« 旅行用バッグ | トップページ | 家族愛 »

2009年10月27日 (火)

恐ろしい犬

2009_09270011

↑ ワタシの場合は、恐ろしい犬ではなく、恐がりの犬です

今日は病院で耳の検査

以前の日記に書いたように、どんな病気でもほぼ完治した時に病院代や薬をけちって
止めてしまうと、ムクムクと再発する可能性が大きいということでの通院

偶々先生が珍しいものを見せてあげましょうといって、一枚のレントゲン写真を
見せてくれた

其処に写っていたのはまるで狸鼓のようなお腹をしたミニチュアダックスの全身図
昨日のチワワのお腹を思いっきり膨らましたってカンジ

このワンちゃん、家人の留守中にドッグフードの袋を見つけ、ほぼ自分の体重ほどの
フードを一気食い!

おかげで膨張した胃が肋骨を変型させそうになるぐらい一気にふくれあがったそうだ
本能的にココまで食べ尽くすことは珍しいらしく、何とも恐ろしい犬だと先生も感心。


旦那様の恐ろしい犬はこちら・・・・

魔犬伝説がある富豪のバスカヴィル家で、当主が死体で発見され、死体のそばには
巨大な犬の足跡があるというシャーロックホームズが活躍するコナンドイルの長編小説
「バスカヴィル家の犬」には、火を噴く犬というのがあったような気がする。

このニューヨークのショー・ウインドウに棲む、光った犬はついついその話を思い出させる
ような仕掛けだ

SNIFF


犬の名は「Sniff」、といってもこれは3Dアニメの犬なワケ。

でも、ちゃんと性格があって、ショー・ウインドウの前にいる人のジェスチャーに反応したり、
後をついてきたりするらしい。

好き嫌いなんかもあるらしく、友好的な時もあれば、吠える事もあるそうだ。

ちなみに、この窓の中のSniffの世界は、アート・プロジェクトで、お店の前の歩道にある
赤外線ライトと赤外線カメラを使って作りだされているそうです。

インスタレーションとしては面白いし、けっこう遊べそうだから犬が飼いたくてもワケあって
飼えない人には良いのかもしれないってワケ

でも、青白く光る犬というのはやっぱり不気味

■ となりの食卓
 ・ 挽肉たっぷりのドライカレー
 ・ フレッシュサラダ
 ・ コンソメ
 ・ リンゴ    おこぼれあり

|

« 旅行用バッグ | トップページ | 家族愛 »

コメント

>みっちゃんmamaありがと
ハハハハ~ たぶん10日ぐらい何も食べなくても
大丈夫でしょう。
でも、お腹の皮は元に戻るのかなぁ

投稿: マリア | 2009年10月30日 (金) 06:44

あっちゃ〜〜〜!!
そのワンチャン、おばちゃまのお腹みたいやんか。。。
で、そのワンチャン大丈夫だっらのかしら? 当分ご飯おあずけだったのは確かでしょうが。

投稿: みっちゃん | 2009年10月29日 (木) 23:32

>ララmamaありがと
他人事ではない?
食べ物以外のものでも食べてしまうワンちゃんも
多いですからね。
最初にビシッとお仕置きをしておくと意外と効果ありです

投稿: マリア | 2009年10月28日 (水) 22:20

危ないですねぇ~
フードを見えるところに置いては いけませんヨ。
危機一髪でしたね。
ちゃんと 自然排便で 助かるといいけど。
もう 祈っちゃうwobbly

投稿: ララママ | 2009年10月28日 (水) 20:55

>Kylano3ママありがと
レントゲン見た奥方様曰く、肋骨にふくらんだ胃袋が食い込んで
今にも体が破裂しそうだった!そうです。

投稿: マリア | 2009年10月28日 (水) 17:37

そういえば、うちの3catも子供の頃、キャットフードの袋を食い破った経験者!
さすがに、お腹バンバンまでは食べなかったようで、下痢もナシ!

でも、怖いはなしです!

カイラとマリオは、大丈夫そう。

投稿: kylano3 | 2009年10月28日 (水) 16:50

>コロmamaありがと
sniffは不気味なところもあるけど、何となくモノ悲しい
カンジもします。
暖かみを感じられないのがネックですね

>七栗堂mamaありがと
生のサツマイモ!あくも強そう!
七栗堂さんの看病がなかったら危なかったかもしれませんね

我が家は幸いなことに盗み食いはしません。
恐ろしいお仕置きが待っていることを察知しているようです

投稿: マリア | 2009年10月28日 (水) 13:19

た…食べすぎでも命とりになることあるんですねcoldsweats02

やばかったです…
うちの先住犬のラブラドールは家人のいないあいだに
山のようなサツマイモ(しかも生!!)を食べ
1週間は下痢で苦しみました(ちなみに2日間ほど付き添いの私は寝ずに看病hospital

こちらも最初は丸まって寝れないほどにおなかがパンパンになりましたが
病院にもいかず、素人の自宅療養で事なきを得ましたよcoldsweats01

投稿: 七栗堂 | 2009年10月28日 (水) 11:54

いくら食いしん坊でも、よくもそこまで食べられるものですね。
なんて、うちの子達も、同じ状況だったら同じ事したりして・・・。

Sniff、おもしろいですね~。
ちょっと警戒心のある性格なのかな?
でもやっぱりちょっと不気味。
やっぱり生身のワンがいいわぁ~。

投稿: コロママ | 2009年10月28日 (水) 11:50

>ミモザmamaありがと
件のダックスchanは本当に胃が破裂しそうで
危険な状態だったそうです。
下剤だと危険なので、とりあえず自然排便です。

投稿: マリア | 2009年10月28日 (水) 06:46

肋骨が変形するほど・・・それは恐ろしい。
ダックスなら、お腹が邪魔して歩けなかったのでは?
サラルナが食いしん坊したら、この話を言って聞かせます。
私の恐ろしい犬は、アンデルセンの童話の・・・
ハリーポッター第1巻に出てくる犬は、そのまんまのイメージでしたね~

投稿: ミモザ | 2009年10月28日 (水) 06:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行用バッグ | トップページ | 家族愛 »