« 想い出探し | トップページ | まだワクチンの話 »

2009年11月16日 (月)

ワタシ宛の葉書

Dscf3597

↑ 説明はいいから早く食べさせてくださいなぁ~


今日は月に一回の「わんこの料理教室」の日

今月のメニューは「ポットシチュー」ってワケで、ロシア料理などに出てくるパイ生地の
フタのついたシチューってワケ。

シチューの具材は鶏モモ肉とカリフラワーとブロッコリーに人参とキノコ
フタになるパイ生地(今回はパン生地)さえ作れば後は簡単!ってカンジ。

Dscf3595

ワタシんちの伝言ボードに一枚の葉書が貼ってある

病院からのワクチン接種のお知らせだけど、人間様の新型ウィルス予防接種ではなく、
ワタシ宛のワクチン接種時期のご案内

ワクチンとは「特定のウィルスや病原菌を犬の体に注入し人工的に感染させることで
これらの菌に対して抗体を作らせ、自然感染で侵入してくる抗原に備える」というもの。

抗体が体内で作られている間は侵入してきたウィルスや菌は抗体が退治してくれるので
発症に至らずに済むワケ。

一度作られた抗体はその後も一定期間作られるが、抗原との接触がなければ徐々に
不必要なものとして作られなくなるため、抗体生産を持続させるために再接種が必要となる。

さて、その期間が問題なのだ

抗体は抗原の種類に応じて作られるので「何でも打てばいい」というものではなく、打った
抗原に対してしか抗体は作られず、逆に言えば防ぎたい病原菌を用いたワクチンを接種すること、
これが大事。

「5種混合を打ったから大丈夫」「8種を打ったから怖いモノなし」と安心するのではなく、
その中身が大事なワケ。

混合ワクチンの中でもパルボウィルス症、犬ジステンパー、肝炎は特に仔犬や老齢犬にとって
致死率の高い感染症で、感染源もパルボウィルス症ならば日常的な周辺環境、ジステンパーは
感染している犬との接触、肝炎はすでに病気になっている犬のおしっこがかかった草などを舐め
たりすることで感染する。

例えば最も恐いとされているパルボウィルスは、感染した犬の糞、嘔吐物、それに接触した人の
手足などから経口感染するものだけど、発症するまでの潜伏期間が1週間~2週間あるので、
気付いた時にはすでに手遅というカンジ。


しかし、ワクチン接種はホルモンバランスにも影響するし、アレルギーを引き起すことも多いワケ

以前は外国でも年一回接種が常識だったけど、今では三年に一回がふつうらしい。

さらに、ワクチンは内分泌系に影響を与え、ワクチン接種によって期待される抗体を作りにくい
体になることもあるらしい。

1年に1回の過剰接種を続けると、このようなことがおこることもあるそうで、最近は、甲状腺の
疾患が多くなっているそうだけど、この甲状腺の機能低下が過剰なワクチン接種によって
引き起こされているということも、問題になっているらしい。

甲状腺は体内の代謝をコントロールする非常に大切な器官で、甲状腺の機能が低下すると、
攻撃的になったり、てんかんという症状を発症しやすいということもわかっている。

過剰なワクチン接種によって、体の機能が低下し、ワクチン接種をしているのに、伝染病などに
かかってしまうケースもあるそうだ。


病院もビジネスなので年に一回ワクチン接種の葉書が来たりする。他の病気やけがの時には
無理にでもお世話にならないといけないので露骨に無視することも出来ないワケ

年に一回、抗体検査をして、必要なワクチンだけを接種できるといいのだけど、なかなかそこまで
親切なドクターは少ない。

なかなか難しいところなのだ・・・・・


■となりの食卓
 ・ バッテラ寿司盛り合わせ
 ・ 野菜たっぷりのワンタンスープ
 ・ きんぴら牛蒡
 ・ ラフランス   おこぼれあり

|

« 想い出探し | トップページ | まだワクチンの話 »

コメント

>ミモザmamaありがと
そう考えると予防接種の意味があるので
打った甲斐があると思えます。
今日も少し続きを書きます。

投稿: マリア | 2009年11月17日 (火) 20:42

我が家は、いつもこれからの時期がワクチン・・・
悩むところです。
でもお出かけも多いし、ランで遊ぶし・・・
まぁルナのケンネルコフが軽くすんだのは、ワクチンのおかげかもしれませんが。
先生と相談かなぁ。

