« オオカミになろう | トップページ | 上から目線 »

2009年12月 9日 (水)

冬の健康チェック

2009_12060037

↑ Zzzzzzzzzzzzzz・・・・・・・・

  

だんだんと冬らしい朝になってきた。
最近はワタシの起床時間もだいぶ5時に近づいてきたってカンジ

冬になるとワタシの指定席も変わる。夏はフローリングの床かクールマットのある床だけど、
この時期からは、こたつのないワタシんちではストーブの真ん前が特等席なワケ。

もちろん、ソファーの一番隅のエアコンのよくあたる場所は夏でも冬でもワタシの指定席だけど、
寝たいときに作動していないときも多いし・・・リモコン貸してくれれば自分でつけるのだけどね。

今日の日中は二階にある我が家で一番日当たりがよい奥方様の部屋へ上がり込んでうたた寝。

奥方様が階下に降りても、ワタシはゴロゴロしていたら、突然何やら良い匂いがしてきたワケ
奥方様がこっそり柿を剥いているカンジ!慌てて階段を駆け下りておこぼれ頂戴に・・・・・

  


ペット保険のアニコム損害保険で、ペットが冬季(12月-2月)にかかりやすい疾患についての
調査を行った。
  

以下プレスリリース内容---------------------

■ 各疾患の季節別請求件数

各疾患の季節別請求件数を集計したところ、犬では「筋骨格系の疾患」、猫では
「泌尿器の疾患」において、冬季(12月-2月)に増加する傾向があることがわかりました。

いずれも夏季(6月-8月)が最も少なく、気温の低下に伴い件数が増加していき、
冬季に最も件数が多くなる結果となりました。

これからの季節、充分注意をして予防早期発見に努めることが大切です。

■ 冬季に特に注意すべき疾患と対策

【犬の場合】
Q:どんな病気に注意すればいい?
A:筋骨格系の疾患に注意。関節炎、椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼などがあります。

Q:なぜ冬に多くなるの?
A:冬季は気温の低下や気圧の変化などにより、ペットの体が冷えるため血行が悪くなり、
痛みを感じやすくなります。そのため、寒い時期には歩くことを嫌がる、足を痛がるなどの
様子がみられ、「筋骨格系疾患」での通院が増加すると考えられます。

Q:気をつけてあげることはなに?
A:常に風が当たる場所や、極端に寒い場所に長時間じっとしていることは避け、運動する
際にも急に激しい運動をしないよう気を付けることが大切です。

散歩前にマッサージやストレッチをしてあげることも効果的です。

また、人と同じようにグルコサミンやコンドロイチン硫酸を含むサプリメントがありますので、
獣医師と相談のうえ症状の緩和や予防の一環として継続するのもよいでしょう。


【猫の場合】

Q:どんな病気に注意すればいい?
A:泌尿器の疾患に注意。膀胱炎、腎・膀胱結石、尿石症、下部尿路疾患などがあります。

Q:なぜ冬に多くなるの?
A:膀胱炎などの泌尿器疾患は、体質や食事の種類、細菌の尿路感染、飲水量の低下、
そしてそれらにより尿中に結晶ができやすくなることなどが原因となり発症するといわれています。

冬場は、寒さから水をあまり飲まなくなり尿量が減ることや、トイレが廊下や洗面所など少し寒い
場所にあると排尿回数が減る場合があるなどの理由から、細菌感染が起きやすくなったり、
尿中に結晶ができやくなる傾向がみられます。

Q:気をつけてあげることはなに?
A:「飲みたいときに新鮮な水を飲める環境にする」、「排尿しやすい環境を作る」などに注意して
あげましょう。部屋や飲み水を暖かくする、ご飯をぬるま湯でふやかして水分補給を補助する、
なども効果的です。

また、おしっこの色やにおい・量や回数の増減が気になる場合や、頻尿(頻繁におしっこにいくが
実際の排尿量は少ない)、排尿時に痛がって鳴くなどの症状が見られる場合には、早めに
動物病院へ通院し尿検査を受けることが大切です。


ワタシもそろそろシニアの域、少しは慎重にしなくては!


   

■ となりの食卓
 ・ 八宝菜
 ・ 一口ネギうどん
 ・ 豆腐ハンバーグ
 ・ 南瓜煮
 ・ みそ汁
 ・ リンゴ    おこぼれあり

|

« オオカミになろう | トップページ | 上から目線 »

コメント

>ミモザmamaありがと
そうそう、ドライアイも忘れていました。
マリアも少し涙が多くなった気がします。
サラchan準備運動してから遊びましょうね

>七栗堂mamaありがと
ワンコの水飲みはセーブしている飼い主さん多いですね
ウチも水太りかなぁ

>みっちゃんmamaありがと
猫はあまり水を飲まないですからね~
Beer飲ましてはダメですよ!

>Kylano3ママありがと
東京は来週から寒くなるそうです。
シニアになればペットもヒトも準備運動が必要ですね
腰をやられないように気をつけなければ

投稿: マリア | 2009年12月10日 (木) 20:23

こちらは冬気温になってはいるものの、なんか暖かい。
12月もそろそろ半ば、いつもならセントラル・ヒーティングがかかせないのに。

散歩前のストレッチ。。。。。。。。
カイラに伝えておきます。。。。。。

投稿: kylano3 | 2009年12月10日 (木) 15:44

こっちもすっごい寒波に見舞われておばちゃまも震えてるわ ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
マリアちゃん、気持ち良さそう〜

あれあれ、ネコちゃんも膀胱炎になるのね。

投稿: みっちゃん | 2009年12月10日 (木) 15:29

おぉ~~気をつけねばcoldsweats02とワンではなくニャンの方

黒猫ちゃんは一度膀胱炎になった経験者で泌尿器系が弱いらしい
ネコちゃんはほんとに水を飲まないので気を使いますsweat01
反対にユウェルは水の飲みすぎで調整が大変ですsad

投稿: 七栗堂 | 2009年12月10日 (木) 11:41

寒くなってくると筋肉・関節・・・これはヒトと一緒ですね~
サプリの中でも一番の売れ筋なのではないかしら?
サラには、冬のランで遊ぶ前には、マッサージを忘れずにしてあげよう。

そうそう、ドライアイも冬場に増えるようです。
どうしても室内が乾燥しますからね。

投稿: ミモザ | 2009年12月10日 (木) 06:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオカミになろう | トップページ | 上から目線 »