« 夢の中で | トップページ | ヨーロッパの不思議 »

2009年11月 3日 (火)

不思議な能力

2009_10220005

↑  アッ! 何処かでアップルパイの匂いがする

ワタシ達わんこの持っている能力の代表は嗅覚。

お気楽なワタシだってその嗅覚はまんざらでもないワケで、どんなに爆睡していても奥方様が
そーっと冷蔵庫から取り出したアイスクリームの甘い臭いはわかるし、旦那様がお酒の
おつまみにチーズを切れば深い眠りからでもガバッと飛び起きるぐらいなことは出来る

人の10万倍の嗅覚を持つと言われている犬だけど、なぜそんなにも鼻がいいのか?

人の場合は脳の使い方が視覚のため中心らしいけど、ワンコの場合は嗅覚のために
使われる脳領域が広いらしく、匂いを感じることのできる物質も多いということらしい。

人間の平均500万個のところ、犬は犬種によるものの、1億2500万個から2億5000万個
あるそうです。

セントハウンドの中でも嗅覚に優れていると言われているブラッドハウンドは、実に3億個
もの臭いを識別できる素晴らしい能力の持ち主らしい。

1兆倍に希釈した化学物質を検出したり、12メートルもの地中に埋められた物の匂いや
1週間前の人の指紋の匂いまでをも嗅ぐことができる犬たちは、その優れた鼻を使って
様々な仕事をしているワケ。

麻薬などの犯罪捜査犬ばかりでなく、爆発物や薬物、輸入禁止農作物、病害虫、白アリ
などの検出に、その鼻を大いに役立てて働いているワケ。

また、日本でも、黒ラブの「マリーン」のようにガン探知犬として働いている犬がいます。

ガン探知犬は、人の呼気から肺ガンや乳ガンを、尿からは膀胱ガンや前立腺ガンの匂いを
検出できるそうで、その正確性は、画像診断を行うハイテク機器を用いるのと同等か
それよりも上回るという。

犬種の性格をも活かした活躍をしている仲間もいて、米国農務省(USDA)では、グアムに
おいて飛行機に荷物を積む際、毒蛇のブラウン・ツリー・スネークが陰に隠れていないか
どうかチェックするために、ジャック・ラッセル・テリアを使っているそうです。

優れた嗅覚の上に、ジャック・ラッセル・テリアの、ヘビを怖がらない勇敢な性格と俊敏な
動きを併せ持つことが、毒ヘビ探知犬として活躍できる理由だそうです。


同じように、なんと、クジラの糞を探知する仕事をしている犬がいるそうだ。

クジラの研究者たちは、クジラの糞からその食餌や遺伝、ホルモン状態などの情報を
得たいと考えていたそうなのだけど、たった30分しか水面を漂う事がないクジラの糞を、
広大な海原からどうやって探したらいいものかと困っていたそう。

そこで登場したのがクジラの糞探知犬なのだそうです。

人だけだった時には2週間探し続けて5つのサンプルを発見するのがやっとといった状況
だったのが、クジラの糞のある方向にむけられた犬の鼻先を目印にして船を進めるように
したところ、1日で12サンプルも回収出来るようになり、クジラの生態調査に大いに
役立っているとのことです。

恐るべしわんこの嗅覚。飼い主さんが気づいていないだけで、みんなにもすごい能力が
あるかもしれないってワケ。

ワタシだって本物の小判の臭いをかがせてくれれば徳川埋葬金の在処を捜し当てるかも
しれないのに・・・・・

■ となりの食卓
 ・ 今年初めての牡蠣フライ
 ・ 中華風お焦げスープ
 ・ サラダリーフのサラダ
 ・ リンゴ   おこぼれあり
 

|

« 夢の中で | トップページ | ヨーロッパの不思議 »

コメント

>ミモザmamaありがと
きっと我々が知らないことをいっぱい知っていると思います。
明け方、一緒に庭に出ると風上に向かって一生懸命鼻腔をひくひく
させています。
我々が朝刊を読むのと同じように、情報収集しているのでしょうね~

投稿: マリア | 2009年11月 5日 (木) 16:26

サラやルナはどこまで何を知っているんだろう?と不思議に思うことがあります。
匂いからいろいろな情報を得ているのでしょうね。
がん探知犬などの訓練はもっと普及してくれるといいですね~

投稿: ミモザ | 2009年11月 5日 (木) 07:09

>Kylano3ママありがと
カイラ&マリオchanは自前のナットロッカーを持っているのでしょうか?
でも、確かに才能かもしれませんよ~

>ホーリーmamaありがと
飼い主の血糖値の異常を知らせる訓練があるそうです。
アメリカでは三人に一人が糖尿病予備軍でこれは深刻な問題です


投稿: マリア | 2009年11月 4日 (水) 17:19

麻薬犬、癌犬など、最先端技術の場で、ワンちゃんが活躍するのは、
嬉しいですよね。
鯨の糞の捜査は、又スケールが大きいですね。
ワンちゃんの能力をどう生かすかは、人間次第。
まだまだ活用の場は広がりますね。

投稿: ホーリーママ」 | 2009年11月 4日 (水) 17:01

カイラの鼻は今「クルミ狩り」に最大限に発揮されてるようです。

テーブルの上に置いてあったもの、背伸びして、箱倒して、オヤツにしてました。
背の届かないマリオにも、お裾分けしてましたけど。。。。catface

投稿: kylano3 | 2009年11月 4日 (水) 16:37

>シゲpapaありがと
アフロchanは今、ママさんからパパのへそくり探し出す
特訓を受けている最中だと話していましたよ!

投稿: マリア | 2009年11月 4日 (水) 15:32

クジラのお話。。

驚きですね(゜▽゜;)

それを
どうやって犬に教えるんだろう・・・

アフロにも
私が家に着くちょっと前に
鍵を空けとくとか・・
お風呂沸かすとか・・

してもらえないかな(^w^)

投稿: シゲ | 2009年11月 4日 (水) 10:12

>七栗堂mamaありがと
器械の持つ正確さにはかなわないけれど、器械にはない
本能的な特殊能力はスゴイものがありますね!

>飛ばない豚papaありがと
慶長小判でもよいし、太閤埋蔵金でもよいです。
ぜひ、見本としてプレゼントして下さい!

>みっちゃんmamaありがと
ハハハハハ!そのワンちゃん、その後大丈夫でしたか?
気絶などしていませんでしたか?

投稿: マリア | 2009年11月 4日 (水) 06:48

鼻だけがテーブルから付き出ててまるでレーダーになってるワンコいるよね(爆)
「何、食ってんだ?」 っておこぼれの期待を膨らませて。

オナラをついこいちゃってしつこくワンコにおしりを匂がれて困った事あったな。。。。
誰が犯人かバレバレやんね、\(;゚∇゚)/

投稿: みっちゃん | 2009年11月 4日 (水) 01:12

おお!徳川埋蔵金探知犬!

これこそ待ちに待ったココ掘れわんわん犬ですね!
よーし、どこかでホンモノの小判を手に入れなきゃいけませんね。。

投稿: 飛ばない豚 | 2009年11月 4日 (水) 00:42

ガン探知犬って分野があるだけでも驚きですよね
聞いたときはほんとに驚きでしたsign03

でもこんなに医学や科学が発達しているのに
ワンちゃんが活躍する場がたくさんあるってことは
やっぱり機械より生物の方が優ってることってなんでしょうねぇ~~happy01

投稿: 七栗堂 | 2009年11月 3日 (火) 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢の中で | トップページ | ヨーロッパの不思議 »