« 二つの仮説 | トップページ | 中国では »

2009年12月 1日 (火)

闇鍋晩餐会?

2009_09270088

↑ ちょっと探検してみます!


   


   


そろそろワタシんちでもクリスマスバージョンの飾り付けが始まるらしい。

きょうは奥方様のハワイアンキルトのクリスマスバージョンが登場した。
今度の休日はワタシんちの庭もクリスマス仕様になるようだ。

都心のホテルなどもいろいろクリスマス企画があるけれど、旦那様が注目しているのが
昨年から行われているコンラッド東京の「くらやみ食道」企画というもの


「クラヤミ食堂Christmas Special~サンタクロースの晩餐会」は、お客様が目隠しをして食事を
する企画で、目隠しで食事というと、学園祭のノリだけど、これはれっきとしたディナーで
コンラッド東京ホテルと博報堂の研究チームの共催。今年は12月23日に行われる。

今年は「サンタクロースから招待状が届き、晩さん会に招かれるイメージ」で行うそうだ。

目隠しをした状態で初対面の人とフルコースのディナーを食す体感イベントで、視覚を
なくすことで、他の聴覚・臭覚・味覚・触覚を刺激し、鋭敏になったそれらの感覚と視覚に
頼らない世界を楽しもうという遊び心いっぱいのイベントだ。

クリスマススペシャルの食事は、同ホテルのフレディ・シュミット総料理長によるテーマと
ストーリー性を持たせた高級素材のフルコース。

ワインもソムリエが厳選したものを用意する。会場では視覚を遮断され敏感になった聴覚と
想像力をさらに刺激するため、さまざまな仕掛けと演出が行われる予定だそうだ。

イベントの趣旨上、カップルで参加しても別々のテーブルに着席させられるわけで、不安と
孤独から、参加者は同じテーブルの見知らぬ人と自然と会話を交わすようになるという。

最後に互いの顔を確認する場合もあれば、回によっては最後まで仲間の顔を見ないまま
『声だけの一期一会』もことあるそうだ。

顔も名前も肩書きも知らない仲間との時間は「忘れていた何かを思い出させる」という。

昨年は、「料理を担当する女性シェフの父親が参加した際、内緒で女性シェフ自身が父の
手を引いたところ、父は娘であることがすぐにわかった。何十年も手はつないでいないはずなのに」
というハプニングもあったそうだ。

18時30分開場、19時開演。参加は20歳以上で、料金は1人17,000円(コース料理・フリードリンク込み)。
詳しくはこちら → pc

考えてみれば、ワタシなんて、しょっちゅう「闇鍋晩餐会」みたいなモノで、旦那様達の作った得体の
知れないジャーキーやクッキーを食べさせられているので少々のことでは驚かないってカンジ!


   


■ となりの食卓
 ・ 親子丼
 ・ 一口新そば
 ・ モヤシとホウレン草の胡麻和え
 ・ みそ汁
 ・ リンゴ   おこぼれあり

|

« 二つの仮説 | トップページ | 中国では »

コメント

>みっちゃんmamaありがと
舌だけで味覚を感じるというのは
いつもと違った感触があります。
一度実験してみる価値ありですよ

投稿: マリア | 2009年12月 4日 (金) 06:55

目隠しで食事はご勘弁を。。。。
美味しい物は見た目から楽しみたいし、何を食べさせられるのか分からへんのはちょっと〜
おばちゃまももっと若ければこうゆう事楽しんだろうけどね。(笑)

投稿: みっちゃん | 2009年12月 4日 (金) 01:29

>momoshibaママありがと
ウチの奥方様が通っている「わんこの料理教室」では
ワンコ用クリスマスケーキと年末に「ワンコおせち」を
手作りします。
これが結構見た目豪華です!
2008年12月の日記に昨年の写真があります
http://mariapaws.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/index.html

>ホーリーmamaありがと
この目隠しディナーは食べやすいように、盛りつけも
工夫されていますし、サポートもしてくれます。
自宅でも充分に楽しめます。
きっと新鮮な発見がありますよ!

投稿: マリア | 2009年12月 3日 (木) 06:47

コンラッドホテルは、まだ、行ったことがありません。
う~ん、グラスや、ホークなどを手探りで探し出して、
食べるのは難しそう。
新しい経験でしょうね。
今度、我が家でもしてみようかしら。

投稿: ホーリーママ | 2009年12月 2日 (水) 22:17

クリスマスにぴったりのワンちゃんに
プレゼントできる食べ物ってありますか?

何があるかなぁって考えてます。

我が家は今日、クリスマスの飾りつけを
しました。

デイープに食べられないように気をつけます。
さっきツリーをかじってました。。。涙

投稿: momoshiba | 2009年12月 2日 (水) 20:39

>ミモザmamaありがと
高校時代の部活合宿での闇鍋、軍手の味噌煮を
食べさせられたことがあります。
これは悪ふざけの域ですが、今回のは繊細な味の
テイスティングのようなモノです。
試しに、自宅で普段使っている調味料を最初から目隠しで
味わうと、意外な味の感覚に驚かされますよ

投稿: マリア | 2009年12月 2日 (水) 20:28

人の情報の80%が視覚から・・・と聞いたことがあります。
見えない状態でお食事・・・となると、他の感覚は鋭くなるのでしょうね。
とはいっても、せっかくのお食事・・・目でも楽しみたい気がしますが・・・。


投稿: ミモザ | 2009年12月 2日 (水) 17:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二つの仮説 | トップページ | 中国では »