« 休日モードは体力勝負 | トップページ | ルール改正 »

2010年1月26日 (火)

もしもワタシが・・・

2010_01100033

↑ 飛び込んだら助けてくれますか?
  

もしもワタシが多摩川へ遊びに行って、

もしも鉄砲水が襲ってきて、

もしもワタシが中州に取り残されて

もしも流されそうになったら、誰か助けに来てくれるだろうか???

先週の金曜日、大雨で水かさの増した米国ロサンゼルスの川から、一匹のシェパード犬が
救出されました。

ロサンゼルス近郊の街ヴァーノンで、橋の下で身動きが取れなくなっているシェパード犬が
見つかりました。

通報をうけたロサンゼルス消防署はただちに50人の消防士と救難ヘリを現場に急行させ、
救助作戦を開始しました。

救難ヘリからロープを伝って降下した救助隊のジョー・セントジョージ隊員(50歳)が
犬を抱きかかえ、彼はそのままヘリに引き揚げられました。

作業開始から救助完了までは1時間ほど。

その際、セントジョージ隊員は助けた犬に手をひどく噛まれ、親指のツメがはがれ、
骨折するケガを負ってしまったそうです。

しかし、彼は犬には悪い感情を持ってはいないと言います。

「犬と良好な信頼関係を築くだけの時間がありませんでしたからね。犬はびしょ濡れで
寒さに震え、おびえていたんです。

そこに知らない人が飛び降りてきたんですから、仕方ないことなんですよ」と、彼は手当を
受けた病院から出た後、リポーターに話しました。

この救助作戦には多くの賞賛の声が上がりましたが、同時に多くの消防士を出したという
批判も少なからず出たそうです。

これに対し、ロサンゼルス消防署の署長は、付近に配置されていた当直の隊員が
出動したものであり、救助のためだけに特別なコストは全くかかっていないと言いました。

なお、救助された犬には鑑札やIDチップなどはついていなかったそうで、
現在警察が飼い主を捜しています。

詳しくはこちら  → memo


それにしても、アメリカはやることが派手過ぎってカンジ

  


■ となりの食卓
 ・ ロールキャベツトマトソース煮
 ・ アサリの酒蒸し
 ・ グリーンサラダ
 ・ バジルのパスタ
 ・ ミカン  おこぼれあり

|

« 休日モードは体力勝負 | トップページ | ルール改正 »

コメント

>ミモザmamaありがと
いくら任務とはいえ、見ず知らずのGシェパードに
手を出すのは勇気がいりますね。
犬のコトをを知っていれば尚更ですね。

投稿: マリア | 2010年1月27日 (水) 20:34

マリアちゃん、パパさんはきっと飛び込んで助けてくれますよ~
イザという時に、普段なら無理なことも出来るのは、不思議ですよね。
きっと何かスイッチがあるのでしょう。
それにしても、理解のある隊員さんでよかったです。

投稿: ミモザ | 2010年1月27日 (水) 18:52

>ホーリーmamaありがと
マリア嬢、水の中歩けるところは爆走します。
気が小さいので、世間の荒海は泳げません~

>コロmamaありがと
動物との関わり方が日本人の感覚とはちょっと違うのですね
この点日本はまだまだ後進国です

>みっちゃんmamaありがと
日本人の感覚では理解しがたい部分が多いです
博愛精神の表れですか?

>七栗堂mamaありがと
そういうときは「火事場の○○力」で泳げてしまうに違いありません!
一度おためしください。

投稿: マリア | 2010年1月27日 (水) 16:07

確かに派手と言われれば派手ですねcoldsweats01
でも愛犬家には心強いお話です

ちなみにユウェルが流されそうになったら
絶対飛び込むけど、泳げない私はユウェルより先に沈みそうですcoldsweats02

投稿: 七栗堂 | 2010年1月27日 (水) 11:57

動物愛好は分かるんですが、度が過ぎる事が多いです。
先週、雨の為にぬかるみから身動き出来なくなった牛の救出作業のニュースにも呆れて見てました。

投稿: みっちゃん | 2010年1月27日 (水) 10:56

救助してくれた隊員さんが、優しく且つ犬のことがよく分かった人でよかったですね。

アメリカは、危険にさらされた動物を救助することに全力を注いでくれるみたいですね。
大変な時代にはなってきたけれど、いざという時には博愛精神が発揮される感じ。
どこかの「友愛・友愛」と言っている方にも、もうちょっと動物愛護にも目を向けてもらいたいなぁ。

投稿: コロママ | 2010年1月27日 (水) 10:00

セントジョージ隊員って、本当に好い人ですね。
救助と、ワンちゃんの本質を理解していらっしゃる。

飼い主さんが現れないのが、とっても残念。
飼い主さんの安否が心配ですね。

ところで、マリアちゃんは泳げるのですか?

投稿: ホーリーママ | 2010年1月27日 (水) 07:17

>Kylano3ママありがと
なるほど!そういう見方がありますね!
しかし、犬好きな消防士さんで良かった~

投稿: マリア | 2010年1月27日 (水) 06:31

「平和」の象徴ではないですか?

発展途上国で、内乱が起こっているような国なら、決して「イヌ」のためにこんな救出活動しないですものね!

マリアちゃん、おとーさんが自分の命をかけて救出にあたりますよ!
私も子ども達のためなら、火事現場にも飛び込むだろうな!!

投稿: kylano3 | 2010年1月27日 (水) 00:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 休日モードは体力勝負 | トップページ | ルール改正 »