« オヤツはクグロフ | トップページ | !マーク付きの名前 »

2009年12月21日 (月)

もしもの時のために

2009_12200040
↑ 七面鳥と格闘中です

2009_12200047
↑ ワタシ勝ったみたい

2009_12200052

↑ 逆襲されました! アッ~やられた~助けて
    


今日は休日に旦那様が見つけた愛犬の心肺蘇生方法のお勉強。
そんな事態に陥らないのが一番だけど、覚えておいて損はないってカンジ

もしも愛犬が突然心肺停止状態に陥ってしまったら・・・皆さんはどうされますか?

アメリカのペット情報サイト、AP-Petside.com によるペットオーナーへの調査によると、
63%の飼い主が愛犬に心肺蘇生を施すだろうと回答したそうです。

男女比では、男性50%に対して女性が65%と、女性のほうが高い結果となっています。

とはいうものの、実際にどのようにして行えばいいのか、その方法を知っている方は少ないので
はないかってカンジ。

もしもの時のために、愛犬の心肺蘇生方法をチェックしてみようではないですか。

犬が呼吸をしていない場合、口の中に粘液が残っていたり、異物が入っていたらそれを取り出す。

次に気道がまっすぐに確保できるよう頭の位置を調節する。

口を閉じさせた状態で鼻先を片手で持ち、小型犬の場合は鼻と口を、大型犬の場合は鼻だけを、
あなたの口で覆うようにします。

犬の鼻から息を吹き込みます。その際、胸が膨らんでいるかどうか確認しましょう。
もし胸が膨らまないようならば、犬の口の中に異物がないかもう一度チェックする必要があります。

胸が膨らんで空気が体内に入ったことを確認したら、犬の口から手を離し、
息が吐き出せるようにします。

犬の呼吸が戻るまで、5秒ごとに繰り返します。

もし呼吸が戻らず心拍が停止している場合には、心肺蘇生(CPR)を行います。
(ここからビデオの後半部で紹介されています)

犬の右側を下にして横たわらせます。

犬の心臓は、左前肢を後ろに曲げたヒジのあたりにあります。頭を少し後ろにずらして
気道を確保し、犬の鼻から素早く4回息を送りこみます。

口吻は右手で囲むようにして閉じ、左手を胸部において呼気が送り込まれているかどうか
確認しながら行います。

心臓部分に片手を置き、もう一方の手をその上に置いて組み、素早くしっかりと両手で
圧迫します。圧迫は10秒以内に15回行いましょう。

再び1回息を吹き込みます。

犬の腰の下に左手をまわし、右手は腹部の上に置いて圧迫します。この処置は、心臓への
血液循環の助けとなるそうです。

2人いる場合には、息を吹き込んで心臓を押す担当と、腰を圧迫する担当に分かれて
処置をしましょう。

この手順を繰り返します。

ちなみに、心肺蘇生以外に以下のような調査結果も公表されています

火災時の避難計画を立てていない人 54%
天災時の避難計画を立てていない人 53%
ペット用救急セットを持っている人 20%
ペットが交通事故にあったことがある人 11%
自動車の中で犬をフリーにさせている人 62%

ペットオーナーの41%が、少なくとも一度はペットの緊急事態で獣医に駆け込んだことがあると
答えたにもかかわらず、これらの結果を見る限り、まだまだ備えが出来ていないというカンジ。

これらはアメリカでの調査結果だけど、日本も同様で、対策の重要性は分かってはいるものの、
つい後回しにしてしまいがちなワケ。

ワタシんちの旦那様も耳が痛いらしい

このビデオを見てもたぶん明日には忘れているだろから、メモにして残しておくとよいかも!

  
■ となりの食卓
 ・ お手製餃子
 ・ 小松菜のお浸し
 ・ 花豆の炊いたん
 ・ みそ汁
 ・ キウィ   おこぼれあり


|

« オヤツはクグロフ | トップページ | !マーク付きの名前 »

コメント

>ミモザmamaありがと
ウチも聴診器はありますよ~
もっぱら樹木の音を聞いています。
マリアの躰のアチコチを押さえていたらプ~しました!

投稿: マリア | 2009年12月22日 (火) 21:12

CPRは慣れが必要ですからね~
以前聞いた話では、ポメラニアン位のワンだと、心臓は鶉の卵の大きさだそうです。
ESの場合はもっと大きいでしょうが、この映像だと結構力を入れてマッサージしていますね。
横向きですし、肋骨を折らないか心配になるけど。
ヒトの場合の基本は、Bazさんが書かれているように、AED&心臓マッサージ。
感染症のリスクもあるし、難しいのでマウストゥマウスは、無理にしなくてもOK。
我が家はワン用の薬袋があるのだけど、まだ体温計を買っていないから、そのうち専用を購入する予定です。
サラには、時々聴診器で心音聞いたりして遊んでますよ~

投稿: ミモザ | 2009年12月22日 (火) 19:14

>Kylano3ママありがと
さすがのマリアもそこまではさせてくれません。
もしも・・・やるときはぶっつけ本番です。

>みっちゃんmamaありがと
大昔ボーイスカウトの試験でまねごとをやった記憶があります。
それと、大人になってから近所の子供がカンロ飴喉に詰まらせたので
逆さにして振ったら取れました~

>コロmamaありがと
ここんところのように伊豆で地震が連発すると
少し考えますね。
ウチもフードと救急セットだけは用意してあります。
井の頭公園でテント暮らしの予定です

>Bazパパありがと
心得がおありなのですね。
訓練とはいえ、知ると知らないでは天地の違いがあるはずです。
知っていて損はないのですが、なるべく使わないに
越したことはないですね。

投稿: マリア | 2009年12月22日 (火) 17:43

これは、勉強しておいて損はないですね。
救命講習上級を持っており、二年毎の更新のたびに心肺
蘇生とかを練習しますが、その難しさを感じます。
強すぎず、弱すぎず。あわてずに的確に、リズム良く。
ビデオを何度も見直してしまいました。

人の場合、状況が難しければ心臓マッサージだけでも
するようにと言われました。
犬にも当てはまるのかな?
とにかく、脳に酸素を送らなければならないそうです。

投稿: Baz | 2009年12月22日 (火) 16:50

これは知っておくといいですね。
でも、どうか使う機会がきませんよ~~~に。

私も緊急事態をあまり考えていないかも・・・。
やっていることは、フードを多めに用意することと、車ではバリケンに入れていること、バリケンに慣らすことぐらいかなぁ。
救急セットも用意しなくちゃまずいわよね。

投稿: コロママ | 2009年12月22日 (火) 15:39

おばちゃまは人様のCPRはクラスを取って赤十字から免許もいただいたんだけど、ワンコのは知らなかったわ。
ワンコにも飼い主さんがその知識は持ってる方がええかもね。
心拍停止は病気じゃなくてもちょっとした事で誰にでも起こる可能性あるもんな。物を詰まらせた位で命を落としてしまう事もあるんやもんな。
ま、美味しい物が目の前にあるとつい慌てて食べてしまうしな〜 

投稿: みっちゃん | 2009年12月22日 (火) 11:20

七面鳥バトル!

逆襲のあと、蘇生術の練習モルモットに変身させられなかったですか、マリアちゃん。

どうぞ、そんな緊急事態が発生しませんように!!!

投稿: kylano3 | 2009年12月22日 (火) 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オヤツはクグロフ | トップページ | !マーク付きの名前 »