« お留守番 | トップページ | お後がよろしいようで »

2009年12月14日 (月)

ウィーンよいとこ

2009_12060055

↑ この公園は立ち入りOKです
  

こと犬に関して、旦那様のお気に入りはドイツのようだ。

広大な森は犬の自由運動に開放されているし、公共交通機関は犬と一緒に乗りまわせるし、
買い物にだって比較的どこにでも連れて行けそうだ。

もしも、今ワタシんちがワタシ共々海外移住するなら、迷わずドイツに行くというワケ。
ドイツ語も出来ないのに!

しかし、そのドイツに匹敵する犬連れにとって良さそうな街があった。
それがオーストリアのウィーンだそうだ。

ウィーンはワタシんちにとってとても思い入れの深い街らしい。

ハプスブルグ家を勉強した奥方様にとって、ウィーンは聖地ともいっていいほどの街で、
ワタシがこのウチにくる前に旦那様と二週間余かけて一周した街なワケ

ワンコにとって何が良いかというと、公共交通機関への同乗はもちろん、レストラン・カフェ類への
同伴などもほとんど構わないらしい。

美術館などは残念ながら同伴できないらしいけど、子供と犬の市内乗車料金は大人の半額、
ただし車内ではリードに繋ぎ、マズルガード着用のこと...ということらしいけど、まあ誰もして
いないらしい。

「ウィーン市の犬の飼育に関する条例」というのがあり、そこにはこういうコトがかかれているそうだ


犬にはそのタイプ、犬種そして年齢に応じた運動の必然性さらには健康状態に応じた戸外での
運動を少なくとも毎日一回与えられなければならない。

犬にはその年齢と性別に応じた戸外での尿・糞の排泄の機会を一日数回与えなければいけない。

これに続いてこの条例には「犬にはできる限り多くの社会的接触を飼育人と持たせること」や
「繋ぎ飼いの禁止」などがとくとくと書かれているらしい。

特に戸外での飼育については檻の大きさや条件などが示してあり、これは以前に日記に書いた
ドイツの「動物保護-犬に関する条例」と同じような明確な広さを示した条例だ。

犬を飼う人は一日数回トイレ等のために外に連れ出さなければいけないなんて、日本のお役所の
発想では間違っても出て来ないってカンジ

というわけで、この条例に基づき市政が行われているウィーンには市内すべてにおいて犬の
運動場「フンデ・ツォーネ Hundezone」というのがあって、もちろん使用は無料。

大きさは50㎡の「犬トイレ」から6万坪を超えるプラーター公園(『第三の男』に出てきた)の
森の一角までたくさんあるそうだ

さらに、この犬の公園や街のいたるところには犬のウンチ袋スペンダーが設置されいる。
もしも、この街で犬の糞の放置をすると36ユーロ(約5000円)の罰金ということらしい。

旦那様達が訪れたときは、まだこれほど整備はされておらず、道の彼方此方には落とし物
があり、パリなんかと変わらない様子だったけど、ここ数年で急激に整備されたそう。

日本もワンコ立ち入り禁止の公園ばかり作らないで、一念発起ワンコOKの街作り
しませんかねぇ~


  
■となりの食卓
 ・ タラバガニの芙蓉蟹
 ・ 蛸のマリネ
 ・ 粕汁
 ・ キウィ   おこぼれあり
 

|

« お留守番 | トップページ | お後がよろしいようで »

コメント

>ミモザmamaありがと
奥方様木に登りますからやめてください!
外国はどこへ行っても、住みたいと感じてしまう良さがありました。
でも、30年ほど前に仕事で行った中国南部だけは別でした!

>七栗堂mamaありがと
家トイレは使用後10分以内に新しいものと
交換すること!
また、トイレ横には二枚重ねシルキータッチのトイレットペーパーを常備すること(happy01

投稿: マリア | 2009年12月16日 (水) 16:30

排泄の回数が条例で決められてるのはすごいですねsign03

ちなみにユウェルはお家トイレ派なのですが、
お家トイレ派はトイレ派で、一日何回トイレシートを交換しなくちゃいけないとかはないんですかねsign02

投稿: 七栗堂 | 2009年12月16日 (水) 11:44

ウィーンと奥方様の雰囲気はぴったりですね~
以前訪ねた時は、駆け足でしたが、大人の街という印象があります。
ゆっくりと滞在して味わいたい場所のひとつです。
自分が住むとしたら・・・と昔はよく考えたっけなぁ。

投稿: ミモザ | 2009年12月16日 (水) 07:25

>Kylano3ママありがと
おや?そうでしたか!
学生時代スキー部だった私にはインスブルク五輪のイメージ
しかなかった国ですが、歴史豊かな京都的イメージの土地です
ほとんどドイツ語ですから、やはりドイツに近いお国柄ですね

投稿: マリア | 2009年12月15日 (火) 16:58

ワンニャンたちが恵まれた生活を送れる国っていいですよね!

オーストリアはまったく未知の国。
ちょっと行ってみたいですね~~。

投稿: kylano3 | 2009年12月15日 (火) 15:59

>アテモレmamaありがと
お知らせありがとうございます。
すでに3セット買わされています。3セットも買っても
一枚も使わないのにですよ!
最近はコレクター向け狙いの記念切手発行が多いですね~
これも民営化商売でしょうか。

投稿: マリア | 2009年12月15日 (火) 15:53

今郵便局に来たのですが、日本オーストリア交流年の記念切手があったので、思わず買ってしまいました。
エリザベートの肖像画もありとてもきれいですよ。
奥様へのお土産などいかがですか?

投稿: アテモレ | 2009年12月15日 (火) 13:16

>ホーリーmamaありがと
美術館も多く、とても数日で掌握できる街ではありません。
ウィーンでは何軒もカフェを廻りましたが
何回か大型犬が、同伴しているのを見かけました。

投稿: マリア | 2009年12月15日 (火) 06:39

わ~、ウィーンに我が家も移り住みたい。
犬を理解し、人間と犬が快適に暮らせる生活がありますよね。
日本の、現実に、ガックリしてしまいます。

丁度、兄が明日、仕事でパレスチナからウィーン経由で帰ってくると、
先ほど母から、聞いたばかりでした。
ウィーンに行けていいな~と、思っていたので・・・

投稿: ホーリーママ | 2009年12月14日 (月) 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お留守番 | トップページ | お後がよろしいようで »