« 新規公認犬種 | トップページ | ファイド賞2009 »

2009年11月25日 (水)

セレモニー

2009_10220056

↑ お留守番のご褒美は特大でした~


    


お仕事で白金高輪に出かけた旦那様は、途中で変わったペットショップを見つけた。

ペットショップらしいのだけど、大半はペットの肖像画などをプリントした置物ばかり
というカンジのお店

そのときは「フム~?」というカンジだったのだけど、後でそのお店の正体がわかった。

D&Cアンジュという会社のアンテナショップで、この会社はペット専用クルーズセレモニーを
東京湾でサービスする会社なワケ。

同社によると船上葬儀は「世界でも類を見ない」サービスで、都内では火葬を含めたペット葬儀を
行える場所がほとんど無いことがビジネスを始めた理由。

確かに最近はペット用火葬施設を新設申請しても、近隣住民の反対で施設の建設が進まず、
さらに行政からも操業停止を指導されるなど、「煙」や「臭い」の問題から新規設備を準備する
ことが非常に困難らしい。

移動葬儀として、車に「焼却炉」を搭載した業者も現れたけど、自宅近くの駐車場等にて火葬を
行うため、近隣からのクレームもあるし、法外な料金でトラブルにもなっているカンジ。

この会社のセレモニーは50フィートの豪華クルーザーを改造した船を使用し、「告別式」から
「火葬」「収骨」までの一切を、東京湾上にて行う。

料金は48.000円からで最上級は258.000円といった設定もある。

そのコマーシャルビデオ(セレモニーの流れ)を見ていると、まるで人間様の葬儀のようで
そこまでやるの?というのが笑えてくる。 →pc

確かに、これだけのペットブームなので関連産業というのもいろいろアイデアが出てくる
ワケだけど、ワタシ達猟犬は海には余り縁はないので、お山の中でお願いというカンジ

  

■ となりの食卓
 ・ ポークピカタ
 ・ パスタ アラビアータ
 ・ アスパラソテー
 ・ 蕪と海老のあんかけ煮
 ・ みそ汁
 ・ ミカン    おこぼれあり

|

« 新規公認犬種 | トップページ | ファイド賞2009 »

コメント

>ブルボンmamaありがと
このセレモニーはいくらなんでもやりすぎだと
個人的には思いますが・・・・
昔は庭に直接でしたね。その方がよい気もするのですけど?

投稿: マリア | 2009年11月28日 (土) 06:43

こちらでは火葬自体がまだ少なくてブルックリンは二時間かけてお隣の長崎県まで火葬してもらいに行きましたよ。
昨年、やっと有田にもペットの葬儀場が出来ました。設備はイマイチだけど茶畑に囲まれた綺麗な自然の中なんです。
世の中にはこんな豪華な葬儀があるのですねぇ。

パパさん、チケットの件了解いたしました。^m^

投稿: ブルボン | 2009年11月28日 (土) 01:08

>Koyaパパありがと
要は問題なく焼却出来る場所の確保が大変なのでしょう。
実際には荒れる海上でするリスクよりも、どこぞで接岸して
行うのでしょうが、それでは味気ないのでお別れクルーズと
いうイベントを+したアイデアですね。

投稿: マリア | 2009年11月27日 (金) 13:26

2日ほどブログを拝見していなかったら、こんな貴重な情報が・・・

海上とは考えた事がありませんでした。
早速、社内で公開して研究させていただきます。
マリアちゃんも公開しちゃおうかなpaper

投稿: koya | 2009年11月27日 (金) 09:39

>コロmamaありがと
そのとおりで、得心のいくカタチで納めればよいのです。
豪華絢爛なのが好きな方はそれで良し、ロウソク一本で
納得する方はそれも良しです。

>七栗堂mamaありがと
都心では人間のお墓自体もマンション形式ですからねぇ
先々はわかりませんね!

投稿: マリア | 2009年11月26日 (木) 20:57

船の上で火葬場ってすごいですよねぇ~驚きです
でも、土地が少ないといわれる日本では
そのうち人間の火葬場も船上~~~ってことになったりするかもですねぇ~coldsweats02
ちなみに船酔いする私はゴメンこうむりますsad

投稿: 七栗堂 | 2009年11月26日 (木) 20:37

なんとも、そこまで・・・? という感じですが。

お友達は移動火葬車を頼み、おうちのガレージに椅子を出し、見送ったそうです。
私だったら、ちょっとそれはやりたくないなぁ、と思うけれど、でもそれぞれの飼い主さんが納得のいく方法でやればいいのですよね。

要は残された人が、その現実を受け入れるためにやるようなものですものね。


それにしてもマリアちゃん、大きなご褒美だことdelicious

投稿: コロママ | 2009年11月26日 (木) 16:06

>ミモザmamaありがと
騒がれている公害問題をクリアするための手段なのでしょう
灰にするのに一時間以上かかるというのには驚きです

>みっちゃんmamaありがと
今の日本にはこのあたりの厳格なルールがないのです。
商売の自由といってしまえばそれまでなのですが・・・

投稿: マリア | 2009年11月26日 (木) 14:46

また~~、こんな意地悪されてる。。可愛いさあまって苛めたくなるご主人の気持ちも分かるけど。

このお葬式は申し訳ないけど、あきれた。
ま、飼い主さんの気持ちの踏ん切りをつけるためとか、理由はそれぞれあるでしょうが、私の辞書にはありえないことやわ。

投稿: みっちゃん | 2009年11月26日 (木) 08:55

確かにガンドックが船上葬というのは・・・
火葬についてはいろいろとトラブルがあると聞いたことがあります。
安心してお願いできる寺院があるといいですね~

投稿: ミモザ | 2009年11月26日 (木) 07:02

>飛ばない豚パパありがと
船に焼却炉?を設置したところがアイデアでしょうね。
慈恵院!同じです!
マリアの里親になろうと決めた時も
先代犬のお墓にお伺いに行きました。天の声はもちろんOK!

投稿: マリア | 2009年11月26日 (木) 06:39

たしかにガンドッグが海上葬(?)ってのは。。
このアテルイさんの日記を読み始めた時、遺灰を海に撒くのが主な目的なのかと思いましたが、
そうでもない様ですね。
因みに我が家は代々府中の慈恵院でお願いしています。

投稿: 飛ばない豚 | 2009年11月25日 (水) 21:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新規公認犬種 | トップページ | ファイド賞2009 »