« 愛犬がいとおしくなる話 | トップページ | ワタシは穏健派 »

2010年2月 5日 (金)

友愛社会

2010_01170018

↑ 仲良くやっていきましょうよ

  

お友達のルーシーchan(Yラブ)が虹の橋を渡った。
まだ10歳になる前、急な病気だったそうだ。

パパさんっ子で、ラブ特有の快活さよりもいつもパパさんの傍を離れない
温和しくて利発なお友達だった。

ワタシにもルーシーchanのオヤツを分けてくれたパパさんももう公園には来なくなるかな~


犬が仲間の犬だけでなく、人間の飼い主や家族に見せる強い愛情

飼い主と散歩に出るのを喜び、飼い主と引き離される事を悲しみ、飼い主の敵を攻撃し、
飼い主に危険を知らせて吠える

そんな愛犬の行動の元になっている友愛感情は、どこから生まれてきたのか?


何年か前、ES友達がジブリの公園に集まった時、旦那様が飲み物を買いに一人で
外に出たことがあった。

ワタシは、犬友達との遊びを止め、旦那様が出て行った出口の方を見つめ、帰って
くるまで、ワンワン吠えて待っていた事がある。

なかなかの忠犬ぶりに見えるけど、これは「行動中に群れのメンバーがはぐれることを
嫌う狼の性質」に起源を持つ行動だという説を旦那様は信じているらしい。

犬が人間にみせる忠誠心や愛着の感情も、子狼が親狼に持つ感情と相同であるという
学説もあるそうだ。

「一匹オオカミ」という言葉があるように、常は狼は基本的に群れで行動する動物なワケ。

一族で生活し、一族で狩りする。

狩りを成功させるためには、獲物の選択、追跡、襲撃、分配と言う狩猟の全行程で、
統率の取れた行動が必要になり、これをコントロール出来るしっかりしたリーダーに
他の仲間は信頼を置き忠誠を誓う。

狼は成獣になるまで、生後2年間もかかり、狩りに参加するには、さらに群れの中で経験を
積まなくてはならないそうだ。

だから、狼にとって群れの仲間が死ぬ事は、避けなくてはならない重大な損失なのです。

もちろん、狩りだけでなく、怪我や病気、人間による迫害によっても、狼の仲間は減って
行きます。

そんな中で狼の群れは、メンバーが一定以下に減らないように、群れの全員が安全に
狩りを出来る条件を優先し、お互いを守り、世話をし合うようになったのだと考えられている。

この行動が家畜化にともない、さらに進化したものが、犬が人間に見せる友愛行動だと
旦那様は学んだそうだ

犬たちが飼い主と家族に見せる強い愛情、犬たちの行動は、狼が群れのメンバーを
大切して、お互いに守り合い、社会性動物となった狼の根源的な感情に根ざす行動だと
おもわれるワケ

明日は週末、今夜はお酒を飲みながら、少しかけた満月に向かって旦那様と吠えて
みようと思う。

ワオォォォ~ン


  
■ となりの食卓
 ・ チャーシュー炒飯
 ・ レタスサラダ
 ・ ホウレン草のお浸し
 ・ フランクフルトソーセージのボイル
 ・ みそ汁
 ・ イチゴ   おこぼれあり
 

|

« 愛犬がいとおしくなる話 | トップページ | ワタシは穏健派 »

コメント

>七栗堂mamaありがと
猫もなかなか情の深いところがあるのですね!
わりと最近、散歩の途中でネズミをくわえた猫を
見つけました!
今時珍しいと後を追いかけてしまいました

投稿: マリア | 2010年2月 7日 (日) 20:32

ルーシーちゃんのご冥福をお祈りしますshine

話は変わりますが、ネコの話
鳥や小動物の狩りをするニャンコはよく飼い主に獲ったものを見せるといいますが
実は狩りをしない人間に「仕方ない、アタシが獲ったものを分けてあげるわよ。いいこうやって獲るのよ」と
分け与えに来るという説もあるそうです
前のニャンコは狩りをしていたので、鳩から雀からよく見せに来てくれました…
面倒をかけていたようですcoldsweats02

投稿: 七栗堂 | 2010年2月 6日 (土) 21:12

>ホーリーmamaありがと
ハイ!paper一人で吠えていました。
奥方様はポニョの映画のさわりを見て、
一晩中noteポ~ニョポニョと口ずさんでいました!

>コロmamaありがと
そう、時間の長さではないのです。中身なのですね~

サラchanは大物なので少しぐらいのことでは動揺しないのでしょう

投稿: マリア | 2010年2月 6日 (土) 19:52

10歳を待たずして虹の橋を渡ってしまうのはせつないですね。
でも長さの問題ではないから、きっと幸せな一生だったことでしょう。

私が離れてもへ~きで待っていられるサラは、全く狼の性質を忘れちゃった都会っ子?
遠吠えなんて、聞いたこともないし。

投稿: コロママ | 2010年2月 6日 (土) 14:45

毎日のように会っていた、ワン友がいなくなるのも、本当に辛いです。
マリアちゃんも、どうして会えなくなったか不思議でしょうね。

狼のリーダーは時間を掛けて、経験を積んでやっとなれるのですね。
色々な行動に、深い意味があり、フムフムとうなずく事、いっぱいあります。

でも、月に遠吠えしたのは、きっとパパさんだけだと思う。

投稿: ホーリーママ | 2010年2月 6日 (土) 08:19

>ミモザmamaありがと
ラブは意外と若くして・・・というのが多い気がします
サラchanは、あと10年は遊びたいといっていますよ!

>Kylano3ママありがと
昨夜は「柚子焼酎」なるもので乾杯しました!
暖まりすぎて寝付きが悪かった~

>みっちゃんmamaありがと
狼社会と人間社会は煮ているところが多いそうです
集団だと強いけど、一人だと臆病とか・・・

投稿: マリア | 2010年2月 6日 (土) 06:37

ルーシーちゃんとはしばしの別れ、そして新しい出会いも在るしね。

オオカミの習性や愛情を見習って欲しい人間が多くて困りますね。

投稿: みっちゃん | 2010年2月 6日 (土) 05:01

お友だちが10歳で虹の橋を。。。。。
悲しいですね。

でも、きっと「ア~~ッ、シアワセな犬生でした!」って思いながら橋を渡ったことでしょう。

>今夜はお酒を飲みながら、少しかけた満月に向かって旦那様と吠えてみようと思う。
ぜひ、お仲間入りさせて頂きたい!!!


投稿: kylano3 | 2010年2月 6日 (土) 00:24

ルーシーちゃんの御冥福をお祈りいたします。
限りある時間しか一緒に過ごせないのですから、共に生きる時間を大切にしなければと思います。
元気なサラですが、まだまだ頑張ってもらわないとね。

投稿: ミモザ | 2010年2月 5日 (金) 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛犬がいとおしくなる話 | トップページ | ワタシは穏健派 »