« チョコレートとチーズ | トップページ | 何派? »

2009年10月 8日 (木)

台風散歩

2009_09130051

↑ とりあえず猟犬なのだ~

夜中の豪雨も4時頃には小康状態の今朝、間隙を縫って5時過ぎからの散歩

旦那様が出勤する頃には強風という事なので、この時間の散歩となったワケだけど
結構厳しいモノがあるってカンジ

豪雨で街路樹が結構葉や小枝を落としているし、イチョウの下では銀杏がいっぱい
何とも強烈な匂いを発している

強い雨は今まで道についていたいろんな匂いを洗い流してくれて、結構新鮮な気分で
散歩が出来た

旦那様が出勤する頃には突風が吹いて、電車は止まるし、ワタシんちのハロウィンの
飾りも無惨な状態になったけど、ワタシはソファでリラックス~リラックス


さて、旦那様の大好きなアンティークなESの描き込まれた絵画 、緑の大草原で活躍する
ESなどはいなく、季節はいつもこの時期の秋というワケ。

ワタシ達猟犬が活躍するのは狩猟シーズンである秋の早朝というのが決まり。

そもそも犬の種類が増えたのは、猟の種類、獲物の種類、猟をする場所に応じて猟犬が
作られたからで、世界に500種以上の犬種が存在するワケ。

ご存じの人気ナンバーワンのダックスフンドも、元はといえばアナグマ捕りの猟犬として
働いてただけでなく、シカ猟にも活躍しているらしい。

なぜダックスがシカ猟に向いているのかというと、あの短足のおかげで、ゆっくりとシカを
追い回してくれるので猟師は獲物に近づき易くなり、最終的に撃つことができるワケ。

このように獲物を追い掛け回して猟師に撃つチャンスを与えてくれる犬のことをハウンド犬と
いうと、習った。

ウサギ狩りのビーグルも同じ仲間だけど、アフガンハウンドなどのような脚長猟犬は、
猟師に撃たせるために追い回すのではなく、自ら獲物を追って捕えてくれる働き者。

こういうハウンド種は銃が発明される前にできあがっていた古いタイプの猟犬なワケ。

ガン(=銃)ドッグといわれる新しいタイプの鳥猟犬種は銃が発明されてから作られた
犬種でレトリーバーやワタシ達セターなど鳥猟に活躍する猟犬のことだ。

ワタシ達セターやポインターは藪に飛び込んで鳥を見つけ知らせるのが仕事だし、
レトリーバー種というタイプの鳥猟犬は漁師が撃った後が活躍で撃ち落とした鳥を探して
回収するのが猟犬としての役目。

だから、ラブは水の中へ飛び込んでいくのも大好きってカンジ。

そんなわけでグランドでもリキchan(黒ラブ)やカイchan(茶ラブ)がボールもってこいが
得意なのはよくわかる。

追い出すのが仕事のワタシがボールもってこいが好きなのはご褒美があるからというのが
もっぱらの噂・・・

■ となりの食卓
 ・ 肉じゃが煮込み
 ・ トマトサラダ
 ・ ごまだれ豆腐
 ・ パンプキンスープ
 ・ 梨    おこぼれあり

|

« チョコレートとチーズ | トップページ | 何派? »

コメント

>七栗堂mamaありがと
そうそう、そうゆうところを走る回るのは大得意!
でも、家庭犬の世界にはいるとウチのようなものぐさESは
だんだんとまったりムードになります。

>アデルpapaありがと
「ボール持ってくるとよいことがある」
(仕事するとお給料がもらえる)ということの認識からスタートですね!
ESは訓練されることが大好き(・・・な、はずです)
ウチは食べる訓練ばかりしているようで・・・

投稿: マリア | 2009年10月 9日 (金) 13:57

こんにちは。

8日の朝はお散歩はお休みしました。
意外とアデルは台風は平気そうで行く気満々でしたが、
同伴するボクの身も大変なので・・・。f^^:

ボール遊びから始まるレトリーブ。
全くする気なしです。ボールを認識していないですね。
雨の日はお部屋で遊べると、気が紛れるんと思うんですけど。
ボクもアデルも・・・。(゚ー゚;

投稿: Baz | 2009年10月 9日 (金) 13:26

本能に組み込まれた遺伝子ってほんとにすごいです

ユウェルが田んぼに脱走すると飛び上るようにはねて走るのは
きっとブッシュの中を駆け回ってるイメージなのだろうなぁ~~happy01

投稿: 七栗堂 | 2009年10月 9日 (金) 10:12

>Koyaパパありがと
Bossと遊んでもらえるのは何よりの幸せです。
ディアchanはパパさんが一番一生懸命になってくれる遊びを
いろいろ考えているのだと思いますよ

>みっちゃんmamaありがと
毎回台風が来ると、川の様子や海の様子を見に行って
さらわれてしまうか違います。
ママさんもあまり海岸に近寄らないようにしてください
でも、壮大な風景でしょうね~

>ミモザmamaありがと
そちらの方が台風はひどかったかもしれませんね
ルナchanは元気者だから藪でもどこでもつっこんでいきそう

投稿: マリア | 2009年10月 9日 (金) 06:40

台風がイヤだったのでしょう。
サラはずっとくっつき虫でした。
あちこちで、木の枝やら何やら落ちてきていましたね。
でも雨の量がそう多くなかったので、冠水など少なくて良かった。
ESはブッシュを走るのが大好きですね。
ジグザクに猛スピードで走っている時、とっても楽しそう。

投稿: ミモザ | 2009年10月 9日 (金) 06:11

台風はすでに過ぎ去った事でしょう。ハロウィンのお飾り以外で被害を被ってませんか?
「台風の目」の中での散歩は楽しそう。嵐の前の静けさがなんとも言え無いミステリアスな気分にさせる。おばちゃまの所は冬にストームが何度が来るんやけど、海に出てダイナミックな波を見るのが楽しい。

投稿: みっちゃん | 2009年10月 8日 (木) 23:10

なるほど~
我が家のディアが、フリスビーやボールの回収を2~3回しか付き合ってくれない理由が良く分かりましたよ~paper
でも、前々犬のEポインターは何十回も付き合ってくれたけど・・・性格かな。
今はタオルの綱引きが定番ですが、ESって何で遊んでもらうとと嬉しいのかな?

投稿: koya  | 2009年10月 8日 (木) 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョコレートとチーズ | トップページ | 何派? »