« 上から目線 | トップページ | お留守番 »

2009年12月11日 (金)

犬の肉屋さん

2009_12060020

↑  肉とはいわず、なんでもいきますよ~

 


旦那様の会社の新米飼い主さん、またまた壁にぶつかったそうだ。
お犬様がドライフードを食べなくなったカンジ

別に体調不良なわけではないようで、今までは普通に食べていたのに、ドッグフードよりも
美味いものがこの世のあることを学習してしまったワケ。

どうやら、奥様がご自分の間食おやつをあげたらしいく、昨日はたこ焼きをいただいたそうだ。

理由はともかく、最近のお犬様はドライフードを食物と思わなくなったようである。

もともとワタシみたいに食欲旺盛なタイプではないこともあり、食べるフードの量も
少ないらしい。

仕方なく、わがまま犬用のトッピングをかけたり、チーズをすり下ろして混ぜたり、
涙ぐましい努力をしているワケ。


ドライフードは飼い主にとって便利な食料なワケで、毎日メニューを考える必要もなく調理の
時間もかからないし、栄養的にも偏りが少なく、とりあえずドライフードを食べていれば昔の
残飯を食べていた時代のようにビタミン欠乏に陥ることはない。

奥方様などは人間用のドライフードが早くでないかと心待ちにしているってカンジ。

ワタシの場合、手作り食にしてもう何年もたつわけで、その基本は肉と野菜で、もちろん
人間用の肉ではないワケ。

牛にしろ、馬にしろ、外国産のワンコ用食材。

近頃ではペットショップでも犬用にと冷凍生肉を売っているが、それよりも遙かに安いワンコよう
なわけで、しかも栄養学的に欠かすことのできない内臓系の肉もあるのがうれしい

もっとも、スーパーの肉売り場で「犬にやりたいんですけど、切り落とし肉ありますか?」などと
言ったらきっと気を悪くされるだろう。

しかし外国、特にドイツなど犬先進国では店で食肉解体をしたときに出てくる切り落としやくず肉を、
あらかじめ犬用にとわざわざ取り分けて販売してくれるそうだ。

それだけでなく内臓系も使って店ごとに違ったレシピで作った犬用のソーセージもあるらしい

表示も動物飼料法などというのがあって「犬用ミックスフード」と書かれ、成分分析表示も
ついているワケ。

何でもベルリンには犬用肉の専門店も何件かあって、人間用の食肉と同じ衛生基準の牛肉、
馬肉、鶏肉そしてその内臓系や骨があるそうだ。

だからというわけではないけれど、ドイツ原産のワンコはドーベルマンにしろ、シェパードに
しろ、いかにもアスリート系で肉食べてます!というカンジの犬種が多いワケ


  
■ となりの食卓
 ・ 牛肉の時雨炊き
 ・ 九条ネギ入りの出汁巻き
 ・ キノコと茗荷とサツマイモの揚げ物
 ・ ホウレン草の胡麻和え
 ・ みそ汁
 ・ リンゴ

|

« 上から目線 | トップページ | お留守番 »

コメント

>七栗堂mamaありがと
ややこしくてすみません。
東京の肉卸さんですが、愛犬家であるため外国産肉を犬用に
通販されています。
牛、鶏、鹿、ウサギ肉があります。スライスして冷凍便で
宅配してくれます。
よかったらお教えしますよ!HPあるのでPC発注できます。

投稿: マリア | 2009年12月13日 (日) 23:00

外国産用のワンコのごはんということは個人?輸入ということですか??
うらやましい~~
英語のできない私はせいぜい国内の卸問屋さんのお肉を通販です
牛のグリーントライプがいいとかってボダイくんページに書いてあったので
ユウェルにもあげたかったのですが、国内では手に入りそうにもありませんでしたcrying

投稿: 七栗堂 | 2009年12月13日 (日) 21:01

>コロmamaありがと
昆布だしとは贅沢な!ワンコご飯も鍋の季節でしょうかね~
マリアが食べたがるので内緒にしておきます

>ブルボンmamaありがと
ペットショップなどで扱っている生肉は、小型犬ならいざ知らず
とてもESには不経済です。
毎日そんな肉がが食べられるのなら飼い主が犬になりたい気持ちです

>ミモザmamaありがと
我が家は色々と+の要素があるので今のところ手作りです
今日はおやつも一緒に作りました

投稿: マリア | 2009年12月13日 (日) 12:28

不精な我が家もドライフードにはお世話になりっぱなし・・・
いろいろトッピングでしのいでいます。
クリスマスには、少し奮発してあげようかしら?

投稿: ミモザ | 2009年12月13日 (日) 07:41

人間用のドライフード、いいですねriceball
毎日献立を考えなくてすむものhappy01
でもますますボケが進んじゃうかも~~pig

田舎では犬のお肉屋さんなんてものないから、我が家では冷凍のパラパラ馬肉ミンチを時々利用してます。

投稿: ブルボン | 2009年12月12日 (土) 21:51

サラが来たばかりの頃、ドライフードの入ったフードボウルを、見るのも嫌という感じで鼻で押しやって、部屋の隅に隠したりしていました。
今のサラでは考えられませ~ん。

今は、国産作りたてドライフード+肉・魚・野菜+発酵屋野菜ペーストが基本かな。
最近は、昆布出汁ササミ白菜煮がマイブームです。

投稿: コロママ | 2009年12月12日 (土) 21:12

>ホーリーmamaありがと
ドイツ、ソーセージと聞いただけで全てが美味しそう!
ハムソーセージ大好き人間としてはドイツの犬になりたいぐらいです

>Kylano3ママありがと
ちょっとしたホラー映画みたいですね!
豚の頭というと、沖縄や中国のイメージですが英国もですか!
やっぱり肉食の文化なのだ!

投稿: マリア | 2009年12月12日 (土) 20:43

イギリスでは、お肉屋さんがイヌ用を取っておいてくれます。

イギリスに住み始めて間なし、義理の両親宅で宿泊。
朝キッチンのシンクに豚の頭が浮いている(水の中で血抜きをしていた)を発見!もう少しで悲鳴をあげそうになりました。coldsweats02
その頃飼っていたワン用のご飯でした。

うちもドライばっかりでラクでいいです。

投稿: kylano3 | 2009年12月12日 (土) 15:49

我が家は基本、ドライフード。
それに茹で野菜に、生の馬肉か、時々煮干など魚系をトッピング。
何でも、あっという間に食べてしまうので、味の選り好みがなく、
助かります。
ドイツのソーセージは、とっても美味しいgood
ワンズのも、さぞ美味しいんだろうな~delicious

投稿: ホーリーママ | 2009年12月12日 (土) 07:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上から目線 | トップページ | お留守番 »