

ES物・・・一番少ないのは、やっぱりトライカラーかもしれません。
オレンジとブルーだと、やっぱり模様がしているはっきりブルーが多くなるのかもしれませんね。
カタログ・・・犬好きなら、誘惑されますよね~

投稿: ミモザ | 2009年10月16日 (金) 05:56

実際ESはどの色の組み合わせが多いんでしょうねぇ~
やっぱり小物にブルーベルトンが多いってことは
ブルーベルトンがESの特徴的な色合いなんでしょうか??happy01

っていうか、昨日東京は雷だけでなく雹も降ったんですか??
こちら(三重)は比較的暖かく静かな夜でしたよ!!wobbly

投稿: 七栗堂 | 2009年10月16日 (金) 00:54

相変わらず、アプローチがきれいですね~~~!
ウチの庭は今ジャングルで、目をつむって、見ないふりしてます。

セターものはすくないですね~~~。
Thomas Blinks いいですね。お値段も!

投稿: kylano3 | 2009年10月16日 (金) 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドイツ式テスト | トップページ | お局様 »