« 第六感 | トップページ | 犬はどこから来た その2 »

2010年2月11日 (木)

犬はどこから来た その1

2010_01170017

↑ ・・・どこから来たかと言うことより、このビスケットがどこへ行くかの方が大事なわけで
  

せっかくの休日も寒い曇天ではあまり活躍のしようがないってカンジ。

朝の散歩が終わった後は、旦那様は久しぶりに資料整理と言うことで、部屋ごもり、
ワタシもお供してソファーでごろ寝、まるでどちらの休日かわからないってワケ。


旦那様の資料の中に犬はどこから生まれてきたか?といったものがある
主に麻布大学獣医学部の資料を参考に集めたものを要約すると・・・・

犬の家畜化は、人間の暮らしが狩猟や木の実の採取などに頼っていた、最終氷河期の
終わりにかけて始まったと考えられている。

ドイツのオーバーカッセルにある旧石器時代後期の洞窟から家畜化された下顎骨が
最も古い犬の骨として発見されている(1万4千年前のもの)。

またイスラエルのヨルダンにあるアインマラハ(Ein Mallaha) 遺跡では、1万2千年前の
ものとされる重要な犬の骨が発掘されている。

これは老女とともに埋められた子犬のもので、家畜化の証拠となる核心的な発見である。

この後、9千年から7千年前の時代以降では世界各地で化石が発見されている。

現在の犬の祖先は、オオカミを家畜化したものという説が一般的になっているけど
家畜化するに当たって、オオカミ本来の能力をそぐような交配をしたと考えられる。

つまり、聴覚、視覚などにおいてその能力を減ずることで、外的刺激に対する素早く
高い反応性を抑制し、より扱いやすい幼獣のような性格と行動特性を作出したワケ

こうした変化はもちろん知覚・行動をコントロールする脳にも現れており、オオカミと比べて
イエイヌの脳重量は20%ほど軽い。

また頭蓋骨をみればその変化も著しく、脳の受け皿である頭蓋容量、さらには口の
大きさも小さくなっているらしい。

こうした変化は結果的に恐怖やストレスに対する反応性も低下させ、穏やかな性質を
もつ動物となったワケ

しかし、もちろんこの家畜化の初期(本来)の目的は傍にいるペット的なものだけではなく、
狩猟のパートナーや番犬といった役割を担うものであったことは間違いない。

この有史以前より続いている高い忠誠心を持った犬と我々人との共生関係は、
他の動物にはない唯一無二のものであり、まさに奇跡的な結果であると言えるそうだ。


続きはまた明日・・・・


■ となりの食卓
 ・ 特製チャンポン
 ・ フレッシュサラダ
 ・ しらす御飯
 ・ イチゴ   おこぼれあり  

|

« 第六感 | トップページ | 犬はどこから来た その2 »

コメント

>飛ばない豚papaありがと
狼を手なずけたネアンデルタール人、万歳!

>みっちゃんmamaありがと
除隊した人間もかなり精神的にダメージを受けているようですね
戦争は百害あって一利なしです。

>七栗堂mamaありがと
マリアのように食い意地の張ったオオカミがいたのでしょう。
ごちそうの誘惑には勝てなかったのかな~

>Kylano3ママありがと
それが人間がほ乳類の頂点に立った理由の一つなのです

投稿: マリア | 2010年2月12日 (金) 17:37

先日の「新しい犬種」を作るための交配はwobblyって思いましたが、「オオカミを家畜化するために」には、happy01
それでこんな愛情イッパイの犬達が出来たんですから。

結局、人間の判断なんて、自分に都合がよければいいんでしょうか。。。。。。なんか複雑な気分なのですが。

投稿: kylano3 | 2010年2月12日 (金) 15:59

きっと人間の元に寄ってくる愛嬌?のいい狼を繁殖させていっただけだろうに
ちゃんと科学的に証明されていくのですね

っていうかマリアちゃんよだれが…
ぷっくり泡ができちゃってますよsign03coldsweats02

投稿: 七栗堂 | 2010年2月12日 (金) 10:08

マリアちゃん、お預け喰らってる。。。(;д;)

わ〜 犬の歴史って古いんやね。
昔からいろんな役割を果たしてくれてるやね。
こっちで最近やってた犬のドキュメンタリーでは、イラクに派遣されてる犬はかなりのストレスで帰国後(脱隊後)の行き場が難しいらしい。人間の身勝手に振り回されて可哀想に。

投稿: みっちゃん | 2010年2月12日 (金) 01:05

イヌ万歳!!!!!

投稿: 飛ばない豚 | 2010年2月11日 (木) 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第六感 | トップページ | 犬はどこから来た その2 »