投稿: ミモザ | 2009年11月17日 (火) 18:41

>Kylano3ママありがと
わんこ用と人間用二種習います。
人間用は塩味を効かしたり、具材を変えたり。
ヨーロッパはペット健康手帳のようなモノを発行している
国も多いですね

投稿: マリア | 2009年11月17日 (火) 17:11

ポットシチュー、人間用には味を濃い目にすれば、家族でみんなで同じメニューでいけますね。

おいしそう!!!

ワクチンは。。。。
知り合いのニャンですが、何かの予防接種の結果、体調をすっかり崩し、入退院の繰り返しと。。。。

かんがえますね~~~。

投稿: kylano3 | 2009年11月17日 (火) 16:20

>七栗堂mamaありがと
最近は9種というのが増えているみたいですね。
ユウェルchanはしばらく毎年接種になるのでしょうね~
ウチは7歳になるのでそろそろ考え時です

投稿: マリア | 2009年11月17日 (火) 13:30

あぁ~私も悩んでいたとこなのですよ…ワクチン接種hospital

3年にしたいのだけど、ほんとにしてしまっていいものなのか
小さい時はやはり1年おきがいいのか…とか
素人ではわからないことなので相談したいけど
うちの獣医さんは1年接種なので相談もできず…

難しいところですよね…gawk

5種や8種なんかを選ぶのも毎年悩みます
今回はブリーダーさんに9種打ってくれと言われたので9種にしたのですが
獣医さんと相談するとそこまで必要性も感じられず…wobbly

投稿: 七栗堂 | 2009年11月17日 (火) 09:48

>ユミmamaありがと
結局毎年接種というのが一番多いようです。
10歳を超えたら止めた方がよいそうな気もします

>ホーリーmamaありがと
人肌以下ぐらいです。食べる時は砕いて中身も移して
ただのパイ付きシチュー。
でも嬉しそうに完食でした。

>飛ばない豚papaありがと
抗体検査が出来ればそれにこしたことはありません
まあ、金額的には高いものになりますが・・・

>みっちゃんmamaありがと
ペット行政に関してはまだまだ後進国です
ワクチン接種は動物病院の重要な収入源ですからねぇ

投稿: マリア | 2009年11月17日 (火) 06:44

これ、おばちゃまにも欲しいわ。ねえ、マリアちゃんちょっと頂戴よ〜

ワクチンはリスクは減るけど確実じゃないからね。私も1本予防接種を受けたけど、新型のも受けないと意味が無いとか言う人も居るしね。ちゃんと受けてもいろんな身体のコンディションや環境で感染するしね。

医者じゃ無くペットの保健所(SPCAの様な所)は無いの? 
抗体検査と必要なワクチンだけを接種してくれたったええのにね。

投稿: みっちゃん | 2009年11月17日 (火) 00:38

うーん。。

たしかにワクチン接種のサイクルはムズカシイですね。。
でも抗体検査という手がありましたか!

ウチのドクターは現実的で何でも話してくれる人なので、相談してみようっと。

投稿: 飛ばない豚 | 2009年11月16日 (月) 23:21

ポットシチューは、マリアちゃん用なんだ~
美味しそう!!
人間用だったら、熱々が嬉しいけれど、ワンちゃんは、
人肌温度位までなら、OKなのかしら?

本当にワクチンも受けた方が良いのか、色々なリスクも、
考慮しなくてはいけないので、迷いますよね。
人間も同じく、迷いますthink

投稿: ホーリーママ | 2009年11月16日 (月) 23:04

マリアちゃんはいつも美味しい物が食べられますね。

ワクチン接種の問題は難しいですよね。
うちは接種期間を伸ばそうかと思うのですが、もし発症したらと考えてしまいます。
それにドッグラン、ペットホテル等も5種以上接種していないとダメな所が
多くて、
旅行に行くとなると毎年接種となってしまいます。

投稿: ユミ | 2009年11月16日 (月) 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 想い出探し | トップページ | まだワクチンの話 »